2007/11/23

おいでませ,長島へ  

人々のつどいの家から見た夕暮れです。右の濃い影が祝島、奥の紫にみえる山並みが九州の国東半島です。

 嫌がらせのように立っている電柱や電線、ボーリング櫓がない写真は、「長島の自然」のDVDのパッケージでご覧になられます。(笑)

 人々の歓声とともに、こんな目障りな人工物のない景色を堪能できる日が遠くないことを願いつつ。

クリックすると元のサイズで表示します
スズメノカタビラ,撮影 ヒナノヒオウギ
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ