音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/7/22

名古屋晴明神社  気になる人、モノ

名古屋晴明神社(なごやせいめいじんじゃ)は愛知県名古屋市千種区にある、陰陽師安倍晴明を祀る神社でございます。
私の家からそんなに離れていないのですが、実は先週、生まれて初めて訪れたのでございます。
場所はナゴヤドームのすぐ傍であります。
行ってみると、、、メッチャ小さい神社でした。
幟が無かったら、歩いていてもうっかり素通りしてしまうんではないかと思った程であります。
安倍晴明というビッグネームに反して、あまりに狭い敷地(境内)の中にこじんまりと祠があるので、このギャップにしばらく動揺が隠せませんでした。
しかし、気を取り直してお参りをすると、なんだか頭に暖かいエネルギーのようなものを感じました。
(多分、気のせいだと思いますが。)
その時、私は思いました。
「名前や規模、歴史が問題ではないんや。
ホンマに参拝してご利益があるかどうかが、重要なんや。」
人間もいっしょでございます。
見てくれが良くても、頭がスッカラカンでは話になりません。
人間、見た目が○割りとか言いますが、中身も大事でございます。
ウソか誠かwikipediaで調べてみると、この神社に関する七不思議まで書いてあります。
だから見た目がどうあれ、ご利益があると思えば是非一度、訪ねてみるとよろしいかと思うのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/7/13

神代杉  

6月1日に奈良の十津川村へ旅した時のことでございます。
前にも書いたように、締めは玉置神社へ訪れたわけですが、疲れた身体で玉置山の山頂へ向かう時のことでした。
途中の社務所にお神酒が置かれておりました。
参拝客は自由に飲めるようになっておりました。
見ると、神代杉という日本酒が置いてあります。
始めて見る酒でした。
後で同行したリラン君から聞くと、ここでしか飲めない貴重な地酒とのことでございます。
普段、ビールやワインばかり飲んでいる私ですが、この日は喉も渇き、疲れきっておりましたので、さっそく社務所の前で立ち飲みさせていただきました。
ほんのり甘く芳醇な香りが口の中を支配していくのがわかります。
「う、うまい!!!」
図々しくも、立て続けに6杯以上飲みました。
リラン君は運転手なので勿論、飲めませんので、香りだけをかいでおりました。
「日本酒も、けっこうええもんやなあ。」
ずうっと貧乏暮らしだった私は、高級な地酒や吟醸酒とか、あまり飲んだことがないので本当の日本酒のうまさを今迄知らなかったと言えるかもしれません。
疲れた身体の中に染み渡るようなうまさでした。
しかも、山頂から下りた帰りにもまた、社務所でこのお神酒をいただきました。
神主さんに見られたら,「あんた、ちいと飲みすぎとちゃうか。」と怒られたかもしれません。
しかし、これもまた今回の奈良の旅の貴重な思い出になったことは確かでございます。
とにかくいろいろな体験ができて、ありがたいことでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
(この写真はリラン君が撮影したもので、今回使用させていただきました。おおきにね。)
1
タグ: 日本酒 地酒 奈良



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ