音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2010/3/31

鈴木昭男  現代音楽

サウンド・パフォーマー鈴木昭男のことを知ったのは、今から25年以上前だったと思う。
彼のオリジナル楽器「アナラポス」による即興演奏を始めて聴いた時は衝撃的だった。
アナラポスは2個のブリキ缶を長いスプリングで繋いだ構造で、スプリングを指でなでたりすると非常に余韻の長い神秘的な音を出す。
また、缶を叩いたり缶に口をあてて声を出すと、糸電話の原理で不思議な音になる。
摩訶不思議な音響だが、まさに音楽=音を楽しむ、といったかんじだ。



現在、鈴木昭男氏は京都の丹後半島に住んでいるそうだ。
海、山、両方の豊かな自然に恵まれた地で、今日も鈴木昭男氏は創作活動に没頭しているだろう。
ひがみを書いてるようにとられるかもしれないが、私から見れば羨ましいかぎりだ。
食っていくためにいやいや仕事をして生きていくより、どれほど幸せな人生だろうか。
それはともかく、私が鈴木昭男氏のアルバムで最も印象に残っている作品は、タージマハル旅行団の元メンバー小杉武久との即興演奏デュオによる”New Sense of Hearing”である。

クリックすると元のサイズで表示します

小杉のヴァイオリンと声、鈴木のアナラポスやその他、彼の創作した楽器による演奏は、まさに未知の音との遭遇の連続、といったかんじだ。
20年以上むかし、コジマ録音からリリースされたが、またCDとして再発されないだろうか。
音響派やインプロヴィゼーションものが好きな人ならたぶん、気に入ると思う。
・・・
ちなみにアナラポスの名前は「オナラプス」をもじって名付けたという。
けっこう、ユーモアがあるなあ。
1

2010/3/15

タンジェリン・ドリーム"barock3"  タンジェリン・ドリーム

タンジェリン・ドリームの1976年ドイツ国内におけるTVライブの模様。
ファンにとっては、貴重な映像だ。



‘76年という年は彼ら3人のメンバーにとって円熟期といってもいいだろう。
多くの機材に囲まれて演奏している姿は、神聖な感じさえする。
当時のことについてフローゼはこう語っている。
「当時ライブをやってわかったことは、ライブってのは全く金儲けにはならなかったってことかな。
とにかく当時の機材は大きく重く運搬も大変で、動作も今のデジタルと比べて非常に不安定だった。
だから楽器のチューニングにはとても時間がかかってね。
おまけに会場に観客がいっぱいになって、場内の熱気が上がるとまたチューニングが狂ってしまうありさまだった。
また、当時の機材はどれも大変高価だったから、レコードの印税はたくさん入っても、その収入の8割から9割を新しい機材の購入のために費やしたんだよ。」
フローゼは当時のことをまた、「音楽的には充実していたが精神的にはつらい時期でもあった。」と語っている。
しかし、それでもこのころの時代は彼らタンジェリン・ドリームにとって、初期の黄金時代であったことはまちがいない事実だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/3/15

"invisible limits"そして"ENCORE"  タンジェリン・ドリーム

"invisible limits"はタンジェリン・ドリームのアルバム、”STRATOSFEAR”の第4曲目の作品である。
非常に変化に富んだ曲想で、フローゼのギターとグランドピアノ、そしてフランケよりもむしろバウマンのシーケンスの活躍が目立つ。
しかし、この曲名の"invisible limits"とは「目に見えぬ限界」という意味ではないか。
事実、この後に出たアルバム"ENCORE"はライブ・アルバムということもあるが、それまでのようにアルバムが出ることに彼らの音楽的進化を感じる、ということがなくなったように思えるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この時点でバウマンはこのグループの中での、音楽的探求をやれることは全てやりつくしたのかもしれない。
その後まもなく、ピーター・バウマンはソロ活動と自己のレコーディング・スタジオ「Paragon Studio」の運営のためにタンジェリン・ドリームを脱退するのである。
一方、フローゼにとっては"ENCORE"でアメリカ進出を果たし、これからグループをメジャーな方向へ進んで行こう、という矢先に「寝耳に水」の状況だったと思う。
後のインタビューで、バウマンは「タンジェリン・ドリームをやめた時は先のことなど全く考えてなかった。」と答えていたが、まだ年も若かったし(当時24歳)己の信ずるままに自己の道を進んでいったのだろう。
そして、残ったフローゼとフランケはその後、他のメンバーと共にグループを続けていくのである。
・・・
紆余曲折はあったが、マンネリにならずにグループを継続させるためには、これでよかったんだろうなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/3/13

下元克己(5)青春の暴走  マンガ

私の持っている下元克己の単行本の1つ、「青春の暴走」。
収録作品は表題作の他、「五里くんの子守唄」、「流れ者」の3編。
いずれも貸本時代の作品である。
「青春の暴走」以外の作品を見るとこのころから既に、ゴリ一平、2人の子分、ドブス3人組、美少女泉澄美といった登場人物達が定番キャラクターだったことがわかる。
これだけ絵がうまく、すばらしいマンガを描いていたにもかかわらず、下元克己は他の貸本時代からのし上がった作家達のように漫画家生命が長く続かなかったようである。
しかし、いろいろなブログを調べてみると現在、下元克己氏は今でもご健在でお孫さんまでいらっしゃるようである。
下元さん、どうかいつまでもお元気で。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ