2009/10/31

反対運動 祝島の声、若者ら発信 /広島  マスコミ報道

山口・上関原発建設計画:反対運動 祝島の声、若者ら発信 /広島
 ◇写真展示や記録映画上映−−80店舗

 上関原発建設予定地(山口県上関町)の対岸約4キロに祝島という自然豊かな島があり、島民や支援者らが27年にわたって反対運動を続けている。この島には被爆者もおり、島民らは自然破壊や原発事故、放射性廃棄物の処理などに強い懸念を抱いている。こうした動きに呼応して広島市などでも今月中旬、飲食店や映画館など約80店舗が連携し、キャンペーンを始めた。海とともに生きる島民の暮らしを記録した写真展示や映画上映などを通し、「島民の思いを知って」と呼びかけている。【矢追健介】

 「NO NUKES RELAY(ノー・ニュークス・リレー)」。今月12日に始まった。

 「広島にとって、他人ごとじゃない」。呼びかけ人の1人、音楽喫茶ヲルガン座(中区)経営のミュージシャン、ゴトウイズミさんはドキュメンタリー映像に触発され、9月中旬、初めて現地を訪れた。「地元の人が嫌がることをしなくてもいいのに」と思った。加えて、建設予定地から約80キロしか離れていない被爆地広島での関心があまりにも低いことに気付いた。「まず現状を知ってもらうことが大切」。友人や知人に呼びかけ、広島発のキャンペーンを始めた。

 中区のライブハウス「OTIS!」では21日、20〜30代を中心に十数人が集まり、祝島出身の会社員、山戸明子さん(27)=中区=の話に耳を傾けた。「テレビに映る反対派の島の人は怖い運動家じゃない。私の家族や知り合いのおばちゃんたちです」。山戸さんはこう語り、「優しいおじいちゃんたちが何を守るために一生懸命になっているのか。想像してくれたらうれしい」と呼びかけた。

 参加した団体職員の小倉亜紗美さん(28)=東広島市=は「島の人を犠牲にしてまで原発が必要なんだろうかという疑問を持った」と話す。

 支援に名を連ねる西区の映画館「横川シネマ」支配人、溝口徹さん(38)は祝島に友人がいる。「島が壊されていくのを知らないふりはできない」と島民を取り上げたドキュメンタリー映画を上映した。

 キャンペーンに関する問い合わせはヲルガン座(082・295・1553)。

■ことば
 ◇上関原発

 出力137・3万キロワットの軽水炉2基を建設する計画。山口県は08年10月、1年以内の着工を条件に埋め立て免許を交付。地元漁師や支援者が漁船などで工事船を阻止していたが、中電は今月7日、反対派の抗議行動のすきを突き、海面埋め立てのためのブイを設置した。反対派からは「だまし討ち」との批判が上がっている。

毎日新聞 2009年10月31日 地方版

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091031ddlk34040730000c.html
0

2009/10/26

上関原発建設計画:反対集会、1200人が参加  マスコミ報道

上関原発建設計画:反対集会、1200人が参加 ブイ保管現場に会場変え /山口

 中国電力による上関町の原発建設に反対する「原発いらん!in上関集会」が25日、海の埋め立て工事に使う灯浮標(ブイ)が置かれた平生町田名埠頭(ふとう)であり、予定地対岸の同町祝島の漁民や県内外の市民団体メンバーら約1200人(主催者発表)が参加した。

 原子力の日(10月26日)を「反原子力デー」とし、原水爆禁止山口県民会議などが毎年この時期に開催。今年は9月から中電のブイ運び出しへの阻止行動が続く田名埠頭に急きょ会場を変え、全国に参加を呼びかけた。

 阻止行動を続ける主催団体の「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の山戸貞夫代表は、中電が別のブイを設置した7日の埋め立て着手について「ブイは正式に打たれたものではない」と強調。「上関の計画がつぶれるまで力の限り闘いたい」と支援を訴えた。

 2日に経済産業省に提出した約61万人分の計画中止を求める署名について国と県に「重みを受け止めるべきだ」とし「中電はいまだ『地元合意』がなされていない上関原発建設を中止すべきだ」とする宣言を採択した。【内田久光】

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091026ddlk35040170000c.html 毎日新聞山口版〕
10

2009/10/24

10/28環境副大臣面談と緊急集会のお知らせ  申し入れ

長島の自然を守る会の高島美登里です。

上関原発予定地の公有水面埋め立てをめぐって、中国電力が10月7日に姑息な手段で着工し、現地では大変緊迫した状況を迎えています。

そのような折、10月12〜13日に、近藤正道参議院議員の現地視察があり、私も地元受けいれの一人としてご案内しました。
近藤議員は長島の生物多様性に大変感動され、帰郷後、田島環境副大臣に直接話をしてくださり、面談の機会をもって下さることになりました。

また、当日夜、面談に参加された研究者をパネラーに、緊急集会が開催されます。
あわせてお知らせしますので、是非お越し下さるようよろしくお願いいたします。

<10/28面談スケジュール>

日時:10月28日(水)16:30〜
場所:環境省・田島副大臣室(合同庁舎5号館)
同席者:小林事務次官、白石総合環境政策局長、山本環境影響審査室長、馬場
面談者:近藤正道参議院議員
飯田知彦(上関のカンムリウミスズメ初確認者)
向井宏(日本ベントス学会)
野間直彦(日本生態学会上関アフターケア委員)
山下博由(貝類保全研究会)
高島美登里(長島の自然を守る会)
文部科学省に天然記念物保護(カンムリウミスズメetc.)について面談を設定中

<10/28集会 がんばれ祝島!守れ長島!>

〜カンムリウミスズメ、スナメリ、生物多様性の宝庫を守れ〜

日時;10月28日(水) 18:00〜21:00
場所;総評会館2階204会議室(JRお茶の水、東京メトロ新お茶の水下車)
資料代:¥1000
内容:
18:00〜埋め立て工事着工阻止の闘いのニュース映像等上映
18:30〜
パネリスト
向井宏さん(京都大学):日本ベントス学会
飯田知彦さん(九州大学大学院)
野間直彦さん(日本生態学会):上関アフターケア委員
高島美登里(長島の自然を守る会)

主 催:「がんばれ祝島!守れ長島!」集会実行委員会

連絡先:原子力資料情報室(担当:澤井・永井)
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL:03-3357-3800  FAX:03-3357-3801
13

2009/10/22

10・25原発いらん!in上関(田名埠頭)集会のお知らせ  行事案内(守る会主催)

長島の自然を守る会の高島美登里です。

下記の集会を埋め立て現地阻止行動の現場である田名埠頭で開催します。
私たちも祝島やたくさんの支援の方たちと共に、24時間体制の阻止行動を続けています。
この集会についても、長島の自然を守る会も主催団体に入っています。
是非、集会ヘのご参加をよろしくお願いいたします。

以下に詳細を記した祝島島民の会からの情報を貼り付けます。転載歓迎です。

毎年10/26前後は上関町内で反原発デーの集会を開いていますが、今年は阻止行動を続ける平生町の田名埠頭で開催します。

ご自由にご参加ください。
ただ駐車場は少ないので、乗り合わせ等でお越しいただけると助かります。

反原子力デー2009「原発いらん!in上関(田名埠頭)集会」

日時:10月25日(日)
   13時30分から15時30分ごろまで

場所:平生町の田名埠頭
   http://www.mapion.co.jp/m/33.9066355555556_132.059185555556_7/
   現場へ車で入る場合は、下記の地図の×印から入って来てください
   http://www.mapion.co.jp/m/33.9099994444444_132.059724444444_8/
   
主催:原発に反対する上関町民の会
   上関原発を建てさせない祝島島民の会
   原発いらん!山口ネットワーク
   原水爆禁止山口県民会議
   長島の自然を守る会

内容:広河隆一さん(フォトジャーナリスト、DAYSJAPAN編集長)の講演
   現地からの報告他

<お問い合わせ>
自治労山口
TEL 083-922-7592  FAX 083-934-1075

島民の会
FAX 0820-66-2110 iwaishima@gmail.com
2

2009/10/21

上関原発建設計画:下松の母親ら10人、中止申し入れ  

上関原発建設計画:下松の母親ら10人、中止申し入れ /山口

 中国電力が進める上関町長島での原発建設計画で、下松市などで子育て中の母親約10人が20日、「原発の危険性は広範囲に及ぶ」として、広島市の中電本社を訪れ、計画の中止を申し入れた。

 原発建設に反対している「未来につながる生命(いのち)を育てる会」(吉岡すみれ世話人)。「各地の原発で放射能漏れなどのトラブルが起きている。万が一の事故で被ばくした場合、幼い子どもや妊婦がもっとも敏感に被害を受ける。原発のない環境を望む」などとする申し入れ書を提出した。

〔毎日新聞 山口東版 2009.10.21〕http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091021ddlk35040460000c.html
3

2009/10/21

山口・上関原発建設計画:中電前で連日、抗議  マスコミ報道

山口・上関原発建設計画:中電前で連日、抗議−−地元地権者や市民の会 /広島

 山口県上関町に予定されている中国電力上関原発の建設に反対するグループが、中電本社(中区)前で20日、チラシを配り、抗議の声を上げた。9日から土日祝日を除いて連日行っており、地元地権者の木原省治さん(60)も19日、マイクを握った。

 反対行動を展開するのは▽原発はごめんだヒロシマ市民の会▽プルトニウム・アクション・ヒロシマ▽ボイス・オブ・ヒロシマ。

 上関原発の計画は27年前に始まった。木原さんは当初から反対運動を続けている。建設予定地の田ノ浦は「瀬戸内海の原風景であり、埋め立てると取り返しがつかない」「電力需要の状況を見ると、これからさらに電力が必要だとは思えない」と指摘した。

 中国電力によると、夏のピーク電力は年々増加傾向にあり、07年に最高の1229万キロワットに達した。しかし昨年から落ち込み、今年は10年前とほぼ同水準1071万キロワットに転じた。【矢追健介】

毎日新聞 2009年10月21日 地方版
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091021ddlk34040515000c.html

2

2009/10/15

Touch the Hitomi 〜鎌仲ひとみ監督作品 上映展〜  行事案内(他団体主催)

現在開催中のイベントのお知らせです。

10月13日から10月18日まで、下記のように、鎌仲ひとみ監督作品の上映会が東京秋葉原のgallery COEXIST で行われています。
同会場には、長島の自然を守る会提供の写真数点も展示されています。
ぜひご都合をつけて見に行ってください。

▼10/13〜10/18 
「Touch the Hitomi 〜鎌仲ひとみ監督作品 上映展〜」
http://888earth.net/news/2009/10/touch-the-hitomi-1.html

鎌仲ひとみ監督の作品を一挙に大公開!
NHKの番組「エンデの遺言」を今回特別に無料上映!
幻の処女作「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」、「ぶんぶん通信」、
「ヒバクシャ−世界の終わりに」、「六ヶ所村ラプソディー」上映など、
監督作品の上映や、過去の対談記事・関連取材記事、書籍やDVDの販売も行います。
鎌仲監督が取材で訪れたイラク、六ヶ所村、祝島などの写真展示など、
「鎌仲ひとみ」の魅力がぎゅっとつまった展示会&上映会です。
*会場では布メッセージやカンパを集めます。

【開催期間】10月13日(火)〜18日(日)
11:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)
【会場】
gallery COEXIST
〒110-0016 東京都台東区台東1-23-12(各線秋葉原駅徒歩10分)
Web:http://coexist-art.com/

【料金】
映画鑑賞=1000円/回
17日スペシャルナイト=前売1800円、当日2000円(軽食+1ドリンク付)
※映画上映中と17日のイベント開催時間以外は、無料でご入場出来ます。
【プログラム】
上映時間やスケジュールなどの詳細はこちらからご確認ください
http://888earth.net/news/2009/10/touch-the-hitomi.html

【17日(土)スペシャルナイト☆】
17:00 OPEN
17:30−19:30 上映「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」
19:30−20:00 鎌仲監督トーク
20:00−21:00 松谷冬太ライブ 飛び入りgest有!?
21:00−21:30 freetime(森を守るコーヒーやオーガニックの軽食など)
22:00 CLOSD

【主催】
「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト/gallery COEXIST

【写真展示提供・協力】
「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会 http://ashitanomori.net/
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET) http://www.jim-net.net/
長島の自然を守る会 http://green.ap.teacup.com/sunameri/
祝島 ひと くらし[アマチュア写真展]from 田名部工房、矢郷桃

7

2009/10/13

社民・近藤参院議員、中電に工事中止要請  マスコミ報道

上関原発建設計画:社民・近藤参院議員、中電に工事中止要請−−予定地を視察 /山口

 社民党の脱原発プロジェクトチームの事務局長を務める近藤正道参院議員(新潟県選出)が13日、上関町長島の原発建設予定地を視察した。午後には広島市の中国電力本社を訪れ、福島瑞穂党首名で「住民合意が得られるまでの埋め立て工事の中止」などを要請した。

 近藤氏は13日、建設予定地で中電と反対派の「長島の自然を守る会」の双方から説明を受けた。12日は同町祝島に宿泊し、原発計画が浮上した82年秋から毎週月曜の夕刻、島内で1000回以上も続く抗議デモを視察し、島民の話を聞いた。

 近藤氏は「海を守りたい島民の姿勢は上辺のものではない。合意のない工事の強行はやるべきでない」と話した。また予定地周辺で近年、カンムリウミスズメなどの希少生物の発見が続いていることについて「環境省に報告し、最新の知見を把握しているのかを確認したい」と話した。【近藤聡司】

〔毎日新聞 山口東版〕

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091014ddlk35040432000c.html
0

2009/10/8

水のウォーク:原発反対訴え  マスコミ報道

水のウォーク:原発反対訴え カヌー、徒歩で岩国市を出発 /山口

 錦川から上関原発予定地まで約110キロをカヌーや徒歩で巡る「水のウォーク」が7日、岩国市美川町河山地区から出発した。

 地元をはじめ埼玉、岐阜、大阪などの府県から約20人が参加。カヌー隊は4隻で錦川を下り、残りのメンバーらが川沿いを歩いて河口を目指す。

 メンバーらは、全国各地の自然保護団体などから寄せられた「原発はいらん」「母なる海を原発で壊すな」などと書かれた横断幕や旗を掲げて、午前9時過ぎ、錦川にこぎ出した。

 一行は8日夕に岩国基地近くの岩国市旭町で、米軍再編の見直しを求める井原勝介前市長らと意見交換。10日には上関原発予定地で、祝島島民の会との交流会を開く。

 主催した吉村健次さん(34)は「台風の進路を見極めながら安全に川を下りたい。ダムや基地、原発の問題に関心を集めて、みんなで協力して解決していくための懸け橋になれれば」とカヌーをこぎ出した。

〔毎日新聞 2009年10月8日 山口版〕
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091008ddlk35040303000c.html
0

2009/10/7

中電の“抜き打ち”着手反発 漁民ら一層態度硬化 /山口  マスコミ報道

上関原発建設計画:中電の“抜き打ち”着手反発 漁民ら一層態度硬化 /山口

 上関町長島での原発建設計画で、中国電力は7日、平生町田名埠頭(ふとう)に置いてある灯浮標(ブイ)とは別のブイを使って、海の埋め立てに着手した。埠頭での阻止行動の裏をかくやり方に、上関町祝島の島民らは怒りを強めており、中電の「原発の立地で共存共栄を」との呼びかけを反対派が受け入れる道筋は一向に見えない。【近藤聡司】

 7日も早朝から祝島の漁船が田名埠頭へ集結。しかし既に中電は予定地で工事を終えていた。その後、埠頭に現れた中電は「台風に備える」と説明、岸壁近くにあるブイを陸地奥へと移動させた。作業終了を見届け、多くの島民が島へ帰った。

 中電は9月中に、別のブイを使うことを検討し始めたという。一方、埠頭に漁船を停泊させた島民たちに「違法な行為をやめてください」とのはがきを1日付で出した。5日付の封書では「違法な行為をやめないと法的措置をとる」との警告書も。島民は「海を守るためで違法ではない」と反発を強めていた。

 「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の山戸貞夫代表は「中電のやり方に島民は怒っている。県外からの支援もあった今回の阻止行動では、祝島が孤立していないことを示せた。今後もあらゆる手段で阻止行動を続ける」と話している。

〔毎日新聞 山口版〕http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091008ddlk35040298000c.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ