音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/11/5

Terry Riley rare footage, live in the 70s  ミニマル・ミュージック

YOUTUBEを見ていたら、頭がぶっ飛ぶような動画が見つかりました。
と言っても、こういう音楽に興味がある人ってそういないでしょうが、私にとってはこんな貴重な映像を公開してくれたイタリアの方に心から感謝したいのでございます。
私は、テリー・ライリーの音楽で特に好きなのが、70年代の自作自演ものであります。
彼の確かなテクニックによる即興演奏とテープ・ループによるフレーズの波に身をよせているだけで至福の時間をすごせるのです。
座って演奏するライリーの姿を見ているとまるで、アメリカ人というより仏教の修行僧のようです。
尤も、彼は当事40歳前にしては、頭髪の方も「お坊さん」のようではありますが。
彼のオルガンは純正律に調律されているそうです。
そのせいかバッハの音楽と比べるととても東洋的に聴こえます。
それに今時の下手なアンビエント・ミュージックよりも、よっぽどかハマります。
彼の自作自演作品の1つである、”Persian Surgery Dervishes”の2枚組みLPを私は今でも持っていますが、勿論、これは永久に我が家の家宝でございます。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ