2007/9/28

またやってます  

9月27日発売の週間モーニング「専務 島耕作」(弘兼憲史)で,またも弘兼センセイが,「原子力に代わる発電というのは はっきり言ってありません」「安価でクリーンで安定供給ができて」と原発を絶賛しています.今回は,黒部ダムを訪れ水力発電をこきおろしながらの原発絶賛です.
「もんじゅ」の場面も出てきて,何の説明もなしにいきなり「どうだ 高速増殖炉は次世代エネルギーの代表格だぞ」「その通りだ」という会話もあります.
弘兼センセは,東京電力の原発推進の提灯マンガも描かれていらっしゃるし,以前にも「島耕作」で原発や「もんじゅ」をよいしょされていて,今さら驚くには値しないのですが,まるで戦時中の教科書を読まされているみたいで,恥ずかしくて顔が赤くなります.
原発を推進する立場というのも,もちろん社会的にはありなのですが,原発に全くリスクがないかのように宣伝するのは,どうなんでしょうか.
「安価でクリーンで」と言うのは,嘘だしね.嘘ついちゃいけないって,教わったことがないのかね?
エネルギー問題が深刻なように,原発が環境や人体へ及ぼす影響の問題も,とても深刻です.深刻に研究・議論すべき問題を,社会的に影響力の大きい作家が,原発推進という立場から一方的に宣伝するのはどうなんだろうね.
出版元の講談社の良識を疑うし,市民団体は連携して抗議すべきだと思います.
http://ameblo.jp/rokkasho/archive1-200705.html

http://takagifund.blog2.fc2.com/blog-entry-133.html
は,5月24日の「島耕作」での「もんじゅ」礼賛を,検証している記事です.ここで引用されているマンガのセリフを読むと,ほんと恥ずかしくて顔が赤くなります.大衆を洗脳する道具としてのマンガの使い方を,さすが弘兼センセはよく心得ていらっしゃる.こういう人のおかげでマンガは「子供だまし」ってことになるんだなあ.
こういうのは,大衆メディアとしてのマンガの悪用であり,そのことだけでも許され難いと思います.(山下)
0

2007/9/19

上関町長選 8回連続一騎打ちへ 原発反対派から出馬表明  

選挙:上関町長選 8回連続一騎打ちへ 原発反対派から出馬表明 /山口

 任期満了に伴う上関町長選(25日告示、30日投開票)に、中国電力の上関原発建設計画に反対する祝島Uターン・Iターン者の会(12人、氏本長一代表)会員の農業、山戸孝氏(30)=同町祝島=が17日、立候補する意向を表明した。原発計画を推進する柏原重海町長(58)は6月議会で出馬を表明。町長選は8回連続で原発推進派と反対派の一騎打ちとなる公算が大きくなった。

 山戸氏は、反対派の中心となってきた元祝島漁協組合長の山戸貞夫町議(57)の長男。出馬理由について「農漁業施策が非常に薄い町政に不満と将来への不安を感じ、中電の寄付金などに頼って『お金がないと何もできない』という町の考え方にも疑問を感じていた」と説明。原発立地について「1次産業中心の町おこしとは相いれない」と反対の意思を示す一方、選挙戦について「原発の賛否だけを争点にせず、自分が目指す『一流の田舎』の将来像を町民に問いたい」と述べた。【内田久光】

〔山口東版〕 毎日新聞 2007年9月18日
0

2007/9/18

県民グループ、計画中止を上関町に申し入れ  

毎日新聞 2007年9月15日

上関原発建設計画:県民グループ、計画中止を上関町に申し入れ /山口

 上関原発建設計画に反対する県民グループ「原発いらん!山口ネットワーク」(武重登美子代表)は14日、上関町を訪れ柏原重海町長に原発計画の中止を求めた。中国電力や県に中止を求めてきたが、町には初めて。

 同ネットは、中電が町に提出した「原子力発電所立地に関する事前調査報告書」(85年)について「適地と判断するには不十分な調査」と見解を求めた。町長は「報告書は大学教授2人が審査し妥当との結論を得た」と返答。「原発は必要悪。高齢化、過疎化のスピードに歯止めを掛けるのには相当のお金が掛かる」と推進理由を説明した。

*ML:Wetland:吉川多佳子さん(諫早干潟緊急救済東京事務所・有明海漁民・市民ネットワーク)のピックアップした記事の転載です.

**「原発は必要悪」と町長が明言してます! すごい!
0

2007/9/18

上関町長選 説明会には現職のみ   

毎日新聞 2007年9月15日

選挙:上関町長選 説明会には現職のみ 原発反対派、擁立めど立たず /山口

 上関町長選(25日告示、30日投開票)の立候補予定者説明会が14日あり、柏原重海町長(58)の陣営のみが出席した。原発反対派が候補擁立を目指すが、立候補のめどは立っていない。
 同町長選は原発計画が浮上した1982年以降7回あり、計画の是非を争点に賛成、反対の両派が一騎打ちで争った。賛成派は得票率6割弱で推移し、柏原町長が初当選した前回も得票率59%で制した。
 最も反原発運動が激しい同町祝島出身の候補が2度続けて敗れ、今回、反対派は有権者の多い本土から候補を選ぶ方針で調整してきた。しかし、4月の県議選(熊毛郡区)で、反原発を掲げた現職候補が落選。同町の得票で原発推進の自民候補に2倍近い差をつけられた。町長選でも賛成派との差が詰められない懸念が出ている。反対派町議は「無投票にはしない。中国電力の寄付金を受け入れた町長に対し、我々の反発は高まっている」と話している。【近藤聡司】

*ML:Wetland:吉川多佳子さん(諫早干潟緊急救済東京事務所・有明海漁民・市民ネットワーク)のピックアップした記事の転載です.
0

2007/9/18

上関町長選/原発反対派 擁立急ぐ  

2007年09月15日 山口asahi.com

上関町長選/原発反対派 擁立急ぐ

町長選の立候補予定者説明会に出席したのは現職の陣営だけだった=上関町で

 中国電力が原子力発電所の建設計画を進める上関町で、町長選が25日告示される。82年に計画が表面化してから25年。その間に7回あった町長選はすべて原発推進派と反対派の一騎打ちで、いずれも推進派が制した。「第8ラウンド」となるはずの今回は14日、立候補予定者への説明会があったが、出席したのは再選を目指す現職の関係者だけ。反対派は立候補予定者の擁立を急いでいるものの、告示まで2週間を切っても決まらない異例の事態になっている。

◆推進派は現職が準備
 「いずれ出してくるだろう」。この日、町中央公民館であった説明会に出席した柏原重海町長(58)の陣営の男性は、選挙になるとみる。
 一方、反対派からはこんな声が漏れる。「これまでは告示の2カ月前には擁立できていた。候補者を出せないようでは町外の支援者にも申し開きができない」。
 反対派内部では、この1年間に10人ほどが立候補を打診されたが、いずれも固辞したという。その理由を「これまでの経緯をみると厳しい面があるからだ」と説明する人もいる。
 町長選では推進派6割、反対派4割程度の得票率がほぼ固定化。06年の町議選(定数14)では推進派は9人全員が当選したのに対し、反対派は1議席減らして5人となった。今年4月の県議選熊毛郡区でも、原発建設の中止を訴えた現職が大敗している。
 20年前は約6400人だった町の人口は、今月1日現在で3800人まで減った。原発反対活動に携わる人々の高齢化も影響している。
 ただ、高齢化は町内全体の問題だ。町の人口のうち65歳以上の高齢者の割合は48・79%。柏原町長は「お年寄りが多く、このまま財政が苦しくなれば住民サービスにも影響する」と指摘し、原発の立地を前提にした町政を進めてきた。町長選については「相手がいてもいなくても懸命に戦うだけだ」と語る。
 反対派は一方で、新潟県中越沖地震で原発の耐震性が疑問視されたり、各電力会社でデータ改ざんなどが発覚したりした状況を「追い風」ととらえている。「原発をめぐる状況が変わってきた。上関で出せないようでは駄目だ」。対象を数人に絞って説得を続け、擁立を急いでいる。
 町を二分する戦いが続けられてきた町長選について、町内の自営業の男性(59)は「人口が減り、町は廃れていいことはなかった」と冷ややかだ。原発推進派だという漁業の女性(73)は「争いは、罪をつくる」と言葉少なだった。

◆住民団体が町に原発中止を要望
 上関原発計画をめぐり、県内の住民らでつくる「原発いらん!山口ネットワーク」(武重登美子代表)は14日、上関町役場で柏原重海町長に対し、計画中止を中国電力に働きかけるよう申し入れた。7月に起きた新潟県中越沖地震で原発の耐震性の問題が浮き彫りになったのを受けた行動だが、柏原町長は「町長選もあるので見解は差し控えたい」と話した。
 申し入れでは、原発建設予定地の地盤や地層の状況や、原発の温排水による海の環境への影響などの問題を指摘。3億円の受け入れが明らかになった中国電力の寄付金や原発立地交付金に依存した町づくりを批判した。柏原町長はこうした点については「過疎化のスピードに歯止めをかけるには相当な金が要る」などと反論した。

*ML:Wetland:吉川多佳子さん(諫早干潟緊急救済東京事務所・有明海漁民・市民ネットワーク)のピックアップした記事の転載です.
0

2007/9/18

上関町:中電寄付金受け入れ 温泉施設財源などに3億円  

毎日新聞 2007年9月14日

上関町:中電寄付金受け入れ 温泉施設財源などに3億円 /山口

 上関町は中国電力からの寄付金3億円を一般財源に組み入れた一般会計補正予算案を町議会に提案した。柏原重海町長は7月、上関原発建設計画への協力金36億円を中電に要請すると表明しており一部が予算化された。

 柏原町長は11日の議会の行政報告で「過疎高齢化が深刻化した現状で時を失すれば手遅れになると考え寄付金を受け入れた」と説明した。地方債など借入金の償還費に充てるほか、それを財源にした温泉施設建設計画を明らかにした。
【近藤聡司】

*ML:Wetland:吉川多佳子さん(諫早干潟緊急救済東京事務所・有明海漁民・市民ネットワーク)のピックアップした記事の転載です.
0

2007/9/18

神社地訴訟 裁判官の忌避を最高裁も認めず   

毎日新聞 2007年9月13日

上関原発建設計画:神社地訴訟 裁判官の忌避を最高裁も認めず /山口

 上関原発建設計画を巡る係争地の一つ、四代(しだい)八幡宮の神社地訴訟で、最高裁は原発反対派の原告側が申し立てた担当裁判官の交代を求める忌避の特別抗告を棄却した。最高裁の決定は10日付。決定を受け、山口地裁岩国支部は弁論を再開するか、再開せずに判決日を指定するかを判断する。
同訴訟は中国電力が原発建設用地取得のために八幡宮と結んだ神社所有地の売買契約は無効として、氏子3人が所有権移転登記の抹消などを求めたもの。山口地裁岩国支部で3月に判決が予定されていたが、原告側が担当裁判官3人の交代を求める忌避を申し立てた。

*ML:Wetland:吉川多佳子さん(諫早干潟緊急救済東京事務所・有明海漁民・市民ネットワーク)のピックアップした記事の転載です.
0

2007/9/9

ウリクラゲ  

クラゲと名前がついていますが、海水浴でよく見られるミズクラゲなどとは、全然違う仲間です。
(スズメノカタビラ)
クリックすると元のサイズで表示します
撮影:ヒナノヒオウギ

*パソコンメンテナンスのため,15日まで更新をお休みします.
0

2007/9/9

ナベカ  

ナベカ(スズキ目イソギンポ科)
オオヘビガイの殻や岩の穴などに住んでいます。
田ノ浦の礫の間でみつけました。
(スズメノカタビラ)
クリックすると元のサイズで表示します
撮影ヒナノヒオウギ
0

2007/9/6

キジバト4兄弟?  

あまりめずらしくないキジバトがこのように連れ添っている光景はめずらしいんだそうです。
つどいの家から撮影しました。
(スズメノカタビラ)
クリックすると元のサイズで表示します
撮影:ヒナノヒオウギ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ