音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/9/17

著述家としてのピーター・バウマン  タンジェリン・ドリーム

以前から何度も書いたように、70年代のタンジェリン・ドリームのメンバーとして音楽家としての名声を得た後、米国で実業家として成功を収めたピーター・バウマン氏ですが、50代に入ってから一変して哲学の道へ進むようになったのでございます。
そのきっかけは彼が40代後半の時に、
「自分はここまで生きてきてこの地球上にあと1万日生きれるとすると、残りの人生をどうすればできるだけ有意義に満足しながら過ごすことができるだろうか。」
と、自分に問いかけるようになったからであります。
そして、この課題に取り組む為に哲学思想の研究団体であるバウマン財団(The Baumann Foundation)まで創設したわけでございます。
この人はやるとなったら徹底的に物事に打ち込むタイプの方のようです。
経済的にも成功したし家庭にも恵まれているので、老後はのんびりすごそうというどころか、また次の人生の課題に取り組んでおられるのです。
凡人なら定年まで働いたら年金を貰っても、住宅ローンがまだ残ってるからどないしよう、かあちゃんと年1回旅行へ行って普段は週2,3回居酒屋へいけたらええなあ、ぐらいしか考えないじゃないでしょうか。
しかもバウマン氏は若い時にミュージシャンとしてすばらしい成功をおさめました。
根っからの芸人なら50歳すぎても、
「夢をもう一度。」
と再び音楽の世界へ挑戦することも考えられるでしょう。
しかし彼はそうしませんでした。
90年代の初めに他のミュージシャンと「BlueRoom」というプロジェクトを立ち上げ、久々にアルバムデビューするつもりが挫折してしまったので、自分が経営していたレコード会社も売り払い、音楽業界から去ったのです。
その後、音楽とは全く関係のない不動産関係の仕事等で実業家に転身したわけですが、財産もできて生活に余裕ができてくれば、もう一度ソロ活動でもいいから音楽の道へ進むということも考えられます。
だが彼が進んだ道は哲学者への道でした。
彼はこの時、
「自分が音楽の世界でやりたいことはもう何もない。」
と思ったのかもしれません。
即ち、若い頃からタンジェリン・ドリームのメンバーとして、あるいはソロ活動や音楽プロデューサーとして様々なミュージシャンとも仕事をしてきたので、音楽に関することはもはや、やりつくしてしまったしこの業界の表と裏の部分も全て知り尽くしたので、もう未練はないという心境だったのでしょう。
前回のブログで書いたようにバウマン氏は、
「音楽家は男子一生の仕事にあらず。」
と思ったのかもしれません。
多くの専門職のように一度決めた道を一生追求して人生を全うする人もいれば、1つの道に登りつめると今度は別の目標へ向って進む人もいます。
バウマン氏はまさしく後者でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・
バウマン氏のように前職とは全く違う世界で生きている人を、昔TVで見たことがございます。
NHK特集で福井県の永平寺で修行に打ち込む雲水達の生活を取材した番組を見たことがあります。
修行僧のインタビューで一人、今で言うイケメンの雲水様がいました。
取材記者は彼に、
「どんな理由でこの世界に入ったのですか。」
と聞きました。
するとイケメンの雲水様は、
「前職は水商売の関係の仕事をしておりました。
毎晩、酒と女に明け暮れてなおかつ、月に何百万ものお金を稼いだこともありました。
しかしそんな生き方に”このままでいいのか”と、ふと疑問が湧いてきたのでそれまでの人生を断ち切って仏門に入ったわけでございます。」
と答えたのであります。
まだいかにも若いそのイケメンの雲水様は、普通の男が一生の内に経験する、その何倍もの女性経験を既にやってきたような感じがしました。
ゲイやバイセクシャルになる方の中には、
「もう、ボク女に飽きちゃったあ〜。」
と言ってその道に走る人もいるそうでございます。
しかしイケメンの雲水様は男に走らずに仏門に走ったという点では正解だったのかもしれません。
・・・
最後はアホくさいオチになってしまいました。
読者の皆様もこれから先もどうか悔いの無い人生をお過ごし下さい。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ