音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2012/8/23

Facebookで最高の誕生日を迎えたのでございます。  FACEBOOK

つい最近、私は5○回目の誕生日を迎えました。
Facebookのプロフィルには自分の生年月日が記されております。
従って、その日の私のページは、
”Happy Birthday !”の文字で埋め尽くされているかのようでした。
現在の友達の数は233人で、そのほとんどが外国の方々でございます。
彼らは本当にFriendlyで気さくであります。
中には、誕生日にちなんだ美しい画像や動画を添えてくれた方々もいて、私のページをいっそう華やかななものにしてくださいました。
私は自分のホームページを何度も見入っては、満足した次第でございます。
若い頃にホームステイの経験等がある方から何でもないことでしょうが、実は私、外国人から誕生日を祝ってもらえるなんて経験は、この日が初めてなのでございます。
去年の今頃はこのような経験をするなんてことは、これっぽっちも思っていませんでした。
従って大袈裟な言い方のようですが、この日、私は人生、初となる貴重な体験をしたわけでございます。
思えば子供の頃から、
「自分は運の無い人間だ。」
と思っておりました。
30歳くらいまで、
「自分は果たして結婚ができるのだろうか?
そもそも、人並みに恋愛ができるのだろうか?
他の人達がやってるように、自分も海外旅行や国内旅行ができるのだろうか?」
と、悩み苦しんでおりました。
夢も向上心も無く、ただ親の言われるがままに動いて生きているだけなら、そんな悩みができることもなかったでしょう。
だが幸か不幸か、運や才能のあるなしは別にして、夢とやる気は人一倍ある方でした。
だから岐阜県人の親の元に生まれていながら、岐阜県人のような「位の中の蛙」の如き生き方は、今でもどうしてもイヤなのです。
これからの私の人生は、できる限り飛躍していくのでございます。
この程度で終わるのは真っ平であります。
今回の喜びは、これから生まれ変わっていく私の人生の出発点にすぎないのです。
人間、欲を出すべき時は自分の気持ちを前に出し、積極的に行くべき時は積極的にならないといけないと、最近つくづく思うのでございます。
・・・
さてこの日、我が家でもささやかな誕生パーティーがありました。
妻は私のために、ステーキやパスタを作ってくれました。
ありがたいことでございます。
私達は上機嫌になって、日本ではあまりお目にかかれない貴重なベルギービールである、St.Feuillien Saison(サン・フイヤン・セゾン)をいただきました。
芳醇な味わいが私の心をいっそう満足させたのは、言うまでもありません。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 誕生日 FACEBOOK

2012/8/19

ベルギービール万歳でございます。(3)  

蒸し暑い日が続きますが、ベルギービールは、やはりいつ飲んでもうまいのでございます。
この日飲んだの物の中で特においしかったのは、やはり名品と言われる、Straffe Hendrik(ストラッフェ・ヘンドリク)でしょうか。
はっきり言って、なかなか手に入りにくいビールですが、もし専門店かどこかでこのビールを見かけたら、何が何でも買わなければなりません。
「後の後悔、先に立たず。」
であります。
そう思って、ストラッフェに限らずこの写真に写っているビールは見つけた時に、無理をしてでも買ってきたものばかりでございます。
決して金持ちではない私ですが、悔い無き人生を歩むため、そして充実した人生をおくるためにも、私はこれからも名品、あるいは芸術的とも言えるビールに出会ったら、迷わず購入して飲んでいこうと思っております。
これらのビールには美味しさだけではなく、「感動」という付加価値がついているのあります。
まさに値段以上の価値がこれらのビールにはあるのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
Straffe Hendrik(ストラッフェ・ヘンドリク)

クリックすると元のサイズで表示します
De Koninck Triple d' Anvers(デ・コーニンク・トリプル・ドゥ・アンヴァーズ)
1

2012/8/14

占いサイト  気になる人、モノ

私がFACEBOOKやYOUTUBE、そして当ブログ以外によく目を通すサイトに占い関連のものがあります。
「ええ年こいたオッサンが占いなんか見とるんかよう。」
と言われるかもしれませんが、日々、不安の中で生きている身にとっては、ほんの参考程度ですが目をとおすことにしているのでございます。
勿論、どこかの某タレントのように莫大な金をつぎ込んだり、生活のすべてを占い師に捧げてしまうような事は、これっぽっちもありません。
まず何よりも、私はつぎ込めるほどの大金を持っていません。
我が家では、コロッケは1個何と16円の地元スーパー、〇ローのものを買い、ベルギービールを除く普段飲むビールは1ケース3480円の〇オンのオリジナルブランドのものを飲んで暮らしております。
そんな私ですから、占いサイトで自分の運勢を見る時は「一部無料版」や「完全無料版」のみを利用しているわけでございます。
サイト運営側から見たら、それこそ「罰当たり」なやり方かもしれませんが、おそらくこのようなサイト運営会社は月商何億と稼いでらっしゃると思いますので、ここはひとつボランティアか会社運営にかかる必要経費が化けたものだと思って、大目にみていただきたいのでございます。
なにせ、たまたま将来の恋愛について鑑定結果を見たら、すでに既婚であるにもかかわらず、
「あなたは今年の後半までに運命の人との出会いがあるでしょう。」
なんて書いてあったら、金を払ってまでみたいとは思わなくなるのは当然であります。
かと言って、「一部無料版」では本論のサワリの部分しか表示されず答えの核心の部分を見ようとすると、
「結果を知りたい方は有料版へ。」
と、上手に誘導されるようになっているのであります。
つまり私のような「一部無料版」の読者はエサに食らいついて釣り上げられる寸前の魚のようなものでございます。
ではエサに食らいついた挙句に釣り糸を切ってうまく逃げるにはどうすればいいかというと、一つの問題の結果を求めるのには、1人の占い師のみでなく多くの占い師のページを参考に見て、総合的にかつ、統計的に判断するというやり方を実行しているのであります。
勿論、どの先生方のページを見る時も無料版のみであります。
そしてどのページも、大体、生年月日や名前を入力して占う方式ですが、似たり寄ったりの結果だったり、時々思わむ結果が出たりすることもあります。
それらを細目に見て、総合的に分析、判断するわけでございます。
こうしてできた結果は、あくまでも参考であって鵜呑みにするわけではありません。
しかし先のことは誰にもわからない反面、「風が吹けば桶屋が儲かる。」の例えどおり、大きな自然災害等の突発的な不可抗力が起きないかぎり、ある一定の条件の環境の中で一定の現象(動作)が続けば、ある種の法則(鑑定結果)が成り立つわけでございます。
それが将来における「参考資料」になるわけであります。
したがって私が「占ってもらう」項目は、自分の未来に関することだけでございます。
一般のこの手のサイトの愛好者のように、恋愛コーナーにはほとんど用がありません。
では、このようなやり方で数か月後、半年後に占ったとおりの結果になっているかというと、当たっている確率はだいたい30〜40%であります。
「なんだ、その程度か。」
と思ってはいけません。
占いの(総合)結果が出るまで何もわからない状態から、それだけ当たっていたら、大したものだと思うべきでありまして、むしろ1割でも当たったら喜ぶべきだと言えるのであります。
そのかわり、この方法を株や資産運用に活用するのはお勧めできません。
現在は、社会や景気の動向や金の流れが複雑すぎて個人の持つ情報だけで判断するのは、あまりにも危険だからであります。
デイ・トレーダーがパソコンをにらめっこしながら、株取引をしているのは、まさに博打としてやっているわけであります。
・・・
私が占いに興味があるのは、過去の人生が影響しております。
30代の時、会社員をしていましたがリストラにあいました。
違う部署で生まれ変わったつもりでがんばろうと思って、努力しましたが、1年後に退職しました。
その時はちょうど天中殺の時期でした。
それ以外にもいろいろありました。
四柱推命やいろんな占星術等にも取り組んだことがありますが、大体、どれもあまり良い運勢結果ではありませんでした。
一時は自分の人生に悲観したことも多々ありましたが、不思議なことにしばらくすると、
「もう一度やってやる。」
という気持ちになって、あきらめていたこともある日突然、また取組始めるということが何度とありました。
今もちょうど、その時期に入っていると言えると思います。
ただ若い時と違うのは、今の私には家族がいるということです。
自分だけでなく、家族の未来や人生のことも考えて、これから先の人生を生きていかなければならない、という使命感が今の私には絶えずあるのでございます。
そして今後の自分の人生を悔い無きものにするには、自分の独善的な判断で進路を誤ることがないよう、他人の意見や様々な情報(占いもその1つです。)をも、多く取り入れていくつもりでございます。
幸いここ数年、今迄疎遠になっていた友人達と再会したり、FACEBOOKで知り合った素晴らしい友人達とも、交流を深めたりして意見交換の機会には事欠きません。
ありがたいことでございます。
・・・実は、「ここ数年のうちに昔の友人と再会したり以前より交友関係に恵まれる。」という占断結果を以前から知っていました。
結果を知った当時は、全くそのような状況ではなかったので半信半疑でしたが、今は時々その時のことを思い出しては、ひとりで驚いている状況であります。
不思議と言えば、不思議でございます。
0

2012/8/12

Software synth(ソフトウェア・シンセ)  楽器

音楽制作ソフトFLstudioを購入してから、このソフトの学習と同時にマメに行っていることがあります。
フリーのVSP、特にシンセの音源ソフトのダウンロードとインストールでございます。
ダウンロードしたシンセはFLstudioやMIDIキーボードで演奏できるようにパソコンに取り入れているわけですが、考えてみればすごい時代になったものでございます。
貧乏人の私がダウンロードしているソフトはFree,つまり無料のものばかりですが、これがまた本格的なものばかりであり、タダとは言え侮れないものばかりでございます。
ヴァーチャルのアナログ・シンセやディジタル・シンセはもちろんのこと、民族楽器や70年代のオルガンやメロトロンをシュミレートしたものまで多彩で、昔、なけなしの金を貯めてせっせとハードウェア・シンセを買っていた、あの頃の時代はなんだったんだと、ふと思いたくなる程であります。
インストールしたソフトシンセは操作画面がパソコンの画面にポッと出るのですが、音を作り出すつまみはマウスばかりでなく、MIDIキーボード本体のつまみやスライダーで操作できるように設定してあるので、実際に機械を操作している感覚は充分味わうことができます。
そして、一部のデモヴァージョンの物を除いて自分で作った音をSAVEしておくことができますので、自分だけの音を創り続けることができます。
まるで大量の音源を一度に手に入れたような感覚になりますが、これらを使いこなして作曲をするようになるまで、まだ時間がかかりそうだと、悩む次第でもあります。
と同時に、そんな贅沢な悩みを持てるようになっただけでも、以前のことを思えば、ありがたいことなのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ