2008/2/29

公開セミナーの感想  

先日は、公開セミナーに参加して、感じたり学ぶことがとても多くありました。
すばらしい機会を下さり、大変感謝しています。
おいしい空気に野草や海藻、地元の新鮮なお魚を、美しい景色なの中でいただくことができ、とても幸せでした。
また、島民の方々や、長島の自然を守る会の方々など様々な人々から、地に足をつけて生きる意味を教えていただきました。
ぜひ、この豊かさにまた会いに行きたいと思っています。
ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

文・写真:スギ
0

2008/2/29

2月10日の長島レポート  

2月10日朝遅く、鳥の調査に出かけました。
デジスコをセットしていると、か細い声が聞こえてきました。
「常連さんとは違うぞ」と双眼鏡を構えると、ノイバラの実がまだ残っている藪の中に、 ウソのメスが2羽、片時もじっとしていないので、撮影に苦労しました(またピンボケ写真でごめんなさい)。
クリックすると元のサイズで表示します

そこへヒナノヒオウギさんがやって来て、「“スナメリの入り江”に行ってみよう」ということになりました。
(おととしの早春、スナメリの狩りや遊泳が陸から見られるチャンスに遭遇し、
それ以来その場所は、“スナメリの入り江”と命名され、長島のチェックポイントの一つとなっています)
予感的中! ヒナノヒオウギさんがビデオを構えると、そこにスナメリが。
デジスコ係の私は、機動力のない(私のテクが未熟なんですが)デジスコでの撮影より、 双眼鏡やスコープで確認する方を選んだため、証拠写真を撮れていません(トホホ・・・)。
スナメリの親子が2組現われました。大人のスナメリに寄り添う子供スナメリ。
まだ子供が小さいので、狩りをするなら浅い所の方がいいのでしょう。
長島ならこの時期、沿岸に魚が集まっています(どこの沿岸でも魚が多いわけではないようです)
ウミアイサやオオハムもそばで狩りをしていました。
ウミアイサとオオハムの写真は、スナメリが去った後でゆっくり撮ったものです。
オオハムは海中を覗いて魚の様子を探っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(文・写真ともシマリン)
0

2008/2/19

長島へ行った感想〜〜〜〜〜〜〜  

これまで上関原発のことで、長島の自然を守る会のシンポジウムに参加したり、いろいろと調べたりしましたが、現地に行ったことはありませんでした。柳井から車で地図を見ながら向かったのですが、長島大橋をわたって少し行くと、高いところから海が見渡せる道路に出ました。そこから自然海岸と穏やかな海が広がっているのを見て、「瀬戸内海の原風景」と呼ばれているのもうなづけました。

つどいの家までは、前日に電話連絡で半島が細くなっているところを右に曲がり、車で3キロ。駐車場所から徒歩300メートルという情報と、明らかにその周辺の道路情報のない地図を頼りに突き進みました。
一度間違えましたが、何とかつどいの家へたどり着き、学習会に参加することができました。

つどいの家にも驚きましたが、原発計画地の風景にも驚きました。
やはり百聞は一見にしかず!!つどいの家で一泊して次の日に現地を船で案内していただきましたが、海の生き物や素もぐりが趣味の僕にはわくわくの連続でした。
今後も通わせていただいて、長島の魅力を自分の手で発掘していきたいと思います。
また、僕は広島県のハチの干潟を守る活動をしていますが、同じ瀬戸内海の自然を受け継いで行きたいという立場からもなんとしても、長島の自然環境を手付かずのまま残してほしいと強く感じました。

瀬戸内海には原発をなんとしても来てほしくないと思いますし、瀬戸内海でラムサール条約登録を目指すという、同じ目標がありますから、今後も協力し合って手付かずの自然を受け継いでいく活動ができたらと思っています。
今後もよろしくお願いします。

ハチの干潟調査隊 代表
岡田 和樹 (okada kazuki)

クリックすると元のサイズで表示します
原発調査台船の後ろには、祝島の人々の生活圏が広がる

クリックすると元のサイズで表示します
自然海岸の海に人工物の台船が居座る

クリックすると元のサイズで表示します
海水の透明度が高く、潜るのが楽しみ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この貴重な原風景をなんとか残してほしい
0

2008/2/15

長島の蛾 その3 ホタルガ  

長島の森を歩いているとよく見かけます。
よく見ると、きれいです。
クリックすると元のサイズで表示します
(撮影・文:ヒナノヒオウギ)
0

2008/2/15

長島の蛾 その2  

イヌビワの葉っぱにとまったところを撮影しました。
これも調べきれていません。もしかしたら、チョウチョかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
(文・撮影:ヒナノヒオウギ)
0

2008/2/15

長島の蛾 その1 目玉  

15cmぐらいあったでしょうか。つどいの家の網戸はまるで蛾の見本市のように集まりますが、この蛾はその中でも最も大きいものに入ります。目玉のような模様が印象的ですが、よく見るとバックも細かい模様がパッチワークのようです。名前は調べて見ましたが、よくわかりません。ご存知の方ご一報ください。
(スズメノカタビラ)
クリックすると元のサイズで表示します
(撮影:ヒナノヒオウギ)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ