音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2015/3/18

天川村と安倍文殊院、吉野  

3月1日の日曜日に行った、リラン君との奈良の旅はとても充実したものでした。
定番の大神神社の後、私としては久し振りに桜井市の安倍文殊院と天川村へ行きました。
安倍文殊院では国宝の渡海文殊の群像に圧倒されました。
久し振りに素晴らしい芸術作品に出会ってノックアウトされたのでございます。
本物の傑作に対面すると人は言葉を失って、ただただ見入ってしまいます。
もう、ここに1日中、立ち尽くして見つめてもいいくらい素晴らしいものでした。
むしろ、ここから立ち去るのが惜しいくらいに思いました。
下世話な言い方ですが、国宝の傑作を拝んで、しかも抹茶とお菓子をいただくことができて拝観料が700円とは、メッチャお値打ちなお寺でございました。
次に天川村へ行きました。
天川村には有名な天川神社があります。
音楽とゆかりの多い神社で、昔、ブライアン・イーノがセッションをやったことでも有名でございます。
作曲に打ち込む私としては、ぜひまた訪れたいと思っておりましたが今回、21年ぶりにその夢が叶いました。
最後に吉野へ行きました。
金峯山寺の蔵王堂のデカさにここでも圧倒されました。
これは東大寺大仏殿に次ぐ巨大な木造建築であります。
たまたまこの日は法要で中を拝観することはできませんでしたが、久し振りにこのお堂を見ることができただけでも満足でした。
その後、奈良の名物、柿の葉寿司の老舗「平宗」の本店に寄りました。
グルなびに度々、投稿しているリラン君は鮎寿司をカメラに収めたりして、とても満足そうでした。
当然、私が今回、家族の為に買った土産はこの柿の葉寿司のセットであります。
私にとって、奈良はホンマに何度訪れても最高に良いところでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
天川神社

クリックすると元のサイズで表示します
金峯山寺 蔵王堂
0
タグ: 奈良 旅行 神社仏閣

2015/3/15

アゲイン  マンガ

久しぶりのマンガの話でございます。
3月1日に奈良へ行った時、同行したリラン君が楳図かずお先生のマンガの単行本を多数貸してくださりました。
この中には、子供の頃から大好きでもう一度読みたかったギャグマンガの「アゲイン」もありました。
アゲインはあの一世を風靡した名作「まことちゃん」の姉妹作であります。
しかし、主人公はまことちゃんではなく、若返りの秘薬「アゲイン」を飲んで65歳から10代の少年に戻った祖父、沢田元太郎なのでございます。
40年以上の作品ですが、今でも充分、楽しめました。
数十年ぶりに「アゲイン」を読んで、あらためてわかったことがあります。
全6巻の作品ですが、内容は老人が突然少年に戻ったほんの数日間を描いた物語であり、話のほとんどは元太郎が追いかけて他の登場人物が逃げ惑うドタバタコメディーでございます。
私がはじめてこのマンガを読んだ時、「おろち」のような恐怖マンガばかり描いてきた作家が劇画調の絵そのままにここまで徹底してギャグを描いたのはどうしてなのだろうかと、子供心に考えた記憶があります。
そして「アゲイン」があったからこそ名作「まことちゃん」が生まれたということも、あらためて認識した次第であります。
しかし、疾走するようなギャグが延々と続くようで、最後は老人に戻った元太郎が一人夕日を見つめて最終回になるところは、人生の儚さを感じさせるようで感涙ものでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/3/8

鹿肉の時雨煮  グルメ

久々にグルメの話でございます。
3月1日の日曜日に久し振りに友人のリラン君と奈良へ出かけました。
旅の詳細は後ほど、書こうかと思います。
今回は21年振りに訪れた奈良県天川村でリラン君に買ってもらった鹿肉の時雨煮について書きます。
天川神社へ行く途中で鹿肉の看板を見つけたリラン君は興味津々のようでした。
神社の帰りに再びそこに寄り、購入したわけでございます。
彼は気の利く方で私の分まで買ってくれました。
次の日、晩酌で早速いただきましたが、以外に美味しく、とても気に入った次第であります。
酒は大神神社の参道で買った「三諸杉」という地酒であります。
これもまた、おいしゅうございました。
鹿は脂身がなく鯨肉のような食感でさっぱりしてコクがあり、食が進みました。
昔から「大和にうまいものまし。」と言われます。
確かに旅行で行くには最高ですがグルメという点では、奈良は食い倒れの大阪や漬物の美味しい京都に比べるとイマイチ、インパクトに弱い感があります。
これまで何度も奈良へ行ってますが、美味いものといえば柿の葉寿司か茶粥くらいしか印象に残っていませんでした。
しかし、この鹿肉の時雨煮をいただいて久し振りに奈良の美味いものを発見した気になりました。
ただ、奈良公園の鹿は手厚く保護されているのに、ここ天川村では刺身や時雨煮になっているかと思うと、少々、複雑な気分にもなったのでございます。
この日、自分で鹿肉の味噌煮の缶詰も購入して後日、いただきましたがこれも期待以上に美味しいものでございました。
また奈良へ行きたいと思った次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 奈良 天川村 鹿肉



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ