音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2016/8/26

多忙で楽しい誕生日(3)  FACEBOOK

8月の某日は私の誕生日でございます。
現在、私のFACEBOOKの友達は1300人を優に超えておりますが、そのうち200人以上の方々から誕生祝のメッセージを受け取りました。
ありがたいことでございます。
友達の数は、ますます増えていく一方ですが今年も全員に返信を送りました。
簡単なご挨拶もあれば、自身で創った動画や写真を添えてくださった方も大勢おります。
いずれにしても、感謝しなければ罰があたるというものであります。
中には、1日経ってからメッセージを送ってきた方も何人かいましたが、せっかくの誕生日なのに几帳面に返信の対応に追われている私を見かねて、わざわざ遅れて送ってくれたようです。
確かに、きつい労働の後で目こぼしがないように注意をはらいながら全員に返信するのは、しんどい作業ですが、ご好意には答えなければならないし、且つ、楽しいものでございます。
相手にされるうちは花でございます。
相手にされないどころか、避けられるようになったら人間おしまいであります。
その、おしまいと思われる行為を平気でする人間も、あまりにも多いのも現実ですが、どうにかしたろうか、と思うことはありません。
無視するのが一番ですし、彼らは立派な反面教師なのでございます。
ところで、裕福には程遠い生活をしている私は今年の誕生日もスーパーで買った寿司とピザを食べながら家族で祝いました。
尤も、酒だけは贅沢しようと思って、とっておきのベルギー・ビールの大瓶を空けました。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 誕生日 FACEBOOK 人生

2016/8/13

野鳥は賢いのでございます。  つれづれ日記

今日からお盆休みでございます。
ここ数年、休日と言えば午前は森で作曲の構想を練るために散策をして、午後から創作に打ち込むという規則正しい日々が続いております。
まるでベートーヴェンのような生き方ですが、因みに独身時代は給料をもらったら、次の休みは金を握りしめてソー○ランドへ行くという、これまた規則正しい日をおくっておりました。
前にも書いたように、森での散策では最近、新しい楽しみが増えました。
野鳥の餌付けでございます。
今では、私が森のある地点に到着すると、すぐに山雀(ヤマガラ)が飛んできて私の掌にのったピーナッツを食べにきます。
森には、他にも多くの人が訪れるのですが、鳥は賢いので人間の顔や服装をちゃんと見分けてやってくるのでございます。
さらに気づいたのですが、人間同様、鳥も個々によって性格が違うのであります。
慎重に近づいてきて、手の中のピーナッツをかっさらうように銜えて飛んでいくもの、目の前まで寄ってきてピーナッツを銜え、こちらを愛くるしい目でじーっと見つめてから飛んでいくもの、等、いろいろいるのでございます。
また、あきらかに同じヤマガラがピーナッツを5,6個もらいにきたことがありました、。
体調10cm以下の小さな鳥には多すぎる量のはずですが、よく見ると近くの木の枝や幹の穴や割れ目にに、もらったピーナッツを差しこんでいました。
餌を貯蔵していたのであります。
私は鳥達の頭の良さに、ますます感心しました。
それに引き換え人間の中には、家賃を溜めて大家に迷惑をかけ、挙句の果てには月末近くになると、周りの人間から金を借りにまわっていたどうしようもない奴が近所におりましたが、そういう奴にはヤマガラの爪の垢、いや、糞でも舐めろといいたくなるものでございます。
いずれにせよ、自然とのふれあいは心の浄化につながり、日々のストレスを和らげてくれて、ありがたいことでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/8/6

CG製作も楽しいものでございます。  写真、CG

CGの製作も作曲同様、楽しくやっております。
これらの作品は、音楽配信サイトに投稿する曲に付随するイメージ画像として欠かせないものでございます。
最近も「フォト消しゴム」や「カンタン切り抜き写真」といたソフトを買いました。
「PHOTOSHOPを使えばいいじゃないか。」と思われるかもしれませんが、あれは負荷が重いのでわたしのパソコンでは、少々しんどいのと機能的にまだ使いこなせてないのが実情であります。
その点、これらの簡易なソフトは使い方が簡単で、値段も無料か非常に安いというのも魅力でございます。
また、同じ画像をデフォルメする機能でもソフトによって微妙に効果が違うこともわかってきたので、作風によってソフトを使い分けて製作するということも、最近、覚えました。
それで、1つの素材となる画像を複数のソフトで加工して、またいくつかの素材を創り、それらの中から選んだり、組み合わせたりしてまた新たな作品が出来上がる、といった具合でございます。
その時点では没になった素材も、次の作品の素材になるかもしれないので、余程気に入らないものでないかぎりは消去することはありません。
それで、曲ができるとイメージ画像もすぐに出来上がるのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 写真 CG 芸術

2016/8/3

"The Song Of Stone Buddha"  エレクトロニック・ミュージック

ようやく、音楽配信サイトbandcampから3枚目のアルバムを出すことができました。
今回は日本情緒たっぷりの作品集でございます。
"The Song Of Stone Buddha"(石仏の詩)というタイトルで、全13曲、合計演奏時間約60分のアルバムです。
ジジ臭い内容と思われるかもしれませんが、子供の頃から自然の中で過ごすことや神社仏閣を訪ねることが大好きなので、いつか取り組んでみたいテーマだと思っていたのです。
音楽も牧歌的な内容のものが多く、二胡やアコースティック・ギター等の生楽器系の音色をふんだんに使いました。
これらの音は本物ではなく。全てVSTプラグイン(コンピューター用の音源)で創りだしたものでございます。
勿論、ただ打ち込むだけでは機械的な音の鳴り方になるので、できるだけ人が弾いたように聴こえるように工夫をこらしました。
このように一生懸命創った数々の作品ですが、配信する前は多少の不安がありました。
「日本の伝統文化の1つをテーマにした曲を外国の人達が喜んで聴いてくれるやろか。」
という心配が頭をよぎりました。
それに今回は前の話に書いたように、パソコンがランサムウェアにファイルを丸ごと破壊されるというアクシデントまでありました。
もし、音楽ファイルを外部の記録媒体に入れてなかったら、アルバム前半の5つの曲は台無しになっていたのでございます。
そんなこんなで、製作中は波乱に富んでおりました。
しかし配信を終えた今は、FACEBOOKにおいてもアルバムに関しては、おおむね好評で、ほっとしております。
それに、ドイツの方をはじめ、何人かの方々がこのアルバムの記事にシェアまでしてくださって、ホンマにありがたいことでございます。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。

https://geuze.bandcamp.com/album/the-song-of-stone-buddha

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ