2007/8/29

オオミズアオ  

クリックすると元のサイズで表示します
つどいの家の網戸に,夜の間にやってきました。次の日の朝も、鳥にもやられずに、いてくれました。
0

2007/8/22

スナメリTシャツ  

今,周防灘方面で最も売れてるTシャツがこれ.
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
(クマノコガイ撮影)
0

2007/8/20

ミドリシャミセンガイを確認  

7月30日の調査で,長島近海(上関原発の取水口予定地付近)でミドリシャミセンガイの生体1個体が採集されました.ミドリシャミセンガイの瀬戸内海での産出はかなり稀で,特に産出個体数が少ない傾向にあります.例えば,愛媛県レッドデータブックでは絶滅危惧I類に選定されており,「東予・中予地方で現在生息が確認できていない」とされています.
クリックすると元のサイズで表示します
標本データは以下の通りで,大阪市立自然史博物館に所蔵されています.
ミドリシャミセンガイ Lingula anatina
採集日:2007年7月30日
採集場所:山口県熊毛郡上関町田ノ浦 半島北側 水深12.4-20m
環境省MC:5032-5053
採集者:大阪湾海岸生物研究会・山口貝類研究談話会
登録番号:OMNH-Iv5022
0

2007/8/20

キビタキ王子  

長島の「人々のつどいの家」の前に立っている原発反対の桃太郎旗の棒に飛来したキビタキ王子。(夏鳥)
文:スズメノカタビラ
クリックすると元のサイズで表示します
撮影:ヒナノヒオウギ
0

2007/8/20

メジロ  

長島の小鳥です。つどいの家の前に生えているヨウシュヤマゴボウをついばみに来たメジロ。
このヨウシュヤマゴボウももともとここに生えていたのではなく、小鳥が種を落としたものが、日当たりの良いこの場所にたまたま根付いたものでしょう。祝島の島民の会によって建てられたログハウス「人々つどいの家」にいるだけで、さまざまな野鳥に出会うことができます。(文:スズメノカタビラ)
クリックすると元のサイズで表示します
撮影:ヒナノヒオウギ
0

2007/8/18

「海の生き物を守る会」が発足  

向井宏博士(北海道大学名誉教授)が,「海の生き物を守る会:Association for Protection of Marine Communities (AMCo)」を創立しました.「北大厚岸臨海実験所を今年3月で退職した向井宏です。退職後、海の生物やその環境を守る運動をしたいといろいろ考えておりましたが、7月1日から「海の生き物を守る会」を立ち上げました」とのことです.
とても素晴らしいメルマガ「うみひるも」も創刊されました.日本各地の海岸生態系の情報も多く載せられており,この「スナメリ通信」も紹介されていました.ありがとうございます.
向井先生は上関の生態系保全にも大きく貢献されており,私たちもAMCoの活動を支援したいと思います.(山下)
**(以下,「うみひるも」から転載)**
「海の生き物を守る会」
設立趣旨: 沿岸の生態系と生物群集の保全・持続的利用のために、これら生態系の調査、研究、情報の収集・配布、啓蒙、資料収集、観察会、調査会、エコツアー、出版、講演会、研修会およびシンポジウムの開催などの活動を行う。
入会希望の方は、事務局 hiromuk@mtf.biglobe.ne.jp (向井宏)まで、氏名、住所、メールアドレスなどをお知らせください。会費(個人会員:年2000円)は連絡を取った後に、お送りください。また、事務局を手伝っていただける人を探しています。
0

2007/8/18

納涼!スナメリ特集(6) すなめり情報  

http://www.seto.or.jp/setokyo/index.html
社団法人 瀬戸内海環境保全協会のHP.スナメリの発見情報など.

http://www.tees.ne.jp/~sunameri/
三河湾のスナメリ・ウオッチング,保全を行っている「スナメリくらぶ」のHP.

http://www.pref.nagasaki.jp/sizen/4sunameri/index.html
「大村湾のスナメリと希少な生物」.このHPは,めちゃくちゃおもしろい.大村湾が冬場に凍るという話にびっくりした.

0

2007/8/17

納涼!スナメリ特集(5) 水産資源保護法  

以下のように,スナメリの取り扱いについては,水産資源保護法において細則が決められ,特別な注意が促されている.
上関周辺には,瀬戸内海最大(国内最大?)と考えられるスナメリの個体群が存在する.水産資源保護法に照らせば,水産庁にはこの個体群を保全する当然の義務があると言えるだろう.
世界最大のシロナガスクジラと,最小のスナメリを同列の保全対象としている水産資源保護法は素晴らしい! スナメリはシロナガスクジラと同じくらい貴重な存在なのだ!!(山下)

水産資源保護法に関わる鯨類の取り扱い
http://www.e-kujira.or.jp/zasyou/zasyou8.html 

座礁・混獲鯨類は,原則としてこれまでに述べてきた方法によって対処するが,シロナガスクジラ,ホッキョククジラ,スナメリの3種については,水産資源保護法施行規則(昭和27年農林省令第四十四号)第一条により,試験研究,その他の特別の事由により農林水産大臣が許可した場合を除いて,採捕してはならないことになっている。
 これらの保護動物を意図せずに捕獲(混獲)した場合(座礁・漂流している動物を発見した場合を含む)には,生きているものは生きたまま速やかに海に戻すほか,死んでいるものは埋設または焼却等の適切な処理をする。そして,水産庁から指示された方法・書式により,捕獲された日から数えて10日以内に関係都道府県知事を経由して,意図しない捕獲及び捕獲されたものの処分についての事実を農林水産大臣に報告する。
 捕獲または座礁・漂流しているものを発見し,その旨適切に農林水産大臣に報告した場合であっても,当該個体(派生物を含む)の所持または譲渡は禁止されている(試験研究の目的で,農林水産大臣の許可を得た場合を除く)。
 上記については,とくに「スナメリ」がその対象となる可能性が高いので,取り扱いにはとくに注意が必要である。
0

2007/8/17

納涼!スナメリ特集(4) 絶賛発売中!   

スナメリグッズ売って活動資金に
2007年08月16日 朝日新聞,山口
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000708160002

中国電力が原子力発電所建設計画を進める上関町長島の自然環境調査を続けている住民団体「長島の自然を守る会」は、スナメリをデザインしたTシャツと買い物袋(エコバッグ)を作った。
スナメリはクジラの仲間。会によると長島の周辺の瀬戸内海でも観察される。
デザインは会員の広島市南区の会社員が考案した。Tシャツは2千円、買い物袋は600円(送料別)。売り上げを会の活動に役立てる。問い合わせは高島美登里代表(090・9464・6353)へ。

0

2007/8/17

納涼!スナメリ特集(3) 田ノ浦すなめり  

クリックすると元のサイズで表示します
幸福と安らぎを知りたい者は,ここに来て,私たちを見るがよい(スズメノカタビラ撮影).
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ