音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2021/1/4

清兵衛と瓢箪  愛読書

これは文豪、志賀直哉の有名な短編小説でございます。
内容は、瓢箪に熱中する少年、清兵衛のことを快く思っていない父親が彼から瓢箪を取り上げ、無理やりやめさせるという話であります。
そして、父親や周囲の大人たちからの抑圧によって、瓢箪を諦めざるを得なかった清兵衛は今度は絵に夢中になるのですが、父親はこれにも反対するという結末なのでございます。

この小説は、志賀直哉の作品の中でもひどく印象に残っております。
何故なら、私もかつて父親から同じような経験をされたことがあるからです。
私の場合は音楽や絵画でした。
よって、子供の頃から50歳過ぎるまで、やりたいことがあっても挫折を恐れてなにもできない苦渋の日々を過ごしました。
そんな私ですが、自分の子供には好きな人生をおくってもらおうと、経済面でも精神面でもできる限り応援しているつもりです。
私の場合は、不幸なことに身内の中に理解を示す者が一人もいなかったことに付け加え、友人や会社の同僚の中にも、同じ趣味や教養を持った者がいなかったことです。
所詮、私の住んでる東海地方というのは、昔から文化不毛の地と言われたところ、加えて、価値観の違う人間に冷たく、陰湿な嫌がらせまでするのが日本人の国民性である、という事実を肌で感じざるを得ませんでした。
そんな私に転機が訪れたのが以前にも書いたように、SNSで外国人の友達と交流するようになり、彼らから再び音楽をやるように強く勧められたからでした。
彼らに会っていなかったら、今でも私は子供の成長を見るのだけが楽しみで、それ以外は失意と無為の人生をおくっていたことでしょう。
wikipediaによると、清兵衛と瓢箪という作品の主題は、「大人は自分の価値観でしかものを判断できず、子供の個性を抑圧する。しかしおさえつけられても子供はその個性をまた別のところで伸ばしていく」というところにある、と書かれております。
作品は清兵衛が瓢箪を取り上げられた挫折から立ち直って、絵に夢中になっているところで終わってますが、彼の父親がその後、清兵衛から絵まで取り上げたら清兵衛は、かつての私のような人間になっていたでしょうか。
私は清兵衛の父親のような人間に対して強い憎悪と軽蔑を感じざるを得ません。
いつも私の創作活動を応援してくれて、初めてアルバムを出した時は、FACEBOOK上に多くのシェアまでしてくれた、故ウォルフガング・グゼル様のようなお方とは、何たる民度の違いでしょうか。
0

2012/10/5

rock magazine  愛読書

この本は1970年代に発行されていたプログレッシブ・ロック専門の雑誌です。
当時、私はこの雑誌を定期的にではなく、気に入った内容の特集記事がある時のみ購入していました。
この1978年8月号はcontemporary music(現代音楽)の特集だったので、迷わず買った記憶があります。
そしてこの本を通じて、私はラ・モンテ・ヤングやデヴィッド・トゥープ、フィリップ・グラス等の音楽家について知ることができたのであります。
このような未知の音楽があることについて、私は夢中で記事を読み、そして魅了されました。
さらに単なる知識としてでなく、実際にこれらの音楽を聴いてみたいという欲求にもかられるようになりました。
それからしばらくして、遂に名古屋市内の中古レコード店で、それらの作品のレコードを手に入れる機会に恵まれたのでございます。
(各作品については、このブログの「現代音楽」や「ミニマル・ミュージック」のカテゴリーにある各記事をお読みください。)
今、振り返ってみてもまさに運命的な巡り合わせと言ってもいいくらい、不思議な出会いだったと思います。
まるで私のライフワークが音楽であることを知らしめるために、天が私の周りにお膳立てをしてくれたような気がしてなりません。
この雑誌は私の運命を変えた1冊と言っても過言ではないのでございます。
しかも30数年経った今でも、時々読み直してみて新たな発見があるというか、読み飽きるということがないのでございます。
無能無才の私ですが、すごい本に巡り会ったものだと、今でも思うのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/9/13

ベルギーグルメ物語  愛読書

ベルギーグルメ物語(相原恭子著、主婦の友社)はベルギーに行ってみたい人、既にベルギーにハマっている人にとってバイブルと言える本でございます。
私がこの本と出会ったのは、既に新婚旅行でベルギーへ行った後ですが、著者自身による豊富な写真を見ていて実際に自分たちが見てきた風景等が写っているのを発見しては、妻とはしゃいだ記憶があるのであります。
もちろん、以前紹介した相原先生の著書「ドイツ地ビール夢の旅」同様、文章も実に魅力的でございます。
ベルギーは知る人ぞ知るグルメの国であります。
ベルギー・ビールのうまさについては、今までたくさんこのブログで紹介してまいりました。
料理に関しても、この世に生まれてよかったと思える程、うまいものがたくさんあるのでございます。
私達、夫婦は新婚旅行中は「ムール貝のプロヴァンス風(トマトスープ味)」をよく食べました。
お菓子では、あちらではワッフルが当時1個40円くらいで売られていました。
チョコレートは、グランプラスの敷地内にあるゴディヴァの店で1人10個程を袋入で買って、街中で食べ歩きしました。
名物のフリッツ(フライドポテト)は好みでマヨネーズやタルタルソースをつけて食べるのであります。
イモもマヨネーズも、てんこ盛りでだしてくれましたが夢中で食べた後は、けっこう腹にきました。
同じ料金でもあきらかに妻より量が多かった記憶がありますが、あちらさんから見たら私がいかにもよく食いそうな日本人に見えて、サービスしてくれたのでしょう。
そしてもうひとつの重要な名物、地ビールに関しても豊富な記事が満載でございます。
自然発酵による製法で作ったカンティヨンのランビックを筆頭に多くのものが紹介されて、目でも充分、満足の行く内容であります。
もちろん好奇心旺盛な方なら、読後に酒の大型ディスカウント店や専門店に走りたくなる方もいらっしゃるかもしれません。
何せこの私もそうでしたから。
発行後15年程経っておりますが、今でもこの本は私にとって貴重な資料でもあるのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: グルメ 旅行 

2012/6/15

ねぼけ人生  愛読書

ねぼけ人生(水木しげる著、ちくま文庫)はあの偉大な漫画家、水木しげる先生の自伝的エッセイであります。
同じタイプの作品では漫画の「水木しげる伝」がありますが、ファンなら両方持っていても損ではない内容と言えます。
この本を読んで率直に感じたことは、
「水木しげるは変わった人である。」
と、いうことでございます。
ただここではっきり申し上げることは、「変わった人」、「変わり者」ということばは私にとって褒め言葉である、ということでございます。
かく言う私も、子供の頃から「変わっている」と散々言われて育ったような人間であります。
世の中には周りと同じようにありたい、世間の話題や動向に遅れないような人間でありたい、と思う人々が少なくありません。
しかし私には、そのように生きることが我慢ならないのでございます。
当然、そのような人間とは気が合いません。
おかげで学校でも職場でも、いつも周りから浮いておりました。
たまに気の合う人とめぐり合って仲良くなることがありましたが、よく見るとその人も変わっていました。
そして、ある程度人生経験を積んできて私なりに悟ったことは、
「退屈は罪なり。」
ということでございます。
この「ねぼけ人生」には、水木しげる先生の売れる前の貧乏時代のことが多く書かれていますが、どんなに貧しくても必ず何か趣味や楽しみを持って生きていた、ということが強く述べられていて私のような人間には共感を得るのであります。
気難しい顔をして一日中、仕事をして何が楽しいでしょうか。
誰もが知っている話題を世間話で出して、お互い心の中で世間の話題についてきていることを認識しあったところで何になるでしょうか。
私はたとえそんな人が自分より地位や金を持っていても、心の中では何の魅力も感じません。
「話題のない」奴というのは、チンカスみたいなものでございます。
私はこれからもたとえ金や地位には縁遠くても、人生楽しく生きて行きたいのでございます。
そんな私にこの本は、ある種のバイブルと言ってもいいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/11

ドイツ地ビール夢の旅  愛読書

次に紹介する私の愛読書は「ドイツ地ビール夢の旅(相原恭子著、東京書籍刊)」でございます。
この本は長年、ドイツに行きたいと思っても未だその夢を果たせない私にとっては、まさに夢のような内容であります。
いつかドイツへ行って、本場のビールを飲んで廻りたいという夢をかかえながら時折、愛知県犬山市にある文化施設リトルワールドへ出かけて”仮想世界旅行”を満喫している私ですが、この本は私にやはり本物のドイツに触れ合わなければならないことを認識させてくれます。
この本に紹介されているヴェルテンブルガー等の名品は、今では私の自宅の近所にあるマックスヴァリューのようなスーパーやディスカウント店でも買えるようになりましたが、まだまだ隠れた名品があることは言うまでもありませんし、地元で満喫してこそ旅の醍醐味も味わえるというものでございます。
著者の相原先生のように自由に外国へ旅ができるように早くなりたいと、毎日のように思う私でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 地ビール 書籍 旅行

2012/4/20

エロスの涙  愛読書

この「エロスの涙(森本和夫訳、ちくま学芸文庫)」はフランスの思想家ジョルジュ・バタイユ(1897〜1962)の最後の著書であります。

クリックすると元のサイズで表示します

この本は「愛読書」のカテゴリーから紹介させていただきますが、私にとって実は決して「愛読書」とは言えないのでございます。
そもそもこの本を買ってしまった動機が不純でした。
私はこの本の内容が気に入って買ったのではないのです。
買ってからバタイユの文章をろくろく読んだことはありません。
恐いもの見たさというか、バタイユの記した本文よりもこの本に参考資料として載っている「あの写真」が見たくて買ってしまったのでございます。
「あの写真」とは知る人ぞ知る、今から100年程前に中国で撮られた「あの写真」でございます。
どうしてバタイユがエロティシズムの解説にあの写真を取り上げたか、それは究極的な苦痛の後に恍惚に達する為だと説いているのですが、SMの趣味のない者にはなんだかわかったような、わからんような論説でございます。
手厳しい言い方になりますが、苦労知らずで裕福な境遇に育ったボンボンのバタイユの文章もあの歴史的な写真の前では、存在感など吹き飛んでしまうのであります。
「お前はバタイユが理解できんのか。」
と言われれば、それまでです。
しかし「あの写真」があまりにもインパクトが強すぎて、どうしてもバタイユの本文よりも印象に残ってしまうのも事実でございます。
その後、ネット主体の世の中になって、実は「あの写真」も根気よくサイトを探せばじっくり見ることができます。
したがって「あの写真」だけが目当ての方にはこの本の購入をおすすめできません。
バタイユの力説を充分、堪能したい方におすすめしたい本なのでございます。
・・・
「あの写真」はバタイユに言わせると、
「私がこれまで見聞したものの中で最も悲痛なもの。」
ということであります。
それは1905年に王侯を殺害した罪人を凌遅処死(百刻みの刑)に処している写真のことでございます。
縛り付けられた罪人を生きたまま身体を切り刻み、手足をゆっくり切り落としていく処刑であります。
写真には処刑中の罪人が恍惚のような表情をしていると言われておりますが、実際には処刑前に死刑囚に阿片を飲ませて苦痛と出血で即死するのを防ぎ、見物している民衆の前でじっくり時間をかけて処刑するためでございます。
中国に限らず、権力者が民衆の前で自分に敵対してくる人間を見せしめのために残酷な方法で処刑する、というのは人類の歴史においては数限りなく行なわれてきました。
現代でも地球上にはまだまだ独裁政権をとっている国が多くあります。
100年前の中国を野蛮と決め付ける資格は我々には無いのでございます。
・・・
「あの写真」をここに載せるべきか悩みました。
日本国内のブログにも載せているものを見たことがあります。
しかし実は、私は初めて「あの写真」を見た時、ショックで半月ほどうなされたことがあります。
日常でも「あの写真」が頭から離れなくて困った事もありました。
そこで一部の読者の方が私のようにならない為に、リンク先だけ記しておきます。

リンク先は、ここでございます。

そこにはバタイユの本に載っている写真以外にも、「凌遅処死」の写真が数多く載っているのでございます。
(「エロスの涙」に載っている写真はこのサイトの4ページにあります。)
恐いもの見たさは誰にもある気持ちですが、どうしても見たい方は心してご覧下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ