音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/12/31

下賀茂神社・縁結び相生社  

あっという間の年末でございます。
また1週間程、更新が途絶えましたが怠けていた訳ではありません。
年末は兎角、仕事等で慌しいものでございます。
・・・
さて正月がちかいこともあって、今日はパワー・スポットについて書こうと思います。
勿論、当たる確立は五分五分ですが、私の経験上、もしかしたら読者の方々の参考になるかと思い、書いてまいります。
・・・
今から19年前、私は当時33歳で独身でした。
奥手で人見知りの性格で、ルックスにも自身がなく、そのころ両親に強くお見合いを勧められて多くの女性と会いましたが、先方様に丁重に断られて撃沈する日々でございました。
元々運やチャンスに恵まれない人生ですが、その頃はまた特に厳しい年でした。
沈んだ気持ちで次の年の元旦の朝を迎え、一人TVを見ていたら京都の三十三間堂が映りました。
そして金色に輝く千体の観音像を見ていたら、なんだか突然、京都に行きたくなったのでございます。
(私的に言えば、久し振りに京都に帰りたくなった、ということです。)
人生とは不思議なもので長いこと生きていると、普段は腰が重くても何かに突き動かされているように突飛な行動をとることがあるものです。
この時も普段なら名古屋と京都までの往復の交通費のことを考えて、余程計画を立ててからでないと出掛けることはないのですが、何故かこの時は身体が勝手に動くように、そのまま出掛けて新幹線に飛び乗ったのでございます。
これまで何度も書いてきたように、京都は私の人生にとって切っても切り離せない土地であります。
私にとって、心の故郷と言える所でございます。
久し振りに大好きな寺や仏像を見た後、ふっと立ち寄ったのが下賀茂神社でした。
そこの境内をふらふら歩いているうちに、ふと目に止まったのが「縁結び相生社」という境内の中にある小さなお社だったのでございます。
(神社に関する画像や情報は無断で載せられないので、ここをご覧下さい。)
ここで私は、
「今年こそ、いい女性と巡り合って今迄とは打って変わって、幸せな人生をおくれますように。」
と、一心不乱に手を合わせたのでございます。
傍から見たら、さえない30前後の男が真剣な顔で縁結びの社でお参りしているのは、
「この人、よっぽどモテないのね。
まあ、気の毒。ホホホ・・・」
と、滑稽な姿に見えたかもしれません。
まるでバレンタイン・デイの日に、多くの女性客に混じってゴディバの直営店で自分で自分のチョコレートを緊張した顔で、買いに来たようなものでございます。
が、しかし私は人目も気にせず邪念を払いながら願い事のみに精神を集中させてお参りしました。
・・・そして、その年の秋に今の妻と出会ったわけでございます。
「そんなの偶然やんか。」
と言ってしまえばそれまでですが、私はあのお社で祈願したおかげだと、今でも思っています。
人生、恋愛や仕事に限らず挫折や絶望が続くと自分ではどうにもならない、と思う事にしばしば遭遇します。
そんな時は、人生の達人と思えるような人に相談するのもいいですが、「困った時の神頼み」も1つの手段と言えます。
あの時、縁結び相生社で祈願した私も、
「自分一人の力じゃ、もうどうにもならない。
いっそのこと後は天に、この身を委ねよう。」
と思って、必死に手を合わせてお願いしたわけであります。
信じる信じないは読者の皆様のご自由でございますが、妖しげな自称、霊能者や宗教家と名乗るような輩に引っかかるくらいなら、旅行がてらにパワー・スポットと呼ばれる所に立ち寄ってみるのも、いいかもしれません。
・・・
今年も残り僅かです。
読者の皆様も、良いお年を。
0

2011/12/21

欧和ビール  

今日は、以前に名古屋市内の成城石井で購入した欧和ビールを始めて飲みました。
これは日本人の醸造家がベルギーの地で作ったという、オリジナル・ビールなのでございます。
日本人の醸造家の名前は今井礼欧氏といい、現在38歳の若手でやり手の方でございます。
今井氏は今もブリュッセル郊外にある醸造所を間借りして、生産活動を行っているそうで、どうかこれからも末永くがんばってほしいと思うのであります。
さて、肝心の味の方はというと、色は赤茶色でシメイ・レッドを彷彿とさせるようですが、味は意外とさっぱりめで修道院ビールのような濃厚で芳醇な味わいとは違い、喉にスイスイ入っていく感じでございます。
それでいて後味はけっこうあり、口の中に麦芽の甘味がほんのりと残ります。
同じベルギー・ビールに例えると、デ・コーニングに近いでしょうか。
原料は麦芽、ホップ、そして米であります。
私が買った値段は、699円でした。
高級ビールでございます。
もっと気軽に買えるようになるには、ユーロ安が続くのでもっと価格が安くなるか、どんな高級ビールでも買いまくれるようになるよう、自分がもっと出世するか、2つに1つでございます。
しかし、厳しい時もあれば楽しい時もある、それが人生でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/19

Duvel(デュヴェル)  

昨日は夫婦で、日本でも人気の高いベルギー・ビールであるDuvel(デュヴェル)をいただきました。
しかも、私はこのビールの専用グラスを持っているので、より一層美味しくいただくことができたのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

このグラスはただ見た目がカッコイイだけでは、ありません。
実はこのグラスの底にはわざと人工的に傷がつけられており、ビールがグラスに注がれると盛り上がるような泡立ちができて、味がより引き立つ仕組みになっているわけでございます。
写真ではどうしてもピンボケになってしまって、わかりづらいかもしれませんが、グラスの内側最低部に3重丸の傷がついているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・
もし、デュヴェルのグラスが貴方に、
「ごめんなさい。私、傷物なの。」
と語りかけたら、
「こんなにビールを美味しくしてくれるんなら、いいじゃん。
俺、マグロになってる奴より上手な奴の方がだんぜんいいねん。ヨロシク。」
と答えてあげるといいでしょう。
するとグラスはビールがもっとおいしくなるよう、貴方に一生懸命尽くして、必ず貴方を満足させてくれるでしょう!?
1

2011/12/11

Klaus Krüger(クラウス・クリューガー)  タンジェリン・ドリーム

クラウス・クリューガーはタンジェリン・ドリームのアルバム"Cyclone(1978)"と"Force Majure(1979)"、そしてエドガー・フローゼのソロアルバム”Ages(1977)”にドラマーとして参加したミュージシャンです。

クリックすると元のサイズで表示します

タンジェリンのアルバムには何故か「Klaus Krieger」という名前で表記されておりました。
どっちが本名でどっちが芸名かは、わかりません。
また、彼の経歴もフローゼ御大の幼馴染だった以外は詳しいことは、わかりません。
タンジェリンのメンバーになって以降のことで彼についてわかっていることは、タンジェリンが"Force Majure"を発表後、グループを脱退してイギー・ポップのツァーに参加したことと、1992年に再びタンジェリン・ドリームにコンサート・ツァーのゲスト・ミュージシャンとして参加したことぐらいでしょうか。
しかしそんな謎めいた彼ですが、過去に2枚のソロアルバム(その後、これらの作品は1枚のCDアルバムとして再発されています。)を出しております。
これらの作品を私も聴いたことがありますが、以外にもなかなかの出来でございます。



イギー・ポップのバンドに居ただけの事はあって、ピコピコサウンドのシンセ・ミュージックかと思いきや、けっこうグラム・ロックっぽいサウンドで良い意味で期待を裏切ってくれた曲創りだと思います。
現在、彼はどうしているのでしょうか。
今もベルリンのクラブやスタジオで元気にドラムを叩いているのでしょうか。
できれば、また新作を出してほしいと思うのでございます。
0

2011/12/7

Haacht醸造所のビール  

先日、名古屋市内の成城石井で買い物をしました。
東京から進出してきた高級スーパーに入ると、私のような田舎者の血を引く人間はなんだか場違いな所へ来たような感じがします。
しかしここでも、一番商品を吟味し買い込んだのは輸入ビールでした。
そしてその日待ちきれずに飲んだのは、ベルギーのHaacht醸造所のビール2種でございます。
Haachtという綴りはオランダ語では”アーフトゥ”、フランス語では”アークトゥ”と発音するようです。
ご存知のとおりベルギーは多言語国家なので、こうした違いは地元ベルギーの方々にもややこしい問題ではないかと思います。
KeizerKarel chrles Quintは濃褐色のビールで、後味がすっきり目の修道院ビールといった感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてもう1本のMystic Whiteはホワイト・エールでこれもヒューガルテン・ホワイトに比べるとむしろ風味は大人しめであります。

クリックすると元のサイズで表示します

どちらもこれからベルギービールを楽しむ人には最適な入門者向けのビールといった感じでしょうか。
私としてはどちらも、もう少し味にパンチがあってもよかったかな、と思うところでございます。
なにせ、生まれて初めてロシュフォールのトラピストビールやカンティヨンのランビックを飲んだ時の衝撃は未だに忘れられません。
「この世に、こんなすごいビールがあったとは。」
と思ったものですし、まるで総鏡張りのラブホの個室の中で回転ベッドの上で花時計をやったような衝撃でございました。
読者の皆様にはなんだか、余計訳のわからん説明になってしまいましたが、要は酒でも人間でも大人しいだけではダメ、独自の個性を感じさせるようなインパクトが時には必要である、と言いたいのでございます。
0

2011/12/2

orval(オルヴァル)  

私が週末以外にもベルギー・ビールを飲む時は、大抵、仕事がきつくて疲れた自分を励ます為に飲むことが多いものです。
夕べ飲んだビールは、トラピストビールの中でも特に人気の高いと言われるオルヴァルでございます。
このビールもベルギー・ビール好きな人にとって知らない者はいない、いたらモグリと言えるような有名なビールでございます。
私のような金のない人間は、高価な(といっても500円台で買えます)オルヴァルを時間をかけてじっくり味わって飲むのです。
でも、もし大金が入ったら、妻とあびる程オルヴァルを飲んで空き瓶を10本三角形に並べて酒宴の中でボウリング大会でもやってみたいものです。
・・・
思えば、大好きなヨーロッパのビールを買う時の私の生活パターンは大体、次のようなものでございます。

@暇な時間にフラっと買い物に出掛ける。
A酒のディスカウント店に寄る。
B輸入ビールコーナーで良さそうなものを見つける。
C我慢できずについ、買い込む。
D家で妻に怒られる。
E週末に買ったビールを味わう。
 なんだかんだと言いながら、酒に強い妻の方が私より飲む。
F毎週、@からEまでのパターンをほぼ繰り返す。
G月末近くになると、クレジットカード会社のHPで自分のカード支払い明細を見て、恐れおののく。
・・・
いつもこんな調子でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ