音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/5/18

ハッテン場の男(1)  思い出の人達

これは私が独身時代に偶然会った男の話である。
当時、私は会社勤めをしていてその日は仕事の帰りに、
「たまにはサウナでリフレッシュしてみるか。」
と名古屋市千種区の繁華街、今池にあるサウナ「S]へ出かけた。
サウナ「S]は私の自宅からわりと近い所にあるが、入ったのはこの時が初めてであった。
大浴場でどっぷり湯に浸かっていると、突然隣にいる男が、
「ここへは、よく来るの?」
と話かけてきた。
「いや初めてなんですが、元々旅行や温泉が好きだから、たまにはこういう所によってみるのも良いかな、と思いましてやって来たわけなんですよ。」
と私は気さくに答えた。
旅先で見ず知らずの人とこのような会話をするのは、私にとってはよくあることである。
この時も旅行中の時と同じノリで会話をしたのだが、今にして思えば相手は私が自分の事を好意的に見ていたと勘違いしたのかもしれない。
「今日は一人で来たの?
オレも一人だけど、よかったら一緒に話でもしようよ。」
男はあきらかに私より年上の中年でサーファー・カットの髪型、ずんぐりむっくりの体型で身長は私より背が低かった。
この時私は、彼のことを物怖じしない社交的な人間としか見ていなかった。
男はKといって名古屋市の南部に一人で暮らしていると言う。
Kは、私に君は学生時代に何かスポーツでもやっていたかとか、いろいろ聞いてきた。
そしてKは学生時代に柔道をやっていたことを語り始めたのである。
その柔道部の合宿では、稽古の後、風呂場で後輩が先輩の背中を洗うのが恒例行事だったそうである。
Kもご他聞に漏れずある先輩の背中を流した。
すると何を思ったのか、突然その先輩は、
「あっ、うっ、うっ。」
と体をくねらせるようにもだえる始めると、いきなりKの前で仰向けになり、
「K,も、もうがまんできん、は、早くしてくれ!」
と叫んだという。
Kが見るとなんとその先輩の下半身はギンギンに直立していたそうである。
Kは、さすがに驚いて、
「先輩、どうすればいいんですか。」
と聞くと先輩は、
「K、すまんが、早くすっきりさせてくれ!」
と真剣な眼差しで相当、興奮した様子でKに命令したという。
私は唖然とした表情で、
「ははあ、それでKさんは風呂場から逃げ出したのですか。」
と聞くとKは、
「とんでもない。
俺達の時代、運動部の中で先輩の命令は絶対的なものだったから、オレは先輩のモノをちゃんと、しごいてスッキリさせてやったよ。
若いから、最後にイク時はすごい勢いでなあ。
発射したやつが、オレの目の中に入っちゃったよ。」
と言って、なおかつ、
「ドピュッ!う、目ん中、入っちゃった。」
というリアクションを何度も私の前でして見せたのである。
私は目が点になって見ていると、Kは私の顔をまじまじと見ながらこう言った。
「その先輩がね、背格好から雰囲気まで君にそっくりなんだよ。
こうして君を見てると、なんだか初めて会った気がしないんだ。」
初めは面白く聞いていた私も、最後のその一言には思わず、
「冗談じゃない。
そいつと一緒にしてくれるな。」
と言いたい気分だった。
私がそろそろこの場から離れようかな、と思った瞬間、Kは、
「この店の名物は塩サウナなんだよ。
やってみたことがあるかい。」
と聞いてきた。
「いや、まだですけど。」
するとKは、
「折角、ここに来たんだから、ちょっとやっていこうよ。
いいだろ。」
としつこく勧めてきた。
いきなり邪険にするのも失礼だから、塩サウナに入ったら帰るつもりで、私は渋々承諾した。
塩サウナでは自分の体に塩をこすりつけて入るのであるが、Kはいきなり私の体に塩を擦りつけてきた。
「あっ、自分でやりますからいいですよ。」
私はホモっ気が全くないので、男に体を触られるなんてことは絶対イヤだったが、Kは、
「いいから、オレがやってやるから。
君はじっとしてればいいんだよ。」
すると今度は私に抱きつくようにKは自分の体をくっつけてきたではないか。
「やめろ、気持ちの悪い。
ええかげんにせえよ!」
さすがに私はキレてきた。
Kはびっくりして、
「何でそんなに嫌がるんだ。」
とぬかしやがった。
「あたりまえだろ。
ソープランドで綺麗なオネエ様にしてもらうならまだしも、冗談じゃないぞ。」
「でも君は快くオレの誘いに応じてくれたじゃないか。」
「アホか。
こっちはそんな気はさらさらないわ。
話をしようかって言うから、こっちは当然、話だけと思うやないか。」
するとKは、
「一ヶ月前ここで始めて会った○君は、君みたいに拒否しなかったぞ。」
「そいつはきっとホモなんだ。
でもワシは違う。
一緒にしないでほしい。」
するとKは、よりいっそう真剣な表情になってまるで教師が横着な生徒を諭すような口調で語り始めた。
「君はホモが気持ち悪いとか、女でなければダメだとか、常識の枠にとらわれ過ぎていないか。
心の壁を取り除いてもっと自由な発想で人と接するようにしなければ、ダメじゃないか。」
まるでこっちが間違っているみたいに、Kは懇々と言って聞かせるように説教を始めたのである。
人間、あまりにも予測不可能な大胆な目に遭うと、今自分は現実の中にいるのではなく、悪い夢をみてるんではないだろうか、いや、夢であって欲しいと思うことがあるが、この時の私はまさにその状態であったと言えた。
しかし、ここで負けてはいかん、と私はKの気迫に負けじと、気持ちを奮い立たせて応戦した。
「なんでそんなことで、アンタに説教されなけりゃならんねん?
普通に会話をしたり酒を飲むならまだしも、汚らわしいことは一切、お断りだ。」
「でも君はオレの先輩にそっくりなんだ。
だから単なる男同士の付き合いだけでは、オレは満足できないんだ。」
「そんなこと、ワシの知ったことではないわい!」
なかなか折れない私に、Kは、
「まあ、こういう経験が今迄無いから、拒否したくなるのも無理は無い。
また今度会って、またじっくり話でもしようや。」
「また会おうって、どうせまた気持ちの悪いことすんでしょ。」
「君の気持ちが打ち解けてくるまで、オレは諦めないよ。」
「もうけっこうです。」
「そんなこと言わずに、今度いつ会える?」
会話だけ聞いているとまるで男が必死で彼女を口説き落としているみたいだが、悲しいことに男同士の会話であった。
Kがあまりにしつこいので、私は次の土曜日の夜に、このサウナで再び会う約束をした。
するとKは、やっと安心したように、
「次会えるのが楽しみだね。
今日は楽しかったよ。」
と言って、ようやく私を解放してくれたのである。
精神的に疲れきった私は、逃げるようにこのサウナから出て行った。

・・・
その後、私は二度とこのサウナへ足を運ぶことはなかった。
もう、あんな経験は懲り懲りだったし、ちょうどその頃私は親に勧められてお見合いを重ねていた。
しかし、なかなか良い女性と巡り合えないどころか、Kのような男に迫られて大変な目に会っていたので、
「なんでワシだけがこんな目に会わなあかんのや。」
と、今思い起こすと、この時期の私の気持ちは相当に荒れていた。
Kに触られて体がけがれたような気分になったので、名古屋市中村区のソープランドにも何度か行った。
でも人間、地道に生きて行けばいつかは運が良くなってくる時があるもので、それから数ヵ月後、現在の妻と出会い現在に到っているのである。(続く)
0
タグ: 人生 風俗



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ