2008/9/21

/28 「柏崎刈羽・科学者の会」一周年報告集会  

9/28 「柏崎刈羽・科学者の会」一周年報告集会にご参加下さい。


「柏崎刈羽・科学者の会」は、昨年7月の新潟県中越沖地震を受け、石橋克彦、井野博満、田中三彦、山口幸夫の4名が呼びかけ人となって設立されました。

高木基金としては、これまで助成してきた「原発老朽化問題研究会」や「地震と原発研究」の経緯もあることから、「柏崎刈羽・科学者の会」の活動に、設立当初から協力し、研究資金の助成を行ってきました。

下記の通り、「柏崎刈羽・科学者の会」設立から一周年の報告集会が開催されますので、ぜひ、みなさんもご参加下さい。

==========【転送・転載歓迎】===========

「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」一周年報告集会

 2007年 7月16日の中越沖地震で柏崎刈羽原発が被災するという未曾有の事態を受け、同年 8月21日に「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」が発足してから、早くも1年が過ぎました。
 この一周年報告集会では、運転再開をめざす東京電力の主張と、閉鎖を訴える私たちの主張との間の争点を明確にし、現地のみなさんをはじめ、この問題に関心をよせる多くの方々の理解を深めて頂き、東京電力の調査のあり方や、政府の審査の姿勢への問題提起としたいと考えています。

●日  時   2008年 9月28日(日) 13:00〜17:30

●プログラム

1.活動報告
 ・「柏崎刈羽・科学者の会」一年間の活動と今後の課題
        −−−−−−−−−−− 井野博満・菅波 完
 ・地元団体の取り組み/新潟県技術小委員会の傍聴経過
        −−−−−−−−−−− 矢部忠夫・山口幸夫

2.地震・地盤問題の争点 −−−−−−−−−−− 石橋克彦
     コメント −−−−−−−−− 武本和幸・長沢啓行

3.設備・機器問題の争点 −−−−−−−−−−− 田中三彦
     コメント −−−−−−−− 井野博満・黒田光太郎

4.今後の活動に向けて
 ・総合討論・アピール文採択

 (プログラムおよび発表者は変更になる場合があります)

●会 場  YMCAアジア青少年センター・国際ホール
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/hotel/hotelindex.htm

  JR水道橋駅から徒歩5分(東京都千代田区猿楽町2-5-5)
TEL 03-3233-0611

●参加費   800円

●問い合わせ 「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」

      〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
      TEL 070-5074-5985 Fax 03-3358-7064  
      E-mail  info@takagifund.org

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

事務局から:


 「柏崎刈羽・科学者の会」の正式名称は、「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」であり、「閉鎖」を明確にうたっています。しかし、科学的・技術的な観点から、今回の柏崎刈羽の問題に絞って活動するということを主眼としています。
 昨年8月の立ちあげ以来、多くの方から賛同や協力を頂いてきましたが、中には、原発容認の立場の方や、実際に原発関係の開発に関わってきた方が、趣旨に賛同し、専門的な意見を寄せて下さることもあります。その様なつながりは、これまであまりなかったことだと思いますし、これも、この一年間の活動の成果と言えることではないかと思っています。
 この問題については、政府の調査対策委員会が進められていますが、新潟県は、県の技術小委員会で、あえて、原発に批判的な立場の委員をメンバーに加えて、活発な議論を行っています。
 柏崎刈羽原発の地盤の問題、地震に対する安全性の問題は、決して新しい問題ではなく、従来から地元のみなさんなどが、地道な調査に基づき、問題提起をしてきた問題です。しかし、新潟県中越沖地震が発生し、「原発震災」が現実のものとなり、この問題をめぐる社会情勢は、明らかに変わってきました。
 もちろん推進側も必死であり、予断を許しませんが、この状況における「柏崎刈羽・科学者の会」の役割の大きさを実感しています。ぜひこの活動に、みなさんのご支援とご協力をお願いします。

                      事務局 菅波 完

    ------------------------------------------
    特定非営利活動法人 高木仁三郎市民科学基金

    〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
           E-mail info@takagifund.org
0

2008/9/21

巡回写真展 in 東京 第二弾  

東京における長島の自然写真展第二弾を以下のように開催しますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。

長島の自然を守る会
首都圏巡回写真展
希少生物の宝庫・長島の自然

2008年9月20日(土)〜22日(月)午後3時〜7時

場所・かけこみ亭
国立市富士見台1-7-12 S&Sビル地下
(JR南武線谷保駅より徒歩2分)
Tel:042-574-3602

写真展会期中・かけこみ亭のイベント
(イベント開催中も、写真は展示されています。)
9/20 19:00〜朴保(パク・ポー)らいぶ   チャージ \1500
9/21 19:00〜MacCoy Live Tour(from 九州・天草) \1000
9/22 19:00〜MIYO企画・9月うまれ大集合 Live Party
9/23 13:00〜「HIDDEN IN AMERICA」上映会&トーク \500
9/23 19:00〜国分寺エクスペリエンス+田崎さんLIVE\1000

連絡先:odorukamisama@iwaishima.jp (渡部)
0

2008/9/2

緊急署名のお願い  

長島の自然を守る会の高島美登里です。
緊急署名のお願いです。

さる6月17日に中国電力が上関原発予定地である田ノ浦の公有水面埋立免許願書を山口県に提出しました。
埋立許可願書には、国の天然記念物であるカンムリウミスズメの記載が抜け落ちており、対岸の祝島の住民の死活問題を全く無視しているという、根本的欠陥があります。

今後、山口県知事の判断にすべてがかかっていますが、9月の上関町議会に地元意見を諮問し、早い段階で判断をする可能性もあり、事態は急を要しています!!

ついては、大変緊急で申し訳ありませんが、下記趣旨をご理解いただき、全国・全世界への署名依頼にご協力をお願いいたします!!

尚、電子署名も受け付けます。
添付資料がご入用な方はお知らせください。
添付メールだと容量が重いので、宅ファイル便で送付します。
A4裏表4ページです。(A3で1枚分)
集約日;1次集約 9月26日、2次集約 10月15日 です。
署名趣旨は以下のとおりです。

★上関原発予定地「田ノ浦」は世界に誇る自然の宝庫です!
世界で一番小さなクジラのスナメリが子育てをし、人類の祖先といわれるナメクジウオや珍しい貝がたくさん棲んでいます。
★国の天然記念物のカンムリウミスズメが生息!
 繁殖の可能性もあります!!
★カンムリウミスズメの記載が一切ない?!
 「公有水面埋立免許願書」の根本的欠陥
 埋立免許願書はカンムリウミスズメの記載が一切ないなど
 根本的な欠陥を持っており「埋め立てありき」の企業姿勢が如実に顕れています。
★田ノ浦の埋め立ては、祝島の人々の生きる権利を奪ってしまいます!
 田ノ浦の埋立は海を隔てて4キロの対岸にある
 祝島の「命の海」を奪い、そこに暮らす人々の生きる権利も奪います。
★私たちは山口県知事に、中国電力の埋め立て免許願書を、許可しないことを強く求めます。

長島の自然を守る会
代表 高島美登里
midori.t@crocus.ocn.ne.jp
0

2008/9/2

東京すみだの写真展  

瀬戸内海 長島からのメッセージと題して行った東京墨田区での写真展を昨日無事終了しました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

 夏休み期間中に開催して、できれば子どもたちにも見てもらいたいと思い、準備期間が不足するのを承知で写真展を8月29・30日に設定したため、やはり宣伝不足はいなめず、2日間で来場者は100人ぐらいだったでしょうか。ただ、その分興味を持ってくださった方とはゆっくりお話しすることができて、それなりによかったかなと思います。それと、施設内外で遊んでいた子どもたちが、希望どおり(ほんとはもうちょっと来てもらいたかったけど)、うわ〜と見に来てくれたりして、それは喜ばしい情景でした。

 来場者の中には、前もって情報を得て来られた方のほか、場所柄、講座の受講者や、会場隅に設置してある血圧計などを利用に来た方々も、あれっという感じで立ち寄って、熱心に写真を見ていかれました。

 ふらりと見にこられた方はどなたも、長島ってどこにあるの?と聞かれます。そんなとき、中国地方全域が載った地図が大活躍。一目で瀬戸内海がいかに閉鎖的な場所かよくわかる地図なので、だれもが、こんな場所に原発を建てるなんて・・・と絶句します。「そんな話今まで聞いたことないよ。どうして知らせないんだ」という方もいて、「いや、なかなか東京まではニュースが流れてこないので、それを知ってもらいたくてこうして写真展を開いたんです」と話すと、そうか、と納得されて。

 ただ、署名となると尻込みされる方も多く、署名に応じていただけたのは2割ぐらい。それでも、初日ふらっとやって来られた方が、置いてあった資料を持ち帰ってじっくり読んで、なるほど、そんなところに原発なんか建てちゃいけないと思うから署名しに来たと2日目に来てくださったり、今回は署名には至らなかったけれども、これから自分なりに勉強して納得してから署名したいと言って資料を持ち帰られたりと、この写真展を、考えるきっかけにしてくださった方もいて、やってよかったなと嬉しくなりました。

 この後、7日には同じすみだ生涯学習センター(ユートリヤ)の3階視聴覚室でDVD上映とお話の会を開催しますので、皆様、どうぞご参加ください。また、東京方面にお知り合いの方がいらしたら、お声かけをお願いします。
 DVDは『瀬戸内の原風景 長島』のほか、7月13日祝島で開催されたシンポジウムのうち、カンムリウミスズメについての飯田先生のお話を上映する予定です。ただし、シンポジウムのDVDは家庭用機器を用いて斜めの位置から撮ったため、画面に多少ゆがみがありますので、その点あらかじめご了承願います。(ハルノウララ)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ