音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2013/5/29

春の祭典が初演から100年経ったのでございます。  現代音楽

私はオーケストラの曲の中で、ストラヴィンスキーの春の祭典が一番好きなのでございます。
一般的にはクラシックのジャンルに入れるべきですが、今回のお話は現代音楽のカテゴリーに入れさせていただきます。
何故なら、この曲は初演から今年でちょうど100年経ったのですが、未だにこれっぽっちも色あせていないからであります。
この曲に「古典」とか「懐メロ」といった言葉は全く似合いません。
いつ聴いても新鮮であり、永遠にプログレッシブ(革新的)であるからでございます。
私は春の祭典のスコアを持っていて、この曲を聴く時はヘッドフォンをかけて全神経を耳に集中させながらも、スコアにもしっかり目を通しているのでございます。
このような聴き方をして驚く事は、毎回、必ず新しい発見がある、ということなのであります。
非常に複雑なアレンジですが、1つ1つのフレーズやメロディは意外と単純であり、多彩な曲想でありながらも割りと聴きやすいのは、このためかと思うのでございます。
そして、曲のすばらしさは勿論の事、最近はバレエの方にも注目しているのでおります。
私はバレエには元々、興味が無いのですが、ニジンスキーが振付けた初演の踊りを見て、素人ながらこれは凄いと思ったのであります。
どう見ても、これは「白鳥の湖」のような優雅な舞というよりは、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のPVに見るような激しいダンスに近いものですが、この斬新さがまた、私には超お気に入りなのでございます。
これからまた、100年経っても春の祭典は色褪せる事はないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/18

友の月命日でございます(3)  つれづれ日記

去る5月16日は、今は亡き友、シャノンの月命日でしたので、いつもどおりに神棚に彼が大好きだったコーラをお供えしてお参りしたのでございます。
相変わらず、私の人生はシンドイことばかりで決して楽にはなりませんが、それでもこうして彼の遺影を見ながら手を合わせていると、何故か心がホッとするのでございます。
彼には妹がおります。
写真を見ると、けっこう彼に似ております。
しかし、今現在は彼女のFACEBOOKに友達リクエストを送信する気はありません。
今も彼の遺族は今も深い悲しみに包まれているのが、わかるのであります。
今はそっとしておくのが一番良いのであり、のこのこ出しゃばったマネをすべきでないと思うからでございます。
かく言う私も、実のところギリギリの生活を送っております。
毎日、FACEBOOKを開いているからヒマだと思われるかもしれませんが、むしろ今の私の人生はFACEBOOKの、それも海外の友達によって救われたようなものでございます。
実際のところ、週休2日制のサラリーマンに比べたら、はるかに休みや自由時間の無い生活を送っております。
こうしてブログを書くのも、FACEBOOKに取り組むことも作曲活動も、すべて無い時間をやりくりしながらやってる訳でございます。
・・・
こんな毎日をおくっている私ですが、毎月こうして亡き友の遺影にお参りしていると、心が救われる思いがするのであります。
できることならシャノンに私の守護霊になってほしい、と秘かに思う私でございます。
0
タグ: 月命日 FACEBOOK

2013/5/14

翻訳は大変でございます。  FACEBOOK

以前、ドイツの友人、アンドレアスから日本の新聞記事に載っていた富田勲氏のインタビュー記事を英訳してほしい、と頼まれた事をチラリと書きましたが、今夜、ようやく完成したのでございます。
本業や作曲の合間とはいえ、けっこう日にちがかかったのでございます。
私の場合は、富田氏の口語文を主語、述語をはっきりさせてできるだけ翻訳されやすい文章に直してからGoogle Translatorで自動翻訳する、そしてさらに文章の不自然な部分を手直ししてできるだけ流暢な感じの英語分に仕上げる、といった工程ですすめていったのであります。
これが翻訳機能を使わずに、一瞬にして通訳できれば言う事はないのですが、そこは凡愚の悲しさでございます。
タレントの関根麻里様はスピーチもヒアリングも完璧で、ああなりたいと思うのは常であります。
しかし、作曲でも他の仕事でも、何でもそうですが、思うだけではだめでございます。
実際にやってみなければ、意味がないのであります。
たとえ1ミリでも現実に食い込んでいかなければ、人生の前進はありえないのでございます。
結婚前、今の女房殿の肉体に必死で食い込んでいったことを思い出して、臆せず、前へ前へ突き進むのでございます。
現実に向かって、突いて突いて突きまくるのであります。
そして奥にまで達してもなお、激しく突きまくってクライマックスに突入するのでございます。
その意気込みで今後、少しでも英語ができるようになれば、ありがたいものでございます。
0
タグ: 翻訳 FACEBOOK

2013/5/12

写真(3)  写真、CG

今日も平和公園へ散策に行ってきました。
勿論、カメラを持って行ったのでございます。
もうここへは何十回も訪れておりますが、全く飽きる事がありません。
自然が季節の中で移ろい行く姿を写真に撮るだけでも、楽しくまた、感動をおぼえるのでございます。
前日の雨の日は寒うございましたが、今日は強い日差しで、強い紫外線を浴びて歩くだけで、けっこう疲れました。
早くも木陰の中にいるのが、とても心地よい季節がきたのでございます。
しかし、目の覚めるような新緑を眺めるのは最高の気分なのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 写真 趣味 芸術

2013/5/5

今年もドリアンを買ったのでございます。  グルメ

久しぶりのグルメの記事でございます。
今年も近所のスーパーでドリアンが1個1580円で売られていたので、早速買ったのでございます。
私はこの果物の味が、とても気に入っているのであります。
しかし、我が女房殿と愛娘は臭いが嫌だからと言って嫌っております。
「ああ〜!また、こんなもの買ってきて、もう〜!」
と、言われるのが常でありますが、買ってしまえばこっちのものでございます。
後は何を言われようが、食って食って食いまくるだけでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/1

ヒトツバタゴ  つれづれ日記

自宅の近所に、ヒトツバタゴの木が街路樹として植えられている所があります。
東海地方では、この木は絶滅危惧種として認定されておりますが、このような珍しい植物を真近に見る事ができるのは、ありがたいことだと思っております。
私は昔から、初春に雪のような花を咲かせるこの木が好きなのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ