音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/10/25

Tangerine Dream - Live at Conventry Cathedral 1975  タンジェリン・ドリーム

今迄私のブログを読んでくれた方の中には、
「なんでそんなにタンジェリン・ドリームが好きなの?」
って、思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方にはこの動画を見ていただければ、少しは納得して貰えるではないかと思います。
古い大型のアナログ・シンセに囲まれたロンゲのメンバー達の姿が時代を感じさせますが、厳粛でしかもかっこいいではありませんか。
勿論、音楽の方も今聴いても全然古さを感じさせません。
彼らの演奏形態は既製のロックバンドの形を越えてましたし、音楽はまさに「プログレッシブ」でした。
当事の彼らの音楽はあまりにも独創的だったため、その後出たジャン・ミシェル・ジャール、喜多郎、そしてクラフトワークでさえも彼らの亜流に見えたものでした。
そんな彼らも、ピーター・バウマンが脱退してからは低迷した時期が続きましたが、21世紀に入ってもタンジェリン・ドリームを越えたアーティストが現れたか、と言えばまだ、と言わざるをえません。
それでも70年代のタンジェリンの音楽性はロックよりも、テクノ、トランス、アンビエントといったジャンルの音楽に取り組んでいる人達に、受け継がれているようです。
むしろ現在のタンジェリンはメンバーに専任のギターやパーカッションの奏者がいて、かなりロックっぽくなっています。
それを変化とみるか退化と見るかは、歴史に委ねるしかないかもしれません。
しかし、フローゼ、フランケ、バウマンの3人がいた黄金期のタンジェリン・ドリームの音楽は、これからも永遠に色あせることはないでしょう。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ