音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/4/27

腰痛に罹ったのでございます。  つれづれ日記

ここ最近、腰痛に苦しめられました。
きつい肉体労働が続き、尚且つ、無理をしすぎたからだと思います。
先週は身体を屈めてトイレの中でケツを拭くにも苦労するほどでしたが、痛み止めの薬を飲み続けてようやく少しは楽になってまいりました。
勿論、こういう症状に苦しむ人達は私だけに限らず、世間には大勢いらっしゃることでしょう。
そして私同様、生活のため、家族のために今日も痛みをこらえながら必死で働いている方々もたくさんいらっしゃるわけでございます。
だから私はここでグチを書いて、読者の皆様から同情を誘うつもりは一切、ございません。
むしろ50代になっても、肉体的にも精神的にも充実してその上、自分の夢に向かって邁進し続けている自分を自慢してやっているのであります。
そのくらいまだまだこっちには余裕があるんだぞ、というところを見せ付けてやっているのであります。
そうでなければ、作曲という作業は才能に恵まれない限り、余程、精神を集中させてやらないと簡単にはできないのでございます。
・・・とは言うものの、痛みがピークだったころは、さすがに将来のこととか家族のことで頭の中が不安でいっぱいでございました。
しかし、薬を飲みつつリハビリのつもりであえて働き続けたら、ようやく少しづつ痛みが和らいでまいりました。
この調子でこれからも仕事や趣味に打ち込んでいく所存でございます。
おかげで、腰の痛みに苦しむ羽目になったのは、若い頃、何人かの女性を自慢の下半身でさんざん「ヒイヒイ」と言わせてきた報いではなかったろうか、と考える余裕すら出てくるようになったわけであります。
・・・ありがたいことでございます。
1
タグ: 腰痛 人生 日記

2014/4/22

ラオホビール  

久しぶりのビールの話でございます。
去る3月末日、私達夫婦は久しぶりに珍しいビールをいただきました。
ドイツのバンベルク地方に古くから伝わる、燻製した麦芽で作ったラオホビールであります。
ラオホ(rauch)とはドイツ語で煙の意味です。
王冠を抜くとホワンと鰹節のような香りがし、濃厚な風味が口の中で広がります。
そして、それでいてキレがよくのど越しも爽やか、しかも重厚な味わいでございます。
これは、一口飲んで一発で気に入りました。
ヨーロッパのビールは今迄いろいろ飲んできて、どれもハズレがありませんが、これは飲む直前に思い浮かべていた先入観よりも10倍も100倍もおいしいビールでした。
このビールは名古屋市東区にある酒の大型専門店で購入したのですが、また暇な時に買いに行くつもりでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/4/11


最近、私のFACEBOOKの友達になった方の中で、すごいミュージシャンがいらっしゃいます。
歌里涼(うたさと りょう)さんという、日本人の女性でございます。
実は過去に不愉快なことがあって、自分から日本人、特に近郊に住んでいる人間とはもう関わりたくないと思っていたのですが、友達紹介のページで彼女を見た時、何故かピーンとくるものがあったのでございます。
プロフィル写真を見た時、第一印象は、
「濃い顔のお姉さんやなあ。」
と言う感じでした。
しかし、音楽配信サイトに載っている彼女の作品を聴いたとたん、
「おおお〜っ!」
という、彼女への印象は驚きと感動に変わったのでございます。
それで、すぐに彼女のページに友達リクエストを送りました。
あちらはプロのミュージシャンで、既に多くの友達を持っております。
私など相手にされないかもしれませんが、ダメもとでやってみたのであります。
すると1週間程だったでしょうか、見事、承認となりました。
それ以来、忙しい合間をぬって涼様の曲を聴くようにして心がけております。
もちろん、他のFACEBOOKの友達も素晴らしい曲をたくさん創っている方がたくさんいらっしゃるし、自分も作曲するので、彼女だけ特別聴いているわけではないのですが、それでも1つ1つの曲の完成度が高いのでけっこう印象に残っているわけであります。
涼様は、けっこういろんな配信サイトに自分のページを創っているようですが、ここでは彼女のウェブサイトを紹介いたします。

http://ryo-utasato.jimdo.com/

そして、読者様は実際に彼女の曲を聴いてみてはいかがかと思います。
・・・
実は今朝も出勤前に彼女の曲を3曲聴いておりました。
そのすばらしさに感動しておりましたが、やがて自分自身と比較して、自分と彼女とは才能に関して雲泥の差であることをだんだん思い知らされてきたのでございます。
言うまでもない事ですが、勿論、私は雲泥の中の泥の方でございます。
出勤直前に聴き終えたころには、ほとんど打ちのめされた感覚になっておりました。
しかもこの日はきつい仕事が待っております。
本日の私はかなり精神的につらいものでしたが、夕食を済ませてようやく気分が落ち着いた今、こうしてこのブログを書いているわけであります。
そして、これからも懲りずに私もまた作曲に励む所存でございます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ