音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/11/22

CGの素材は身近にあるのでございます。(3)  写真、CG

最近は曲創りのみならずCGの制作の面白さにも目覚め、僅かな時間の合間にも取り組んでおります。
何気ない写真もCGによって思いもしないような形に変わっていく様を見るのは結構、楽しいものであります。
また、CGは短い時間である程度の作業を進められるので、何かアイディアが思いつくと出勤前や作曲の合間にも取り組むことがよくあります。
しかもこうして出来た作品の断片のようなものも、後でそれらを組み合わせたり加工し直したりすることで、また新しい作品を生み出すことができるのでございます。
だから、作品の創造力は無限に広がるのであります。
それはCGだけでなく、勿論、作曲にも言えることでございます。
このような相乗効果によって、私のような無能無才の人間でも創作活動を続けることができるのであります。
例えば、これは近所にあるマンション脇の歩道にある石のガードです。

クリックすると元のサイズで表示します

この石の球の写真を加工して、これまで2つの自作曲のイメージ画像を創ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
"Yaksha And Yakshini"

クリックすると元のサイズで表示します
"Rainbow Chaser"

"Yaksha And Yakshini"の画像では石球以外に名古屋市千種区にある平和公園で撮った法輪のレリーフの写真も素材に使っておりますが、"Rainbow Chaser"では素材はこの石の球の写真のみでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
法輪のレリーフ

このように様々な効果を使って加工しまくることによって、元の画像からは想像もつかないような作品を創ることができるのでございます。
1
タグ: 写真 CG 芸術

2014/11/16

Penny Bee等の有害プログラム  つれづれ日記

1週間程前から、パソコンのネット画面にやたら大きなバナー広告が元の画面を邪魔するように現れたり、一部の音楽配信サイトで曲の再生ができない、といった症状に悩まされておりました。
このような場合、一旦、リカバリーをするのが一番良いのですが、せっかく入れたソフトや重要で膨大な音楽データ等をまた入れ直すのは大変なことでございます。
レジストリーやデータの復旧ソフトを稼働させても症状が改善されないので途方に暮れていたのですが、ある時、閃いてコントロール・パネルを開きプログラムのアンインストールの画面を立ち上げ、隈なく不審なプログラムがないか探してみました。
すると、Penny Beeをはじめ、いくつか見慣れない名前のソフトが最近、ダウンロードされていることがわかりました。
勿論、こんなものを自分で入れた覚えはありません。
しかもこれらのソフトについてググってみると、外部から自分のパソコンをコントロールされたり個人情報が漏れる恐れがある、とのことでございます。
このように、いつもと調子がおかしい場合は何か原因があるので、この期間中は一切、ネットショップ等は利用しませんでした。
そして、これらのソフトを削除し、レジストリーの復旧等の作業をしたら見事、私のパソコンは正常に稼働するようになったのでございます。
ようやくほっとしましたがセキュリティソフトが稼働していても、油断するとこのようなトラブルが起きるということを改めて認識した次第でございます。
時間が経って気持ちに余裕ができると今度は多少、怒りも湧いてきました。
「こんな有害ソフトを侵入させる程の技術があるなら、なんでそれをもっと世の為人の為になることをせんのか。」
と思いました。
例えて言うなら、酒に睡眠薬が入っているとは知らずに飲んで眠ってしまっているうちに、新宿2丁目のママに菊の紋を犯されてしまったようなものでございます。
有害ソフトがいつ、どんなサイトを見ていた時に侵入してきたか心当たりがありません。
日頃、作曲活動に専念し真面目にひたむきに生きている私には検討もつかないことであります。
強いて言えば気分転換に時々、完全無修正のエロサイトを見るくらいでございます。
こんな堅物のような私が今後、迷惑な思いをしないようにセキュリティソフトの開発者の皆様方には、より一層の研究に励んで頂きたく存じます。
・・・
このブログを書いていて、昔初めてネットにふれた頃を思い出しました。
いろんなサイトを見て、どれも新鮮に感じました。
私も男ですから当然、エロサイトにも夢中になりました。
夢中になりすぎてある日、パソコンが動かなくなりました。
エロサイトが見たい、いや、ネットで様々なサイトを見て勉学に励みたい一心でその時生まれて初めてリカバリーをしました。
するとめでたくパソコンを復旧させることができました。
それからしばらくして、高学歴でメカに強い弟にこのことを話しました。
「そう、それはたいしたもんだね。」
と弟は言いましたが、顔は冷ややかに苦笑しているようで目は笑っていませんでした。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ