音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2015/4/17

心霊スポット  気になる人、モノ

パワースポットの話をしたので、ついでに心霊スポットの話をします。
YOUTUBE等の動画サイトの中には心霊スポットを探訪する内容の動画がたくさんありますが、私は霊感を多少感じやすい方なので絶対そういう所には行きません。
皆さん、若気の至りというか、そのような所へ行って肝試しをする方がけっこういらっしゃるようですが、ホンマようやるわ、というのが実感であります。
実際、心霊スポットへ行ってから人生がおかしくなったという話をよく聞きます。
君子、危うきに近寄らずでございます。
また、心霊スポットという程のものではないけど、近づくとヤバイと感じる所は身近にもけっこうあるものでございます。
数年前まで、休日にはよく名古屋市内でも有名な墓地公園によく散策に行っておりました。
墓地公園といっても、墓地は総面積の半分以下で全体的には自然豊かな緑地公園であります。
したがって、普段は墓参りよりも散策やジョギングに訪れる人が多い所であります。
ここで散策をしていた頃、時々奇妙な経験をしました。
風景の中に妙に気になる所を感じることがあったのです。
何となく近づいてみると、大抵、そういう所には桜の太い枝に数珠がかかっていたり、時には大きな木の幹の真ん中に5寸釘が打たれていたものであります。
そういう時には決まって誰かに心の中で、
「それ以上、近づくな。」
と言われたような気がしてすぐにそこから離れたものでした。
このような自己防衛本能は重要でございます。
もしその心の声を無視して近づいていたら、今頃どうなっていたでしょうか。
何事においてもそうですが、人生、甘く見てはいけないとつくづく思う次第でございます。
1

2015/4/16

奈良のパワー・スポット  

ここ数年、友人のリラン君と年、1,2回奈良へ行くようになりましたが、神社仏閣の多い観光地としてだけでなく、本当に神がかった土地であるということを、しばしば実感しております。
というのは、奈良はパワー・スポットが非常に多いのでございます。
奈良旅行で必ず立ち寄る大神神社は勿論、近鉄奈良駅から歩いて行ける場所にある率川神社(いさがわじんじゃ)の境内にある蛙石もそうであります。
石に手を近づけると、かすかに気を感じるのでございます。
蛙石を触れた後も暫くの間、手に電気風呂に手を入れたような感覚が残りました。
これによって、少しは運が開けるかな、という淡い期待感もありましたが、世の中そんな甘いものではありません。
必死に努力してやっとで報われるかどうか、というのが多くの人の人生であり、私にいたっては散々頑張っても結局それまでの努力は無駄であった、という経験が何度もありました。
しかし、趣味の音楽を通して多くの海外の方々と交流を深めることができるようになったという点では、以前の人生では考えられない変化でございます。
まだ自分の曲が売れて金が儲かるという段階ではありませんが、お互い励まし合ったり協力しあえる友人が多くできたという点では、むしろお金では得ることができないものを多く手に入れることができたと言えるのでございます。
20代から50歳になるまでの頃は、そうはいきませんでした。
今ほどネットが発達して無かった時代でしたが、それ以前にお金も自分の時間もほとんど無く、周りの連中も私のやることに理解を示す者は誰もいませんでした。
昔のことを思い出すと今でもいたたまれない気持ちになりますが、昔の逆境時代での時間的損失を今の気力で必死で挽回しようとしているのが今の時期であると言えます。
・・・
話は奈良に戻ります。
以前、書いたように今年の3月は吉野へ行きました。
吉野よりさらに南下したところに天川神社があります。
この神社の境内にも、すごいパワーを持った石があります。
それに手を近づけた時も凄い力を感じました。
天川神社は昔、ブライアン・イーノがセッションをやったことがあるだけに、音楽や芸能にご利益がありそうな神社でございます。
ここでも大いにパワーをいただいたので、努力を怠らなければ今後もいい曲を創り続けることができそうです。
他力本願ばかりではいけませんが、逆境に阻まれていると自分一人の力ではどうにもならないことはよくあります。
私の人生は、むしろそうした事の連続でした。
だから、奈良と深い縁ができたことは本当に有難いことでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/4/6

今年も桜が見事でございます。  つれづれ日記

な、なんと2週間以上も更新が途絶えてしまいました。
やる気がないとか、書く事がないとか、じゃなくて時間がないのであります。
趣味が多いことはいいことですが、仕事や入浴、食事を終えた後も分刻みでいろいろやってる状況でございます。
尚且つ、家族との団欒も欠かせません。
そして今年も花見の季節がやってまいりました。
生憎、今年は日曜日に雨が降る日が多いし作曲活動に追われていたので、名古屋の花見の名所である鶴舞公園で酒を飲みながらゆっくり花見というわけにはいきませんでしたが、小幡緑地や白沢渓谷等で花見を楽しむことができました。
写真は名古屋市内にある唯一の渓谷である白沢渓谷の桜の風景でございます。
この写真をFACEBOOKのカバー写真に使用したら、今回も多くの海外の友達から「いいね!」をクリックしていただきました。
今や日本の桜は海外でも好評でございます。
そして、この美しい日本の風景がいつまでも残ってほしいと思うのは私だけではないと思うのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ:  人生



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ