音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/7/25

Einbecker Mai Ur Bock(アインベッカー・マイウーァボック)  

アインベッカー・マイウーァボック。
これもまた、ホンマにうまいビールでございます。
ボックは高アルコール(約7%)、高い麦汁濃度のラガー・ビールで力強い味です。
でも、喉越しがよく夏でも何杯でもいけそうです。
こんなにうまいビールを安い値段で飲んでる地元ドイツの人達が羨ましくて仕方がなくなる時もありますが、ベルギーやチェコのすばらしいビールを好きな時に買って飲める日本に住んでることにも感謝している次第でございます。
ビールは料理を引き立てる為に飲むのであって、ビールの味が目だってはいけない、等と言うウンチクを何かの本で読んだことがありますが、そんなのは邪道でございます。
それはヨーロッパの味の濃いビールのうまさを知らない人間の言う言葉でしょうが、私に言わせればそれは、人生の大切な部分を知らぬままに過ぎてしまった浅はかな人間のボヤキと言ってもいいものであります。
私は以前、絶対に味の組み合わせとしてはあわないだろうと思いつつ、キムチや赤味噌を使った炒め物を食べながら、ボックやヴェルテンブルガーのピルスを飲んだことがあります。
結果は思った以上にあいました。
というか、これらの強烈な料理の味に全くビールの味が負けておりませんでした。
そしてビールと料理、双方のおいしさを存分に味わうことができたのです。
ドイツビール恐るべし、でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ