音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2019/7/16

Saison D'epeutre他  

久しぶりに自分のブログを読み返して意外な事実に気がつきました。
酒、特にビールに関する話が2015年5月28日を最後に途絶えていたのでございます。
だいたい、近年になってからは月に2〜3回の更新がいいくらいで滞りがちだったのですが、まさかこんなにご無沙汰とは気がつきませんでした。
ただ今も珍しいビールはちょくちょく飲んでおります。
しかも飲む度に写真に撮ってFACEBOOKやInstagramには載せております。
それで結果的に、こちらのブログの方ではお座成りになってしまったわけでございます。
さて、今日は最近飲んだもので特に良かったのを2本紹介いたします。
どちらもベルギービールでございます。

まずは、Saison D'epeutre

クリックすると元のサイズで表示します

伝統的なセゾンビールであります。
いかにも家内制工業の醸造所で作られたような、ひなびたデザインのラベルもたまりません。
750tのシャンパン用の瓶に入っていてコルク栓がついていますが、炭酸も強く、麦芽とホップの重厚な風味が最高です。
このような大き目のサイズのビールは1本1千円以上は軽くかかるので、私にはそう滅多に買える代物ではありません。
それこそ時間をかけて、大事にいただきました。

次には、Mort Subite Witte Lambic

クリックすると元のサイズで表示します

これは自然発酵酵母によって作られたランビックビールの1種ですが、何かハーブでも入っているのか、あの有名なホワイトビールのヒューガルデンのような爽やかな風味とマリーゴールドのような花のような香りが特徴です。
苦味はあまりなく、非常に飲みやすいビールであります。
実はこれ、今日初めて飲みました。
前から知ってはいたのですが、やっと手に入れることができたのでございます。
2本を飲み比べてみて、あらためてベルギービールの世界は奥が深いことを実感したした次第でございます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ