音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/10/18

去っていった友  思い出の人達

御蔭様でFACEBOOKの友達は今も順調に増えております。
もちろん、増えるばかりではなく時には減っていったこともあります。
その友達がいなくなる時は知らぬ間にそうなってる場合もあれば、ある事情でこちらから削除してやったこともあります。
或いは、むこうの事情で突然、友達リストからいなくなる場合もあります。

ドイツ南部に住む私より少し年下の男性Eもそうでした。
とても気さくな奴でした。
現在は無職で失業手当をもらいながら暮らしていること、家族はみんなこの世を去って自分は天涯孤独なのだと、あって間もない頃から、なんでもチャットで私に話してくれました。
私は内心、他のFACEBOOKの記事を読むことや早く作曲に取り組みたい気持ちを抱えながらも、折角、話に来てくれた彼の行為を無にしたくないので、できる限りつき合うようにしておりました。
会話はお互い片言の英語でございます。
彼は職を失った頃は絶望の毎日でしたが、FACEBOOKにのめりこむようになったら毎日が楽しくなったと語っていました。
そして、「FACEBOOKの友達なら国籍、人種、職業に関係なく気軽につき合える。
そこがすばらしい。」
と言ってました。
どうも初の外国人の友達は私のようで、それ以降はまるで勢いに乗ったように瞬く間に彼の友達は何百人にも増えていきました。
ある日、Eがチャットでこう話しかけてきました。
「今度、運送関係の会社に面接に行ってくる。」
ここで採用されれば長い失業生活とオサラバできる、と彼は意気揚々でした。
私も過去に転職やリストラの経験があるので、彼の成功を祈っていました。
その後もEは時折、話しかけてきました。
私は内心、就職の方はどうなったのか気になってはいましたが、こちらから根掘り葉掘り聞くのは失礼だと思って、彼の方から話してくれるのを待っておりました。
そう思った頃、やっと彼の口から結果が出てきました。
「実は例の件、うまくいかなかったよ。
やっぱりドイツでは50歳過ぎると、どこもかしこも雇ってなんかくれないのさ。」
私は、下手な英語を駆使して彼にこう言いました。
「心配するな。今は世界中が不況だから、どこで誰がどうなってもおかしくない時代だ。
それよりも、絶対に自分の人生を諦めてはいけない。
今はうまくいかなくても将来、チャンスが回ってくるかもしれないから。」
Eは、「Danke!(ありがとう)」と言ってくれました。

それから、しばらく月日が経ちました。
ある日、久し振りにEからチャットが来ました。
「Dear my Friend! 実は俺はFACEBOOKのアカウントを廃止しなくては、ならなくなった。
I am very sorry.いつまでも元気でな。」
突然のことで驚きましたが、かと言って彼に悪気があるようにも思えませんでした。
なにか事情があるに違いない、今は彼がまたいつかFACEBOOKに戻ってくるのを待つよりしょうがないと思いました。
何より、お互い遠く離れた所にいるのだから、事情を聞いたところでどうすることもできません。
暫くすると、もうEにアクセスすることができない状態になっていました。

それからまた何日か経った頃です。
以前から私とEと共通のFACEBOOKの友達でEと同じ街に住むWから連絡がありました。
Wは最近、Eに会ったことを話してくれました。
「Eは今どうしてる?元気でいるのかね?」
私はあわてて尋ねました。
少し間があってから、Wは答えました。
「He is in the school.(彼は学校にいる)」
私はその返答を読んだ時、全てを悟りました。
SNSが利用が許されない生活環境の中での学校とは、、、。
しかし私は、勿論Wに根掘り葉掘り聞くつもりはなく、こう答えました。
「成る程。私はいつかまた彼がFACEBOOKに戻ってくることを楽しみにしているよ。」
これは社交辞令でなく、本当の私の気持ちに他ならない言葉でした。
人生いろんなことがあるものでございます。
1
タグ: FACEBOOK 人生 友達

2014/10/15

韓ドラの時代劇は面白いのでございます。  気になる俳優

普段の私は、仕事や作曲等で忙しいのもあって、ニュースやプロレスを除いてあまりTVを観ません。
そんな私が、忙しい合間を縫って録画してまで観てるものがあるのでございます。
意外にもそれは韓ドラでございます。
そしてどちらかというと、現代ものより時代劇の方が好きであります。
今まで見てきたものを列挙すると、広開土太王、武神、テジョヨン、チャン・オクチョン等です。
何に惹かれるというと、俳優様達の演技の素晴らしさでございます。
ストーリーは何となく読めそうな展開でも、俳優様達の魅力に惹かれてつい見てしまいます。
もちろん惹かれるといっても、あくまで役者としての魅力という意味であります。
熱烈な一部のファンのオバ様のように、グンちゃんやヨン様を見つめて年甲斐もなく下半身がジワーと濡れてくるわけでも、綺麗な女優様を見つめてムラムラッとドラマの内容と異なる想像にふけるわけでもございません。
韓国の俳優様達は主役はもちろんのこと、脇役の中にも素晴らしい方がたくさんいらっしゃいます。
それで毎回、見応えのあるドラマを堪能することができるのでございます。
それに引き換え、日本のドラマは全く見る気がしません。
今の日本のドラマには殆どJ事務所所属のタレントさん達が出演しておりますが、これがまた、恐ろしいまでに演技の下手くそな方の目白押しでございます。
中には小学校の学芸会レベルのものもございます。
このような物を見ていては時間の無駄だと思って、普段はパソコンや作曲に没頭している次第であります。
ただ、韓国の俳優様方にも気になる点がございます。
それはお顔をかなり工事なさってらっしゃる方が多いということであります。
それは日本の俳優様にも言えることですが、韓国の俳優様はモロにお分かりになります。
特に女優様においてはしてない人を探す方が難しい程であります。
男性の方も、これは明らかにやってるな、と思われる方がけっこういらっしゃいます。
皆さん、素晴らしい才能をお持ちなので外見ばかりにこだわる事はないと思いますが、まあ、それはむこうの勝手でございます。
さて、最後にこれまで見た中で特に印象に残った俳優様を列挙します。
テジョヨンや広開土太王でチョイと口煩い感じの皇帝役を演じたキム・ドンヒョン様。
憎々しい悪役を演じたらまさにこの人しかいないと思わせたキム・ギュチョル様とチョン・ホグン様。
韓国女優の中では数少ないナチュラルな美形でテジョヨンのドラマに花を添えたシム・ウンジン様。
そして主役級の方々はもちろん、皆様、魅力的な方ばかりでございます。
「武神」ではキム・ジュヒョク様と現代ドラマ「ジャイアント」にも出演したチョン・ボソク様やパク・サンミン様。
「チャン・オクチョン」の美しいキム・テヒ様、、、もう紹介し続けたら紙面が足りない程でございます。
1
タグ: 俳優 韓ドラ

2014/10/3

森は心の療養所でございます。  つれづれ日記

作曲に取り組むようになってから、休日は作曲の構想を練るために自然と接するようになりました。
実はこうした自然の中での散策は創作活動のためのみならず、日々のストレス解消にも役立っていることはいつも実感しております。
自分でも長年の苦労で心身ともに疲れきっていることは、わかっているのでございます。
しかし、当初は長年の自分の夢を果たすために始めた作曲活動ですが、今や世界中の友達が私の作曲活動を応援してくれるようになりました。
もちろん、まだ趣味の段階で、これで食べていける状態ではありません。
でもこれからもこれをやり続けたい、という気持ちが後押ししている状態でございます。
実際、部屋に閉じこもっているよりも身体を動かしている方が、曲のイメージが湧いてくるものであります。
それでストレス解消と創作活動という2つの目的のために森に通い続けているわけでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 散策 人生

2014/10/1


先週の金曜日の夕方に、休憩時間中に近くを散歩しておりました。
空を見上げていたら、今迄に見たことのある鱗雲とはちょっと違うな、と思ったので何気なく写真に撮りました。
そして次の日、あの多くの犠牲者を出した痛ましい御嶽山の噴火があったのでございます。
「そんなのこじつけとちゃうか。」と言われれば、それまでですが、実は関東在住のFACEBOOKの友達も変わった雲の写真を投稿したので余計に気になって、今回、投稿した次第でございます。
私は雲の専門家ではないので、これが地震雲のようなものかどうかはわかりません。
こうして写真として眺めてみても、なかなか美しいとも思います。
しかし万が一、これが災害の予兆のようなものだとしたら、複雑な気持ちでございます。
いや、「オッサン、ええ年こいて何、アホなこと言うてんねん。」と笑われてもいいから、これが災害の予兆でないことを祈る気持ちでいっぱいでございます。
被害者の友人、ご家族の皆様の気持ちを思うと胸が張り裂けそうでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ:  災害 予知



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ