音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2022/5/29

傘寺  

今日は名古屋市南区にある傘寺で行ってきました。
町中にある本当に小さなお寺ですが、仁王門が立派なのには驚きました。
境内の小さなお堂の中に意外とは言っては何ですが、素晴らしい仏像が安置されていて見応えがあるお寺でした。
この後、平針農業センターへ寄り、久し振りにここで作られたジェラードを食べたりしました。
せっかくの休日なので、午後もどこかへ行こうと思ったのですが、なんと、この日は名古屋でも気温が33度まで上昇し、いきなりの猛暑日となって耐えきれず、今年初めてエアコンを稼働させて家ですごしました。
群馬県の方では35度にもなったそうですが、まだ5月だというのに、この猛暑では先が思いやられる次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/5/4

日本人が見習うべき欧州のお笑い  FACEBOOK

以前にも紹介しましたが、私のFACEBOOKの友達にウクライナ出身の女性がおります。
彼女は戦争は起きるかなり前から既に別の国に住んでおりますが、母国のことを思うと毎日居たたまれない気持ちでしょう。
しかし、そんな彼女がFACEBOOKに投稿するのは、下記のようなお笑い系のものばかりです。
暗い気持ちを笑いで吹き飛ばせと言わんばかりの強烈なものばかりですが、こうした感覚を陰湿度世界トップクラスの我々日本人は見習うべきだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/5/3

クラウス・シュルツェ様がお亡くなりになりました。  エレクトロニック・ミュージック

ここ数日、心に穴がぽっかり空いた気分でございます。
なぜなら、私が大好きだったミュージシャンの一人であるクラウス・シュルツェ様が去る4月26日にお亡くなりになってしまわれたからであります。
享年74歳でした。
クラウス様はタンジェリン・ドリームとともに70年代からドイツの電子音楽の分野でずっと第一線で活躍されておりましたし、私も彼の音楽から実に多くを学び、影響を受け、愛聴してまいりました。
晩年になっても創作活動は旺盛で、尊敬を超えて、もはや超人という感じさえしておりました。
SNS上で今年の7月に新譜が出るというニュースが出た矢先のことで、FACEBOOKにおいても、やはり欧州を中心に多くの友達がクラウス様を惜しむ記事を上げており、彼の根強い人気や存在感を感じた次第でございます。
合掌。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ