音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2010/4/4

セーラー服おじさん、名古屋の鶴舞公園に現る  つれづれ日記

本日4月4日、家族で名古屋市の中心にある桜の名所である鶴舞公園へ行った。
見事な満開である。

クリックすると元のサイズで表示します

付近に名古屋工業大学等の学校があるせいか、若者の集団花見客が大勢、盛り上がっていた。
この公園の東部には竜ヶ池という池があり、池のまわりも桜が見事だった。
もちろん、多くの花見客も。
・・・
その中に突然、異様な人物が。
「あっ、もしかして、セーラー服おじさん?」
一瞬、目を疑ったが、目の前にいるのは間違いなく一時はTVによく出ていたあの、セーラー服おじさんではないか。
撮影のためなのか、オフで来たのか知らないが、自らも近くにあるイオンショッピングセンターのレジ袋をさげて仲間と花見に来たようだ。
私はこんなチャンスは滅多に無いと思い、「すみません。写真撮ってもいいですか。」とセーラー服おじさんにたずねると「いいですよ。」と快くOKしてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

これがその時の一枚。
おかげで今年の花見も楽しく過ごすことができた。
セーラー服おじさん、ありがとう。
・・・
自宅に戻ってから、私はセーラー服おじさんのことをいろいろ考えた。
イオンのレジ袋をさげていたけど、店内もあのかっこうで買い物しとったんやろか?
私らの年代なら知ってるけど、彼のことを知らない世代の警官から職務質問されへんかったやろか?
服装はすごく若々しい(?)のに頭がすごく高齢に見えるので、ネットで彼の経歴を調べると・・・
1961年生まれ・・・オレより年下じゃねえか!
いやはや・・大きなお世話でしょうが、桜の咲く頃というのは寒暖の差がはげしいので、セーラー服おじさん、頭から風邪をひかないようこれからもがんばって下さい。
0
タグ: 散策 タレント 花見

2010/4/4

久々の大阪(2)  

海遊館の次は鶴橋へ行った。
地下鉄の出入り口から地上へ出ると、いきなり焼肉の匂いが。
おおっ、いきなりきましたねえ。これぞ大阪の下町。
まずはコリアンタウンへ向かう。
駅から15分程歩くと、・・・ありました。
着いたのが1時を過ぎていたので、「民俗村」という韓国料理店に入る。
前もってネットで調べておいたのが、功をそうした。
ここは毎日、ランチタイムは800円でバイキングを楽しめるそうだ。
さすがに焼肉はないが、ナムル、キムチ、チャプチェ(韓国はるさめ)等が食べ放題なのだ。
箸は銀色の金属製、茶碗も仏壇のお鈴のような金属製であちらの様式そのまま。
野菜をたっぷり食べれる、というのがうれしい。
そのあと、鶴橋商店街のアーケードに入って行く。
・・・
なんじゃこりゃあ。
またしても、「なんじゃこりゃあ」を連発してしまった。
まるで終戦直後の闇市のような薄暗いせまい通り。
日曜日のせいかほとんどの店が閉まっていたが、時々、肉屋やチマチョゴリの専門店等がぽつんと営業している。
それでも、駄菓子屋や洋服店には多少、客がちらほら集まっていた。

ここと新世界は、通天閣前の家族スナップを除いて写真は撮ってません。
勝手にパチパチ撮ったら、どこからか怖い人が出てきて因縁つけられそうな雰囲気で。
一人ならまだしも、家族連れなので安全を考慮しました。
鶴橋はまだしも、特に新世界から西成区へ向かったあたりは昼間から酔っ払いの労務者のオッサンやいかにも”893”風のおにいさんとかが歩いているので。
・・・
思えば昔、京都に住んでた頃は大阪といえば大抵、梅田界隈ばかりに出かけていた。
今回の旅で少しは大阪の姿を知ることができたかな。
しかし、この町はまだまだ奥が深そうだ。
できれば、次は平日の鶴橋商店街やコリアンタウンをゆっくり廻ってみたいものだ。
(続く。)
0
タグ: 旅行 観光地 グルメ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ