音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/1/24

ディルルバとエスラジ  楽器

ディルルバとエスラジ。
両方ともインドの民族楽器である。
しかし、同じインドのシタールやタンブーラと違って、どちらも弓で弾く。
ディルルバとエスラジの違いは胴の形くらいで、あとはほとんどいっしょと言ってもいいくらいだ。
楽器に詳しい人のブログをいろいろ読んでも、意外と明確な違いを説明しているものは見かけない。
でも、音はどちらもメッチャすばらしいねんな。
どちらもブリッジに端から端までペグ(弦を巻くねじ)が付いていて弦の数がやたら多そうだが、弓で擦って演奏するための弦は1〜2本であと数本はドローン弦、残りは全て共鳴弦だそうだ。
所謂、シタールの弓奏版という感じである。
いずれにしても魅力ある楽器であることには間違いないし、是非一度は生で聴いてみたいものである。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ