音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2013/5/29

春の祭典が初演から100年経ったのでございます。  現代音楽

私はオーケストラの曲の中で、ストラヴィンスキーの春の祭典が一番好きなのでございます。
一般的にはクラシックのジャンルに入れるべきですが、今回のお話は現代音楽のカテゴリーに入れさせていただきます。
何故なら、この曲は初演から今年でちょうど100年経ったのですが、未だにこれっぽっちも色あせていないからであります。
この曲に「古典」とか「懐メロ」といった言葉は全く似合いません。
いつ聴いても新鮮であり、永遠にプログレッシブ(革新的)であるからでございます。
私は春の祭典のスコアを持っていて、この曲を聴く時はヘッドフォンをかけて全神経を耳に集中させながらも、スコアにもしっかり目を通しているのでございます。
このような聴き方をして驚く事は、毎回、必ず新しい発見がある、ということなのであります。
非常に複雑なアレンジですが、1つ1つのフレーズやメロディは意外と単純であり、多彩な曲想でありながらも割りと聴きやすいのは、このためかと思うのでございます。
そして、曲のすばらしさは勿論の事、最近はバレエの方にも注目しているのでおります。
私はバレエには元々、興味が無いのですが、ニジンスキーが振付けた初演の踊りを見て、素人ながらこれは凄いと思ったのであります。
どう見ても、これは「白鳥の湖」のような優雅な舞というよりは、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のPVに見るような激しいダンスに近いものですが、この斬新さがまた、私には超お気に入りなのでございます。
これからまた、100年経っても春の祭典は色褪せる事はないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ