音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2019/4/28


前作から1ヵ月程でbandcampから20枚目のアルバム"Ypsilon"をリリースいたしました。
Ypsilonとは20番目のギリシャ文字のことで、単に20枚目だからそう名付けたのですが、全10曲で今回も90分を超える内容でございます。
短期間でこれだけの作品を創作できる理由は、やはりコンピューターのおかげでしょう。
マウスをクリックするだけで膨大な音源を選び、シンセサイザーの音も好きなように加工し、レコーディングトラックも好きなだけ設定することができ、ミキシングもマスタリングも自由自在であります。
これを本物のスタジオを使ってやったら、楽器の設置、調整、および配線だけでも根気のいる作業になりますし、お金もかかります。
これからもDTM(コンピューターのみで創られた音楽)は、どんどん発展していくでしょうが、しかしそれでも昔ながらのアナログによる音作りも残っていくことでしょう。
あらゆる芸術は今後も多種多様に進化していくのであります。
だが、コンピューターは、あくまで道具にすぎないのです。
重要なのは、作り手の感性であります。
・・・さて、未熟者の身でありながら殊勝なことを書いてしまいましたが、これからも創作活動を続けていく所存でございます。
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。
購入方法は今までの作品同様、ダウンロード専用でございます。

https://geuze.bandcamp.com/album/ypsilon

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/28

インフルエンザにご注意ください。  つれづれ日記

今年の今、世間は10連休の真っ盛りでございます。
しかし、日本人の全てがうかれているわけではなく、正社員でない方、あるいは正社員になれなかった多くの方々は、今も生活費を稼ぐために懸命に働いているのでございます。
私もご多分に漏れず5月6日までのうち、あと2日間は働くつもりであります。
それでも休める日があるだけでもありがたいことだと思っておりますが、最近、頭痛や体のあちこちに痛みを伴うだるさに悩まされております。
これが以前に罹ったことのあるインフルエンザの症状に酷似しているので、休日もできるだけ横になるようにしております。
事実、最近インフルエンザが流行しつつあるとの報道がなされているので、読者の皆様方も充分、お気をつけ下さい。
それで私は、「どうせ抗生物質を飲んでも、すぐに治るわけではない。」ということで、こういう時はすぐに寝るようにしております。
ある日、女房殿は私が夕方のうちに自分で布団を敷きだしたので、
「ちょっと!子供たちがまだ起きてるのに変な真似はやめてよ!」
と、うろたえだしました。
一見、体調が悪いようには見えなかったので、何か別の理由と勘違いしたようでした。
確かに、今までどんな病気にかかっていても食欲と性欲が減退したことは一度もありません。
他の家族に移さないうちに早めに直すために寝る、と言ったらようやくわかってくれました。
・・・
皆様も健康に気を付けて、楽しい連休をお過ごしくださいませ。
0

2019/4/24

限界など糞くらえでございます。  つれづれ日記

あっという間に前のブログ更新から1ヵ月が経ってしまいました。
しかし創作活動は毎日続けております。
そちらの方は順調ですが、最近、夜はYouTubeを見てから早く床に就くことが多くなりました。
なんだかんだと言っても、気がついたらもうすぐ還暦になろうとしています。
ある日、もうワシも年かいな、という思いが頭をよぎりましたが、ちょうどそんな時にこの動画を見ました。



孫正義様のお話ですが、頭が単純なのでおかげですぐに感化され、またやる気を出すことができました。
コンピューターの世界はこれからもますます進化していく、それに伴って私たちの生活もこれからも、ますます進化していきます。
おかげで音楽も美術もまた進化していきます。
そんな時代の中で生きていけることは、なんと素晴らしいことでしょう。
そう思うと、昼の仕事の疲れやストレスも吹っ飛んでしまいました。
孫正義様のおっしゃる通り、限界を作っているのは自分自身なのです。
まだまだやりたいことがいっぱいあるので、もうここらで限界などとこれっぽっちも思ってはならないのです。
このブログの方も、またできるだけ発信していきたいと思っております。
実は書きたいことが山ほどあるのですが、最近は創作活動の方に気力が全部持っていかれて、更新が滞ていたのであります。
有名人と違って、曲やブログを配信するといっても、見てくれる人の数はささやかなものですが、同じパソコンを扱うにしても、エロサイトにハマってウィルスに感染されてリカバリーを繰り返していた10年前の自分とは、だいぶ変わったな、と思う今日この頃でございます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ