音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2012/11/6

KORG Legacy Collection Special Bundle  楽器

長ったらしい名前ですが、これが最近、ダウンロード版で購入したソフトウェア・シンセ5種とマルチ・エフェクター1種をそろえたセットなのでございます。
これまでFLstudioで作曲するために多くのVSPプラグインをダウンロードしてまいりました。
しかし、それらは全てフリーウェア(無料ソフト)だったのであります。
私のような貧乏人にとって、タダほど魅力的な言葉はございません。
タダで手に入る、タダでもここまでできる・・・。
これまで多くのフリーウェアをインストールして使ってきて、この言葉を喜びとともに身をもって実感してきた次第でありますが、昔から大好きだったコルグのシンセサイザーに匹敵するものは、ありませんでした。
そこで清水の舞台から飛び降りるつもりで決心した結果、コルグのHPより当セットを購入した次第でございます。
思えば今から30年前、生まれて初めて買ったシンセはコルグのMono/Polyでした。
その後、名機M1,Wavestation,そしてMS-20を中古で購入したりしましたが、長い年月の間に壊れたり売り飛ばしたりして手元に1台もなくなっていたのです。
「いつか今より広い家に住むことができたら、また自室をスタジオにしていろんな機材を集めて作曲活動に励みたい。」
というのが、結婚してからの夢でございました。
それが別の形とはいえ、一応、完全な状態までに作曲ができるようになったわけであります。
それもFBの友人StevenがFLstudioを勧めてくれたからに他なりません。
しかもこのソフトウェア・セットの価格は¥19、800です。
昔、アナログのシンセは安くても1台で10万円前後したものです。
それが複数の種類で機能もより充実してこの価格は、ありがたいものであります。
ただ、私にとって¥19、800は大金でございます。
しかし、長い目で見たらこれは決して無駄ではないのです。
ソープランドへ行ったら、1時間でこれくらいの金が飛んでいきます。
だからこれは価値ある買い物なのだ、と自分に言い聞かせているうちに、
「うちにこんなええ嫁はんがおんのに、ソープとは何事じゃい!」
と、いつのまにか心の中で自分を叱咤していた私でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ