音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2017/6/9


早いものでなんと8枚目(コラボレーション・アルバムを入れると9枚目)のアルバム"Cosmic Blue"を6月3日にbandcampからリリースすることができました。
今回は全12曲のうち、6曲がリズミカルなものなので、変化に富んだ、わりと聴きやすい内容ではないかと思っております。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。
購入方法は今までの作品同様、ダウンロード専用でございます。

https://geuze.bandcamp.com/album/cosmic-blue

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/4

"Music for open minded people - -心を開いた人々のための音楽"  エレクトロニック・ミュージック

多忙でブログの更新どころではない日々が続いておりますが音楽の方は、お陰さまで順調に進んでおります。
先月下旬には初のコラボレーション・アルバムである"Eisenlager & Yoshimichi Setsuda with special guest Leon - Music for open minded people - -心を開いた人々のための音楽"をリリースすることができました。
Eisenlagerとは、ドイツ人のFACEBOOKの友達であるNorbert Kutz氏のソロ・プロジェクト名であり、スペシャルゲストと銘打ったLeonとは、彼の愛息のことでございます。
このコラボレーション・アルバムを創るという計画は、なんとあちら様から打診してきたのであります。
勿論、私は喜び勇んで8曲程のベーシック・トラックを製作し、彼のdropboxに送りました。
金のためではありませんし、お金になる仕事ではありません。
しかし、自分の力を世に認められるかもしれないきっかけになるでしょうし、国も言葉も違う人と創作を通じて交流ができるという意味では、非常にありがたい貴重な経験でした。
数年前、FLstudioを使って曲作りを始めた時、正直言って、
「こんなことやっててうまくいくかどうかもわからんのに、ワシみたいな訳の分からん日本人の曲など聴いてくれる人など、おるんかいな。」
と、半ば悲観的な気持ちを引き釣りながら創作を続けておりました。
しかし気がついたら、曲数も友達の数もどんどん増えてまいりました。
それまでは、どんなに頑張っても報われないような人生を長きにわたって経験してきたので、このような喜びを得る人生というのは、私にとっては青天の霹靂でございます。
しかし、私の音楽人生はまだ始まったばかりであり、ここで気を抜かずに精進してまいる所存でございます。
さて、話はアルバムに戻しますが。私の創ったベーシック・トラックはノルベルト氏のエレクトロニクス処理によって生まれ変わり、その後、彼が自分の音やレオン君の声を付け加えることによって完成となりました。
自分のパートだけ聴いた感じでは、どのように完成されるのか想像もつかなかったのですが、どれも良い意味で期待を裏切ってくれる桂作となりました。
勿論、私の実力ではなく彼等の力によってここまでやってこれたのは、言うまでもありません。
完成された作品を初めて聴いた時、真っ先に頭の中で大戦後の復興から蘇るドイツの街並みが浮かびました。
日本人の私が加わっても、できた音はまさしくドイツの音でございました。
私の喜びと彼らの誇りが感じられるアルバムとなったのでございます。
興味のある方は是非、こちらで試聴、もしくはダウンロードしてみて下さい。
Eisenlager のページ、あるいは私のbandcampのページのどちらかでも可能でございます。

Eisenlager のページ
https://archive.org/details/Petroglyph539EisenlagerAndYoshimichiSetsudaSpecialGuestLeon-MusicForOpenMindedPeople

私のページ
https://geuze.bandcamp.com/album/eisenlager-yoshimichi-setsuda-special-guest-leon-music-for-open-minded-people

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ