2009/1/27

「にほんの里100選」に祝島が  その他のニュース

少し前のニュースですが、「にほんの里100選」に祝島が選ばれました。

朝日新聞社と森林文化協会は人々の暮らしによって育まれたすこやかで美しい里を選ぶ「にほんの里100選」を6日発表した。08年1月から公募。4474件の応募があり、候補地は2千以上になった。その候補地の中から「景観」「生物多様性」「人の営み」を基準に現地調査し、山田洋次監督を委員長とする選定委員会の論議を経て100カ所を選んだ。(2009.1.6 朝日新聞より)

原発が建設されれば、「景観」も、「生物多様性」も「人の営み」も全て、損なわれてしまいます。
建設予定地の真向かいにある祝島の人のほとんどが、原発建設に反対しているのに、どんどん工事や手続きが進められているのが、現状です。

本紙のトップページには、山戸くんの笑顔とびわ畑の写真が載っています。
(今度つどいの家に置いておくので、見て下さい)

埋め立てと開発許可を出した仁井山口県知事を始め、中国電力の社長、中国電力の社会的責任部署(CRS)の人々、建てようとしている全ての人々に、祝島を訪ね、「自分たちがどんなことをしようとしているか」に、改めて直面して欲しいです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ