2008/6/4

イボタガの幼虫  

2008/2/15「長島の蛾 その1 目玉」で載せた蛾の名前がわかり,それにともなって,以前長島で撮影した幼虫がイボタガの幼虫だということがわかりました。若齢幼虫だそうです。

幼虫の食餌植物は、モクセイ科:イボタノキ、モクセイ、トネリコ、ネズミモチ、ヒイラギ(※KD)、マルバアオダモなどだそうです。
(http://www.jpmoth.org/Brahmaeidae/Brahmaea_japonica.htmlより)
この幼虫がついている木も,イボタノキでした。同じ時に偶然,木の花の写真も撮っていたので,同定できました。
幼虫は土に潜ってさなぎになるそうです。

幼虫は群馬大学社会情報学部の青木繁伸さんが運営しておられる「幼虫図鑑」で確認しました。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/index.html

いろいろな蛾や昆虫の幼虫の身元が分かる興味深い掲示板です。
ものすごーく興味深いのですが,毛虫・幼虫の苦手な私は,身体のあちこちをぼりぼりかきながら拝見しました。

クリックすると元のサイズで表示します

(文/写真 ヒナノヒオウギ)
0

2008/6/4

長島の写真展  

尾道のやまねこカフェで開催された長島の写真展のもようを竹原さんが送って下さいました。

会場には「中国電力宛のメッセージハガキ」がおいてありました。
これは、長島の自然の絵はがきに、写真展を見て下さった方の感想やメッセージを書いて、中国電力に市民の声として届けようという試みです。

また各テーブルの上に、写真展の感想を書いてもらうメモ帳を置いてもらっていました。
メモ帳には、感想が書かれているので、写真にとって送って下さいました。
若い方が多いのでしょうか、イラスト入りの楽しい感想がたくさんありますね。
多くの人にメッセージを寄せていただいて、ありがたく、励まされる気持ちです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ