音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2016/1/22

エドガー・フローゼ様の一周忌でございます。  タンジェリン・ドリーム

私の音楽に最も影響を与えたと言っていいバンドであるタンジェリン・ドリームの中心人物だったエドガー・フローゼ様がお亡くなりになられてから、早、1年が経ちました。
去年1年が慌ただしい年だったせいか、あっという間のことに感じます。
FACEBOOKには、今年もエドガー様を偲ぶ記事が多数、記載されております。
彼がいかに多くの人に愛されていたか、よくわかります。
画像も多く載せられておりますが、彼の暖かい人柄を感じさせるものばかりでございます。
できることなら、一度生前のエドガー様に直接お会いしたかったのですが、それも叶わぬ夢であります。
生身の彼を見たのは、1983年の大阪フェスティバルホールでのライブで遠く2階の客席から眺めた時だけでございます。
そう思うと、私とタンジェリン・ドリームとの関係は長いものだと、つくづく実感いたします。
御蔭様で現在FACEBOOKでは、エドガー様の妻のビアンカ様、御子息のジェローム様、そして、ピーター・バウマン様をはじめとする多くの新旧のメンバーの方々と友達になることができました。
今は、こうした方々とのご縁を大切にしていきたいと思う次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/21

2016年の初雪でございます。  つれづれ日記

昨日の1月20日は、名古屋でも初の積雪がありました。
生憎、昼には綺麗に溶けてしまいましたが、純白の初雪は美しいものであります。
確かに交通や生活の面で雪の被害は深刻なものですが、私の潜在意識の中にあるのでしょうか、今でも雪を見ると子供のようにはしゃぎたくなるのでございます。
30代のサラリーマン時代には、よくスキーをしに行ったものです。
粉雪のさらさらした感触や雪道を歩く時の雪を踏む、あの感触も好きです。
この年になっても、雪を見ると子供のような気持ちに戻ってしまうのは、まことに不思議なものであります。
何もはしゃぐのは、女性と2人きりで楽しいことをする時だけではないのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ:  人生

2016/1/13

デヴィッド・ボウイ様との思い出  ロック&ポップス

新聞やTVでも大きく報じられましたからご存知の方も多いかと思います。
デヴィッド・ボウイ様が69歳でお亡くなりになりました。
毎年この時期になると、嫌な予感が働くのでございます。
生涯の恩人であり友人であったシャノンやタンジェリン・ドリームのエドガー・フローゼ様もこの季節にお亡くなりになりました。
彼らは何かと不運がちな私の人生に光を与えてくれました。
デヴィッド・ボウイ様も大好きなミュージシャンの一人であり、妻とカラオケへ行った時は彼のヒット・ナンバーの"Let's Dance"や "China Girl"をよく歌ったものでございます。
ただ、作曲はできても音痴で体型もデヴィッド様と対照的な私が歌っている間、妻は笑い転げておりましたが。
彼の作品はどれも一見、退廃的なようで実に創造的なものばかりでした。
それで、直接的というよりも間接的に私に影響を与えたように思います。
デヴィッド様の訃報を聞いた時も、心にぽっかり穴があいたような気分でした。
あの偉大なエドガー様が死んだ時のように、でございます。
FACEBOOKの方も、9割以上が外国の友達なので彼の死を悼む記事がこのところ満載されております。
ご冥福をお祈り申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ