音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/5/18

ハッテン場の男(2)  思い出の人達

今池のサウナ「S]で会ったホモ男Kの事件から暫くして、私はやけ酒を飲んだり風俗店へ通う日々を続けていたが、それでも元来、自分の思った事を腹の中にしまっておけない性格なので、ある日、友人のTに電話でKに会った事を憂さ晴らしの為に、洗いざらい話した。
Tは、
「せつださんもおかしいぞ。
塩サウナの浴室に二人っきりになるのに、のこのこ、ついて行くんだから。」
と言った。
「だけど、まさかあんなことになるなんて夢にも思わんやないけ。」
「だいたい、そういう所はハッテン場なんだから、相手もせつださんが同意したと思っても無理ないわな。」
「ハッテン場?なんやね、それ。」
「あんたハッテン場も知らんのか?
男同士が出会いを求めてエッチする所じゃんか。
あんた、そういう事も知らずにあそこへ行ったんか。」
「げげっ、当たり前やないか。
ホンマにそういうとこや、と知っとったら、始めから行くわけないやろ。」
私は高校、大学時代にユースホステルをよく利用して旅行したりしたものだが、そこでは初対面の若者同士が仲良く和気あいあいに話をしたり、一緒に旅を廻ったりしたものである。
だからサウナでKに話しかけられた時も、ユースホステルにいた時のようなノリで気さくに応じたのにすぎなかっただけである。
当時既に30歳をとうに過ぎていたのに、ウブ(?)というか本当にそっちの世界の事を知らなかったのである。
そんな私にTは、
「それにしてもその話、面白過ぎるぞ。」
と、こっちが散々な目にあった話をずうっと笑いながら聞いていた。
・・・
この話には後日談がある。
友人Tは、余程暇人なのか好奇心旺盛なのか知らんが、私の話を聞いてから一人で今池のサウナ「S]へ出かけたという。
私はパリ人肉事件の佐川一成に風貌が似たTに、
「ほいでどうやったね。
おみゃーさんに声かけてくるような奴がおったんかね。」
と聞くとTは、
「そんな奴はおらんかったけど、不思議というか、ありえない光景を見ちまったなあ。」
「なんやね、それは。」
「洗い場で男同士でお互いの顔を剃り合ってる奴らがおったんだわ。
片方なんか、うっとりした表情なんかしちゃってさあ。
あんなこと、普通するかあ。」
「ホンマか、気色悪いなあ。
そいつら、やっぱりそっちの気がある奴らとちゃうけ。」
「外見からはそんな事するような人間には見えんのだけどな。」
「どんな奴らだったねん。」
「一人は背の低いずんぐりした体型でサーファー・カットをした中年のオッサンだったぞ。」
「サーファー・カットの中年?
お、おい、そいつ、もしかしたら、この前ワシが会うたKやぞ。」
「世間は狭いなあ、フハァーハッハッハーッ。」
Tは腹を抱えて苦しそうに大笑いしていた。
・・・
妻にも独身時代の思い出話としてKの事を話したことがある。
妻も友人もこの話をするとみんな大笑いをするが、こっちは当時、大変な目に会ったのに他人事だと思って気軽に笑ってらっしゃるのである。
「もしおとうさん(私の事)がその時Kの要求を受け入れていたら、私と結婚してなかったかもしれないわね。」
妻がそう言うと私は、
「アホか、そんなことになるくらいなら、死んだ方がマシや。」
と答えた。
「でも東郷健さんも言ってたじゃない。
『男が男を愛して何が悪い』、って。
キャー、ハハハハハ・・・。」
と妻は一人で言って、一人で笑っていた。
・・・
そしてKに関しては、もう1つ後日談がある。
私が結婚して10年程経った頃、私達家族はある休日に名古屋市天白区にあるスーパー銭湯「T」へ行った。
私が小学生の高学年になった息子と風呂に浸かっている時、洗い場付近で絶えず周りをキョロキョロしている男がいた。
変な奴がいるなあ、と思ってその男を見ると、ずんぐりした体型、年齢に相応しくないサーファー・カット、ん、まさか・・・
「Kだ!!」
私はびっくりして心の中で叫んだ。
あの特徴ある外見は一度見たら忘れない。
あれから10年近く経っているのに、まだ奴はサウナや銭湯へ来ては男を物色しているのか。
ハッテン場に来る奴は必ずシングル(一人でいる者)をねらうというので、私は息子と自分が万が一、また奴に声をかけられないように、大浴場を出るまでピッタリと親子でくっつきながら、警戒するように入浴をした。
スーパー銭湯「T」を出てから、私は妻と子供達にKがいた事を話した。
妻は、
「へぇーっ、本当?
未だにその人、そんな事やってるのね。」
と驚いていた。
あの今池のサウナで会った当時、Kはおそらく私よりかなり年上だったはずである。
だからこの時のKは60代だったかもしれない。
世間一般では孫がいてもおかしくない年だろうが、Kはとうとう結婚もせずに相変わらず男漁りをしているわけである。
「奴はええ年こいても、あんな生き方しかできへんのやろか。」
私はKの事を呆れるような、哀れむような気持ちで思った。
しかし価値観の違いの問題で、こういった事に肯定的な考えを持っている人は、Kに対して私のような意見は持たないかもしれない。
あの事件から私の人生で変わった事は、あれ以来、二度と一人でサウナやスーパー銭湯へ行く事はなくなったことである。
0
タグ: 人生 風俗



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ