音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/8/28

動画"Emerald Forest"  動画

最近、生まれて初めて自分で創ったビデオをYOUTUBEに投稿しました。
きっかけは私のFACEBOOKの友達であり、音楽の師匠でもあるドイツのWolfgang Gsell様の友達であるLutz Thuns(ルッツ・トゥンス)様の創ったビデオに触発されたからでございます。
勿論、ルッツ様ともFACEBOOKの友達であります。
ある日、ルッツ様からメッセージが届きました。
「今、ウォルフガングと一緒にコラボレーション作品を創っている。
YOUTUBEにも投稿したいのだが、私達の曲に合った映像を創るためにぜひ君が今迄、創ってきたCG画像を素材として使わせてもらえないか。」
私はこれまで作曲と並行して様々な曲のイメージ画像をCGで創ってきましたが、まさかこのような以来が来るとは思ってもみませんでした。
前回のウォルフガング様とのコラボレーション作品の話と同様、青天の霹靂でございます。
私は2つ返事でOKしました。
その後、できた作品をYOUTUBEで見ると、またまた驚きました。
いくつかの私の画像が見事な1つのアニメーションになっているのでございます。
フェード・イン、フェード・アウトしながら、ある画像が次の画像に微妙に変化していく場面を筆頭に、次々に場面が多彩に変化しながら映像が展開されていきます。
実は今迄、映像にも興味があったのですが、作曲で手がいっぱいなのと、自分のノートパソコンでいろいろできるのか不安だったので、これまでWindoes Movie Makerに一度も手をつけたことすらありませんでした。
勿論、ルッツ様はおそらくPhotoshopのような高級ソフトをMacのコンピューターで使いながらのびのびと作品を創っていることでしょう。
しかし、これを見た私は気持ちに火がつきました。
「よっしゃ、こうなったら、ワシもやったるでええ。」
そう思い立って、初めてWindoes Movie Makerを操作して創り出したのが、この映像でございます。
これは以前、作曲した"Emerald Forest"という曲のイメージビデオとして製作したものであります。
音楽はすでにできているので、後はこれに見合った映像を創ればいいのでございます。
そこで、Windoes Movie Makerは画像の切り替えの機能しかないので、色や形の変化はまた新たに色違いや新たな効果の画像を創り、時間的な変化に富んだ映像を創りました。
こうした工夫をしながら、3時間ほどで映像は完成しました。
そして、これを初めて投稿した時は、久しぶりに緊張しました。
しかし、それからしばらく経って多くのコメントや「いいね!」をいただいてからは、ほっと安心しましたし、やってよかったと思いました。
今後も時間を創って、また次の作品を創ろうと思う所存でございます。

1
タグ: 動画 CG ビデオ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ