音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2021/3/21

ラヴェル「ボレロ」トロンボーン・ソロ  近代、現代の音楽

みんなが知ってるラヴェルの名曲「ボレロ」でございます。
聴いてる方には気楽な曲ですが実は演奏する側にとっては、大変なプレッシャーがかかるそうです。
何故なら、メロディーが繰り返される度に聴衆はソロ奏者に釘付けになるので、オーケストラの各奏者の方々は自分の番が近づいてくるとドキドキするそうです。
その中でも一番緊張するんではないかと思われるのは、トロンボーン奏者ではないでしょうか。
だんだんメロディーがユニゾンで演奏されてクライマックスになると思いきや、突然トロンボーンが一人でソロを演奏しなければならず、しかも他の奏者は伴奏だけですので、失敗は許されません。
ベテランでも時々間違う事がある大一番でございます。
聴いてる方も、緊張しながら、「うまくやれよ。頑張れよ。」と心の中で応援したくなる瞬間であります。
人生には、失敗が許されない、しかも俺がやらなきゃ誰がやる、ということが真剣に生きている人程、起きるものでございますが、音楽も他の芸術も、そして人生もよく似てるなあと思う次第でございます。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ