音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/4/26

下元克己「欲望」  マンガ

まさか、こんな希少価値の高い古本マンガが手に入るとは思わなかった。
今月の初め、私は名古屋の大須にある、まんだらげ名古屋店でヤングビート第3号を購入した。

クリックすると元のサイズで表示します

この古本は一時、ネット・オークションで数万の値で売買されていた物である。
私はこれを2100円で購入したが、私から見たら大金だが嘗ての相場から見たらお値打ち価格も良いところだろう。
この本の見所は私にとっては、なんと言っても下元克己の「欲望」である。
この時代の下元克己の絵は白土三平に似てるなあ。
それに、この人は本当に絵がうまいと思うで。
まあ、プロの漫画家やから当然やけど。

クリックすると元のサイズで表示します

(あらすじ)
主人公の石本は病気の母を抱える貧しい青年である。
金持ちになった自分を想像したり、金持ちから金を奪うことを考えて自己嫌悪に陥ったりしながら、自分の境遇を呪っていた。
そんな石本の後を黒いスーツの男が後をつけるように歩いていた。
石本はラーメン屋に入ると偶然、友人の岩崎に会う。
石本が金に困っていることを話すと、岩崎は石本に気前よく金を貸してくれたが、実は岩崎は強盗殺人犯であった。
そして石本の後をつけていた男は実は刑事で、本当は彼は岩崎の方を追っていたのである。
だが、逃げられないと思った岩崎は最後に自殺してしまう。
石本は岩崎の遺体に先程、彼が貸してくれた金を置いて呟く。
「もう、これからの僕は貧乏なんかに負けないよ。
どんなに苦しくても自分の力で正しく生き抜くよ・・・。」

クリックすると元のサイズで表示します

・・・
重い内容のマンガである。
下元克己の作品は学園物の他には、社会の底辺にいる者を題材にした物が多い。
この「欲望」もその1つだが、画面全体に漂う言い様のない暗さはこの時代のマンガ独特のものだ。
この特有の雰囲気はつげ義春や辰巳ヨシヒロ等の絵からも感じられるが、今のマンガには無いものである。
ボーイズラブとか東方プロジェクトのマンガしか知らない今の子供達がこの時代のマンガを読んだら、はたしてどんな感想を抱くだろうか。
0

2011/4/20

楽器じゃない楽器  楽器

本来、楽器でないものを楽器として堂々と使うことは、クラシック音楽でもよく見られることである。
有名な例ではマーラーの交響曲6番に登場するハンマー。
大きな木槌を全神経を集中させて真剣な顔で振り落とす様は正直、笑えてくるが、指揮者と奏者との一体感があってこそすばらしい演奏であることは言うまでもない。



このような例は特に現代音楽では枚挙にいとまがない程で、石、線路のレールの切れ端、タイプライター、水の音等、限がないくらいだ。
ロックにも勿論、このような例は無数にある。
タンジェリン・ドリームのアルバムでも1stの”エレクトロニック・メディテーション”ではフローゼがガラスの破片、コンラッド・シュニッツラーがレジスター、シュルツェが防水用の硫酸紙を、そしてセカンドの”アルファ・センタウリ”ではフローゼがコーヒー・マシーンを使っていた。
ただ、これらの音はどれもエフェクターを通されているので、今迄何度も聴いているが未だに判別できないでいる。
アルバム・クレジットに記載されてなければ、こんな物が演奏に使われていたなんて絶対、わからないと思う。
そしてロックで「楽器じゃない楽器」を使って最も成功した例はドイツのアインシュトゥルツェンデ・ノイバウテン(Einstürzende Neubauten)であろう。



メンバーが金に困っててドラムを売ってしまい、代わりに鉄板を使うようになったと言うのが事の発端だというが、ステージにドラム缶やスクラップの金属片等を所狭しと並べて叩きまくる様は圧巻である。
う〜ん、これもまた、すばらしいでんな。
0

2011/4/18

ハルトムート・エンケ  プログレッシブ・ロック

ハルトムート・エンケ(Hartmut Enke)、アシュラ・テンペルのファンならこの名を知らない人はいないだろう。
エンケは1952年10月20日生まれ、マニュエル・ゲッチングとは同級生で友人だったという。
彼に関する情報でよく知られるのは、麻薬中毒になって1973年のアルバム”Join Inn”を最後に音楽界から姿を消した、ということ。
その後どうなってしまったのかと言うと、廃人になってしまったとか、見事復帰して元気になり、ごく普通の仕事に就きながら時々ゲッチンさんの自宅へ訪ねて来るようになったとか、いろいろあり諸説プンプンである。
ただ、はっきりわかっていることは、2005年の12月に亡くなっていた、ということである。
アシュラ・テンペルのファースト・アルバムでは疾走感のあるベースを弾きまくり、”Join Inn”ではすごく印象に残るようなメロディを弾いていたエンケさん。
すばらしいミュージシャンだったが、60歳過ぎた今も現役であり続けるシュルツェ師匠と違って、なんとも線香花火のような人生でしたな。
合掌。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/4/15

屠場(とば)  気になる人、モノ

今回は血生臭い内容で恐縮でございます。
しかし私達が生きていくうえで、絶対避けて通れない問題でございます。



私は子供の頃から動物が好きなのでこの動画を見るのは、自分で紹介しておきながら正直つらいのですが、肉やソーセージといった食べ物が好きである以上、この現実をよくよく頭に入れておかねばならないと、思っている次第でございます。
そうすれば食卓に出された動物性食品に対して、益々感謝の気持ちを強めることができましょう。
肉食をやめろと言うのではありません。
食べ物を粗末にするな、家畜や生産者達に感謝しろと言いたいだけであります。
尤も、菜食主義者であるポール・マッカートニーが言った、
「もし屠殺場がガラス張りだったら、誰も肉を食べなくなるだろう。」
という言葉もわかるような気がします。
また、屠殺場で働いている方々も自分達の仕事に誇りを持ってはいるが、家畜を殺すことが好きと思っている人はいないと思います。
ですから、このような職業に就いている方々に対しても、まかり間違っても偏見を持ってはならないのです。
さて、今日もいろんな食べ物を、おいしく感謝しながらいただきましょう。
0
タグ: 屠殺 食生活 文化

2011/4/11

リーフマンス・グーデンバンド  

リーフマンス・グーデンバンド。
これは私がベルギー・ビールにハマっていた頃に飲んだ、今でも忘れられない幻の一品である。
色は濃い褐色、芳醇な香り、通常のラガー・ビールからは創造もつかないような甘酸っぱい、ビールと言うよりはワインに近い風味。
無地の褐色瓶に詰まれ、シャンパン・コルクで栓をされ、写真の紙に巻かれた状態で売られていた。

クリックすると元のサイズで表示します

このビールは長期熟成タイプで寝かせる程、味が良くなっていく。
だから私はこのビールを初めて買った時は箱買いで、24本のグーデンバンドを1年半以上かけて少しずつ、じっくり飲んだものである。
(勿論、夏は冷蔵庫に入れて変質しないように気を配ったが。)
何故このビールが幻の一品になってしまったか、それはこのビールを製造していたリーフマンス醸造所が倒産したからである。
ただ、倒産した翌年には別の醸造所に吸収合併されて経営は再会したそうだが、肝心のグーデンバンドは以前の物に比べると味に深みがなくなっているそうである。
日本でも一時、地ビールブームがあったが、かなりのメーカーが淘汰されて現在、生き残っている所も厳しい状況であろう。
地ビールの本場ベルギーでも、事情は同じである。
グーデンバンドのような悲劇が今後おきない為にも、金持ちのビール好きの皆さん、どうかこれからもベルギー・ビール等、いろいろな世界の珍しいビールをどんどん買うてやって下さい。
0

2011/4/8

Edgar Froese "Sobornost (1981) - Solo TV performance in Germany"  タンジェリン・ドリーム

これは長年のタンジェリン・ファンの私にとっては懐かしい映像である。
この時期より暫く経ってようやくMIDI企画が生まれるのだが、フローゼ御大の機材なら1人パフォーマンスですでにこれだけのサウンドが出せたわけである。



そういえば、1983年の初来日のタンジェリン・ドリームのステージでは、フローゼ御大は動画に映っている機材の他にRoland Jupiter8とMinimoogを弾いていた記憶がある。
当時の私には、あれだけの機材を所有するなんてことは夢のような ことであったが、今でもやはり夢のようなことである。
しかし現在、既に私はKorgのM3シンセサイザーやハードディスクレコーダー等を持っているので、このような音楽を創ることが現在できない訳ではない。
仕事や生活に追われて、だんだんやる気が失せてきたのが最大の原因なのだが、なんとかこの状況を変えなければならないと思う、今日この頃である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ