音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2019/7/16

Saison D'epeutre他  

久しぶりに自分のブログを読み返して意外な事実に気がつきました。
酒、特にビールに関する話が2015年5月28日を最後に途絶えていたのでございます。
だいたい、近年になってからは月に2〜3回の更新がいいくらいで滞りがちだったのですが、まさかこんなにご無沙汰とは気がつきませんでした。
ただ今も珍しいビールはちょくちょく飲んでおります。
しかも飲む度に写真に撮ってFACEBOOKやInstagramには載せております。
それで結果的に、こちらのブログの方ではお座成りになってしまったわけでございます。
さて、今日は最近飲んだもので特に良かったのを2本紹介いたします。
どちらもベルギービールでございます。

まずは、Saison D'epeutre

クリックすると元のサイズで表示します

伝統的なセゾンビールであります。
いかにも家内制工業の醸造所で作られたような、ひなびたデザインのラベルもたまりません。
750tのシャンパン用の瓶に入っていてコルク栓がついていますが、炭酸も強く、麦芽とホップの重厚な風味が最高です。
このような大き目のサイズのビールは1本1千円以上は軽くかかるので、私にはそう滅多に買える代物ではありません。
それこそ時間をかけて、大事にいただきました。

次には、Mort Subite Witte Lambic

クリックすると元のサイズで表示します

これは自然発酵酵母によって作られたランビックビールの1種ですが、何かハーブでも入っているのか、あの有名なホワイトビールのヒューガルデンのような爽やかな風味とマリーゴールドのような花のような香りが特徴です。
苦味はあまりなく、非常に飲みやすいビールであります。
実はこれ、今日初めて飲みました。
前から知ってはいたのですが、やっと手に入れることができたのでございます。
2本を飲み比べてみて、あらためてベルギービールの世界は奥が深いことを実感したした次第でございます。
0

2019/7/14

最近の作品について(45)  作曲日記

最近のsoundcloudに投稿した作品は以下のとおりです。

"The Ophicleide"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/the-ophicleide

"Imaginary Landscape At AM 5"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/imaginary-landscape-at-am-5

"Arousal"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/arousal

"Dimension Q"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/dimension-q

"Quatrain Of The Light And Darkness"
https://soundcloud.com/yoshimichi-setsuda/quatrain-of-the-llight-and-darkness

今日はゴールデンウイーク以来の久々の連休ということで、午後は少しでも疲れを癒そうと昼寝をしておりました。
実は来月でとうとう還暦になるのですが、今もマンションの管理の仕事もしているので早朝から夕方まで働き、朝の空き時間や夕食後に創作活動を続けております。
しかし、創作意欲やインスピレーションは若い頃より今の方が断然、冴えております。
20〜40代は、むしろ失意と無為徒食の毎日でした。
何をやってもダメな時期があまりに長いと、自暴自棄や自殺への道をたどってもおかしくはないのですが、今のところはなんとか持ちこたえています。
これで家族がなかったら、今頃どうなってたかわかりませんが。
しかし、挫折や絶望を人より多く経験した分、人に優しくなれるし説得力を持った作品も創れるのではないか、とも考えております。
文学を含めて多くの他人の作品に接していていると、その人の人生が作品に反映していることを幾度と感じます。
できることなら自分も、そのような作家になりたいと思っているのであります。
才能や器の大きさでは、とても巨匠と言われる方々とは比べ物にならないことは充分認識しておりますが、これからも創作活動を続けていく所存でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: FLstudio DTM 作曲

2019/7/10

"Harcination Of Resembrance"  動画

前作から2日後にまた新作の動画を配信することができました。
徐々にコツがつかめてまいりましたので、この調子でどんどんやっていこうと思いますが、相変わらず悪戦苦闘していることには変わりありません。
特に画面の分割やその他の編集には、今も手こずっております。
とにかく、わからないことがあればそこで立ち止まることなく、できることからどんどん進めていこうという姿勢で作業を進めております。
また、制作中に新しいアイディアも湧いてくるので、それを実現させるにはどうしたらいいかという問題にも直面するのでずうっと暗中模索の状態が続いております。
しかし苦しいながらも楽しく充実した時間を過ごしているので、やりがいがあるのでございます。
どの動画チャンネルにも配信された曲が収録されたbandcampのページがリンクされているので、この動画を見た方々がそちらのサイトを見てくれることも期待しております。

0
タグ: 動画 CG YouTube

2019/7/8

"Imaginary Landscape At AM 5"  動画

本日、久しぶりに自分のオリジナルビデオをYouTubeに立ち上げることができました。
前作からなんと11か月振りのことです。
こんなにブランクが空いたのは、VideoStudio Ultimateという動画作成ソフトを2019年版にグレードアップしたものの、なかなか難しくて使いこなせなかったせいもあります。
また、今回は作曲ソフトFLstudioの中にあるZGameEditor Visualizerという画像作成用のプラグインでCG用の素材をある程度作り、それらも素材として使ってみました。
しかし、これも作曲では、なかなか使わないせいかだいぶ使用に手こずりました。
よって、今回もかなり悪戦苦闘して完成させたわけでございます。
これを世に出すのはどうしたものか、という気持ちも多少ありましたが、思い切って投稿いたしました。
いつも多忙なので、他のユーチューバーの方々のように毎日配信なんてことは、とても無理ですが、少しはコツもつかめてまいりましたので、できれば次作を早めに創っていきたいと思っております。

0
タグ: 動画 CG YouTube

2019/7/5

"Oregon - Live at Molde Jazz 1975 - NRK TV Norway (Remastered)"  ニューエイジ・ミュージック

日頃、コンピューターで曲創りに励んでいる私ですが、YouTubeでは実に様々なジャンルの音楽を聴いております。
聴かないのは演歌やヒップホップぐらいでしょうか。
今日、紹介するOregonというグループはジャズやニューエイジに属するバンドと言えますが、使っている楽器がオーボエ、ギター、ベース、シタール、タブラ、ピアノ等とかなり変わっております。
しかし、だからといって決して難解な音楽ではなくこれらの楽器の音が自然に溶け合って実にいい味わいを持っております。
実は先日、仕事が忙しかったうえに本業終了後には町内役員の会合にも出席しなければなりませんでした。
ただでさえストレスが溜まっているのに、自分よりは年が上でもレベルが低い人種と関わらなければならなかったので、かなり気持ちがいら立っていたのです。
しかし、食事や入浴の後、彼らの音楽を聴いたおかげで非常に気分がリラックスいたしました。
まさに癒しの音楽でございます。
さて、紹介する動画は1975年のライブですが、オレゴンは今も活動を続けているようです。
70年代後半に交通事故でメンバーの1人が亡くなるという悲しい出来事もありましたが、新しいメンバーが加わることによって見事蘇生いたしました。
各メンバーの演奏技術は神業と言ってもいいくらいで、繰り返し聴いても飽きることがありません。
彼らからもいろいろ学ぶものが多いと、強く実感した次第でございます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ