音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2015/5/28

ドイツの人々とビール  

久し振りにビールの話でございます。
と言っても、FACEBOOKの方では今も1週間に一度くらいの割合で自宅で飲んだビールの写真を載せております。
私は個性的で様々な種類を持つ欧州のビールが大好きですので、いつも飲むのは輸入ビール、たまに日本のクラフトビールを飲む、といった感じであります。
高級志向のように思われるかもしれませんが、スーパーやディスカウント店で買うことが多いので、むしろ国産のビールより安いものが多いのです。
そもそも、低収入、労働者階級の私に毎日、高級なワインやビールが買えるわけがありません。
ところで私のFACEBOOKのページでは、相変わらずビールの記事にも多くのコメントや「いいね!」が集中しております。
自分の理想としては新曲が投稿された時に読者の反応が一番多いとうれしいのですが、ビールの伝統がある欧州の人達にいち早く注目してもらうには、こうした記事で「釣る」というのも、言葉は悪いですが1つの手段でございます。
ビールの記事を見てついでに、「ああ、この日本人は曲も創ってんだ。」
と知ってもらえると、ありがたい事でございます。
それにしても、ドイツのビールを掲載した時のドイツ人の反応は、すごいものであります。
ドイツの方々にとって、ビールは生活の一部であり絶対無くてはならないものだと、ひしひしと感じます。
勿論、私も好きだからその日飲んだビールの写真を投稿しているのですから、反応があるのは嬉しい限りでございます。
特に面白いのは、同じドイツでも限られた地域だけで飲まれているビールの写真が掲載された時であります。
ドイツは日本同様、流通が発達しているのですが、意外と地元意識が強いということが最近、わかってきました。
ピルスナーのようなラガービールは全国に分布しておりますが、ケルシュはケルン地方、燻製した麦芽を使ったラオホビールはドイツ南部のバイエルン州にあるバンベルクという町に集中して生産されているようです。
そんなわけで、自分が飲んだことがないような自国のビールを遠く離れた日本で撮された写真が掲載されているのを見ると、中にはムラムラとライバル意識のような感情が芽生える方もいるようでございます。
「これより俺の住んでる街のなんとか、というビールの方がうまいぞ。」
とコメントを寄せる人もいれば、
「コイツは気になる。俺も飲んでみたいから、俺んちまで送ってくれ。」
とジョークを書いてきた人もいました。
とにかく、言葉や人種が違えど共通の話題で盛り上がるのは楽しいものでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は最近の夕食のおかずとKaiserdom Darkです。
本場の黒ビールは、やはりメッチャうまいのでございます。
1

2015/5/21

"Wolfgang Gsell - Circles Of Life"  動画

私は忙しい合間を縫って作曲やCGの制作に明け暮れる毎日をおくっているわけですが、実はもう一つやりたいことがあるのでございます。
それは動画の制作であります。
以前にも書いたように、多くのFACEBOOKの友達がオリジナルの動画をYOUTUBE等に投稿しているのを見て自分も触発されたわけですが、過去に自作曲"Emerald Forest"のビデオを創ったのみでございます。
なかなかそこまでできる時間がないのと、恥ずかしながら現在持っているソフトウェアがムービーメーカーのみでございます。
しかし、やりたいことがたくさんあるというのは、将来の励みにもなるということであります。
希望があるからこそ、現在の辛い状況にも耐えて生きていけるのです。
酒や愚痴でストレスを発散させることが多くの人のやることでしょうが、それでは何も残りません。
私もサラリーマン時代にそうやって生きてきたことがありましたが、今思えば寂しい時代でした。
世の中の全ての人が自分のやりたい職業につけるわけではないので、これはあくまで金儲けと割り切って、趣味や副業に人生の活路を見出すべきだと思っております。
ここに紹介する"Wolfgang Gsell - Circles Of Life"という動画は、私の友人であり音楽の師匠でもあるウォルフガング・グセル様の作品であります。
グセル様はWEBデザイナーや写真家として働きながら、ミュージシャンとしても精力的に活動しております。
FACEBOOKにも毎日のように自分の作品(音楽、写真、動画)を投稿しております。
前にも書いたように最近はラジオ番組のDJも担当しており、彼の生き様を見ているだけでも私は励みになるのでございます。
彼は私より年上ですが、とても老け込んでいるようには思えません。
いつも活発に創作活動に励んでいるように感じられます。
彼のような生き方は、まさしく私の理想であると言えるのでございます。

0
タグ: 動画 YOUTUBE ビデオ

2015/5/16

物に執着するなかれ  気になる人、モノ

最近、名古屋のゴミ屋敷のことがニュースで話題になっております。
家の中どころか、家の前の道路にまでゴミが山積みされ付近の住民の迷惑になっております。
ゴミ屋敷の主は、ゴミに囲まれながら外で寝起きしている状態に関わらず、再三の当局の撤去通告にも応じようとはしません。
こういうことを仕出かす人間には共通の特徴があります。
他人がゴミだと言っても、本人は「これはゴミではない。」と言います。
そして、目に入った物は、全て自分の物だと思う点でございます。
さらに、自分の周りが物に満たされていないと不安になり、一度手に入れるとそれを手放したくないと思うのであります。
病的なまでの物への執着ですが、普段から自分の考えに凝り固まっているので、人の意見等、聞くわけがありません。
しかしながら、こういう性格の人間は大なり小なり、結構いるもので不運な場合、身内の中にこのような人間がいると他の家族が大変な思いをしなければならないのが辛いところでございます。
しかし、この世は諸行無常、形あるものは永遠ではないのです。
必要最小限の物だけ揃えて、ゆったりと過ごすのが一番でございます。
私も過去に物に執着して失敗したことがあります。
自分の作品を高音質で残すために、当時、なけなしのお金でオープンリール・デッキやDATを買いました。
さらに、それらの機材に必要なテープが店頭処分品で売られているのを見ると、これまた、なけなしのお金で買い込みました。
しかし、時代の流れでこうした機材が時代遅れになってきたり壊れたりすると、折角買ったテープがほとんどろくに使わないまま残りました。
結局、残った物はリサイクルショップへ持って行ったり、不燃ごみとして捨てたのであります。
他の楽器やエフェクター等の機材に関しても同様であります。
現在、自分の作品は全てDVDや掌ぐらいのハードディスクに保管してあります。
それ以外にも、GoogleDriveにも保管しているので、万一、地震が起きて着の身着のままで逃げ出した後でもパソコンでいつでも読み込みができるようになっております。
これまで70曲以上創って合計の演奏時間がだいたい7時間くらいでしょうが、データの容量としては全然余裕でございます。
車も10万キロ以上走るとあちこちガタがきますし、自動車保険料も割高になっていきます。
家も修繕や維持にけっこうお金がかかります。
今、私はマンションの管理の仕事を主にやっておりますが、古い物件の修繕は大変であります。
特に水周りの修理には頭を悩まされます。
どんな良い車や家を買っても、満足するのは初めのうちだけでございます。
長い目で見ると、かえって所有者の負担にもなりかねません。
それでいながら他人から、
「たくさん、不動産や財産をお持ちで羨ましいですね。」
などと、お世辞を言われて「ウハハハ、、、」とカラ笑いする御仁を見かけますが、はっきり言ってアホでございます。
あのガンジーが晩年所有していたものは、衣に止める安全ピンも含め僅かなものだったそうであります。
しかし、彼は多くの人々に彼の功績を賞賛され、ご本人も満足な人生だったと思います。
人間は皆、裸で生まれ裸で死んでいくものであります。
これを悟ることができるだけでも、幸福なことでございます。
ただし、私は若い頃、子作りの練習に夢中になって裸のまま寝て翌日風邪をひいたことが何度かありましたが、これはご愛嬌でございます。
1
タグ: 物欲 人生

2015/5/6

お笑いネタ(4)  FACEBOOK

作曲で忙しい毎日ですがFACEBOOKの方も、必ず目を通しております。
音楽関連のページは勿論のこと、面白いと思ったらどんな分野のものでも見ることにしております。
海外の面白ネタもその1つで、ネクラでねちっこい多くの日本人には考えつかないようなギャグを楽しむことができます。
最近、気に入ったのが、これらのものであります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも一目見て理屈抜きに笑えるものばかりでございます。
このようなギャグが多いのは、最近でこそ日本のアニメがあちらでブームですが、元来、欧米ではマンガと言うと一コママンガが人気の主流だからだと思います。
言わば、これらの作品は一コママンガの実写版若しくはCG版と言えるでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ