音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2021/1/10

アントニオ猪木「最後の闘魂」チャンネル  気になる人、モノ

私は子供の頃からプロレスが大好きだったので、当然、アントニオ猪木さんのファンでもあります。
猪木さんはプロレス界から去ってから、かなりの年月が経ちましたが今でも意欲的な人生を歩んでおり、いろいろ学ぶべきことが多いと思います。
今でも猪木さんの体からは、強いオーラを感じます。
精神的にまいっている時でも、猪木さんの笑顔を見ると力が湧いてくるようです。
このような方は、今の日本では少なくなったかもしれません。
いやむしろ、いつの時代でも前々回の話の「清兵衛と瓢箪」での清兵衛の父親や、その周りの大人達のような日本人が大半ではないでしょうか。
少年時代をブラジルで過ごし、波乱万丈の人生を生きてきた猪木さんは、人間としてのスケールも日本人離れしております。


0

2020/12/16

浅野祥雲  気になる人、モノ

先日、私が好きな動画チャンネルの1つである”あかまた”にて、岐阜県が生んだコンクリート仏の作家、浅野祥雲の作品が少し紹介されておりました。



このような多くのユニークな作品を世に残した浅野祥雲という方には、私は以前から興味を持っておりましたので、これを機会に私も彼について取り上げてみようと思った次第でございます。
因みに私が実際に見た彼の作品は、愛知県日進市の五色園と犬山市にある桃太郎神社にあるものでございます。
今は閉鎖されてしまった香港のタイガーバーム庭園のコンクリート像を彷彿とさせる、コテコテのB級感がありますが、素人だからこそできる素朴な力強さも感じさせるのであり、またそこが魅力ではないかと思うのでございます。
さらに、彼の生涯について知りたい方のために、もう一つ動画をリンクさせていただきました。



このように晩年まで創作活動に没頭して生涯を終えるということは、芸術を志すものにとって、本望と言えるものであります。
私から見ても羨ましいかぎりでございます。
0

2020/11/10

戦いはまだ終わっていないのでございます。(大統領選挙)  気になる人、モノ

日本でも、多くの方々が注目している大統領選挙ですが、戦いはまだ終わっていないのでございます。
問題は不正選挙の証拠が、どこまで突きつけられるかにかかっております。
この間、トランプ様はゴルフ三昧だったそうですが、一説にはゴルフ場は盗聴器を仕掛ける事ができないので、部下との連絡には最適との見方もあるそうです。
私のような小心者では、とてもそんな悠長な事をやる度量もないので、票数で負けてやけくそになっているのでない限り、さすがトランプ様は大物であると感じました。
バイデン氏が大統領になったら日本と中国の関係に関して憂慮すべき問題もでてきますが、そういった詳しいことは、他の方々の動画で共に学んでいただけたらと思います。
私なりにいろいろ考察してはおりますが、専門家でない私がここで述べるのは省略いたします。
しかし、まだまだこの動向から目を離せないと思います。

0

2020/10/25

日本人の国民性  気になる人、モノ

最近、同じ投稿者のチャンネルから気になる動画を見つけました。





結論から言うと同じ日本人として恥ずかしいですが、この2本の動画を見て同意せざるをえませんでした。
むしろ、ここまで言ってしまって、このチャンネル管理者の人がまた誹謗中傷を受けたり、ストーカー被害を受けたりしないかと心配になるほどです。
もちろん、私も今までSNSやYouTubeに書き込んだコメントに対してアンチのコメントを受けたことが何度もあります。
FACEBOOKでも、不愉快な目にあって相手をブロックしたことも一度や二度ではありません。
そうした相手は99%日本人でした。
また、かつて会社の同僚だった人間をSNSで、たまたま見つけたことがありましたが、この人間の素行の悪さを知っていたので、即、ブロックしたこともあります。
ただ、このユーチューバーの方は声が陰気臭い(失礼)感じがすることもあって、より悲観的な話に聞こえてしまうのですが、もちろん私は全ての日本人がそうだとは思っておりません。
最近は、あまりやり取りはしておりませんが、夜分にもかかわらず親切に作曲ソフトの使い方を教えてくれた方もいらっしゃいます。
そして今も毎回、私の作品を聴いてくれて「いいね!」や励ましのコメントを下さる方もいらっしゃいます。
そのような親切で素晴らしい方々とお会いできたことによって、今の自分があり、自分一人の力だけではここまでできなかっただろうと、自覚しております。
読者の皆様なら既におわかりでしょうが、このようなアンチの人間に遭遇したら、とにかく無視するのが一番です。
関わるだけ時間の無駄であり、そのような人間は人生の敗残者でもあるので、自分自身がわき目も振らずに目標に向けて努力を続けていけば、気がつけば奴らから見て雲の上の存在のような人間になれるのであります。
ただ、もう一言付け加えさせていただきますと、私はこの手の動画よりも「ウマズラビデオ」のような面白くてためになる動画の方が好きなのでございます。
0
タグ: YouTube 民度 人生

2020/6/28

3D視力回復動画  気になる人、モノ

パソコンやスマホを見続けると、どうしても目が疲れてきますが、こんな時はブルーベリーのグミを食べるのもよいですが、3D視力回復動画を見るのもよろしいかと存じます。



画面の一部が思わぬ形に立体的に浮かんで見えてくるのは感動ものですが、いったいどういう仕組みでこうなるんだろう、これをプログラミングした人はすごいな、という気持ちでいっぱいになります。
その原理については、こちらのブログを読めば少しはご理解いただけるかと存じます。

https://note.com/forte_python/n/n31d0e3c244e4
0

2019/8/13

三年食太郎  気になる人、モノ

今日も猛暑日でございます。
このブログを書いている今、名古屋は気温37度であります。
せっかくの休みですが、外に出かけたいという気がなかなかおきません。
しかも普段ならあり得ないことが最近私の体におきております。
食欲がないのです。
女房殿はやっとあなたにも痩せるチャンスが来た、と呑気に言っております。
しかして性欲の方は?と振ってみましたが、
「子供が聞いとったら、恥ずかしくないんか!」
と、また一喝されてしまいました。
女房殿にどやされ、近くで散歩することにしました。
いつも出掛ける公園や森は、日陰ならまだしも日向を歩くのは、かなりきついのであります。
しかも木陰にいると今度はやぶ蚊の餌食になるという悪循環でございます。
これでは森の中で作曲の構想を練るというベートーヴェンのようなことは、とてもじゃないけどできません。
お昼ちょうどになるまでに女房殿が休日に楽できるよう、ピザとすしを買って帰宅しました。
1枚のLサイズのピザを家族で分けて食べましたが、昔は1人でLサイズ2枚を平らげたものです。
しかし、この動画に出てくる三年食太郎様に比べたら昔の私など足元にも及ばないのでございます。



しかも、こんなに食べても太らないのは羨ましいし、不思議であります。
「ブチかまし!」のリーダー田中様がデビュー当時は65キロだったのが今では100キロ超えになったのは、わかりますが彼女は特に変わってないようです。
そこで、その謎を解くには、こちらの他人様の書いたブログを参考にするとよくわかるかと存じます。

https://pentanews.net/3_syouktaro/

日本国内だけでもいろんな方がいらっしゃるものでございます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ