音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2012/8/23

Facebookで最高の誕生日を迎えたのでございます。  FACEBOOK

つい最近、私は5○回目の誕生日を迎えました。
Facebookのプロフィルには自分の生年月日が記されております。
従って、その日の私のページは、
”Happy Birthday !”の文字で埋め尽くされているかのようでした。
現在の友達の数は233人で、そのほとんどが外国の方々でございます。
彼らは本当にFriendlyで気さくであります。
中には、誕生日にちなんだ美しい画像や動画を添えてくれた方々もいて、私のページをいっそう華やかななものにしてくださいました。
私は自分のホームページを何度も見入っては、満足した次第でございます。
若い頃にホームステイの経験等がある方から何でもないことでしょうが、実は私、外国人から誕生日を祝ってもらえるなんて経験は、この日が初めてなのでございます。
去年の今頃はこのような経験をするなんてことは、これっぽっちも思っていませんでした。
従って大袈裟な言い方のようですが、この日、私は人生、初となる貴重な体験をしたわけでございます。
思えば子供の頃から、
「自分は運の無い人間だ。」
と思っておりました。
30歳くらいまで、
「自分は果たして結婚ができるのだろうか?
そもそも、人並みに恋愛ができるのだろうか?
他の人達がやってるように、自分も海外旅行や国内旅行ができるのだろうか?」
と、悩み苦しんでおりました。
夢も向上心も無く、ただ親の言われるがままに動いて生きているだけなら、そんな悩みができることもなかったでしょう。
だが幸か不幸か、運や才能のあるなしは別にして、夢とやる気は人一倍ある方でした。
だから岐阜県人の親の元に生まれていながら、岐阜県人のような「位の中の蛙」の如き生き方は、今でもどうしてもイヤなのです。
これからの私の人生は、できる限り飛躍していくのでございます。
この程度で終わるのは真っ平であります。
今回の喜びは、これから生まれ変わっていく私の人生の出発点にすぎないのです。
人間、欲を出すべき時は自分の気持ちを前に出し、積極的に行くべき時は積極的にならないといけないと、最近つくづく思うのでございます。
・・・
さてこの日、我が家でもささやかな誕生パーティーがありました。
妻は私のために、ステーキやパスタを作ってくれました。
ありがたいことでございます。
私達は上機嫌になって、日本ではあまりお目にかかれない貴重なベルギービールである、St.Feuillien Saison(サン・フイヤン・セゾン)をいただきました。
芳醇な味わいが私の心をいっそう満足させたのは、言うまでもありません。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 誕生日 FACEBOOK



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ