音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2013/9/28

奈良 率川神社の蛙石  

前回の話で久しぶりに奈良へ訪れたことを書きましたが、寺院のみならず多くの神社にも参拝にまいりました。
同行のリラン君の意向で大神神社や石上神宮は勿論の事、今回は奈良市内にある率川神社(いさがわじんじゃ)へ初めて訪れました。
率川神社は近鉄奈良駅から徒歩で行ける距離にある都心の神社ですが、奈良市内にある神社では最古のもので、あの大神神社の摂社(せっしゃ。本社に付属し、その祭神と縁故の深い神を祭った神社のこと。)であります。
行ってみると、一見、どこにでもあるような街中の神社という感じでした。
境内もけして広いとは言えません。
ところが、境内の片隅に「蛙石」と書かれた立て札の隣に、見ようによっては確かに蛙に似た形の石が、丸い石の台座の上に安置されているのに気がつきました。
立て札に書かれた由来を読むと、ご利益があるというので参拝の後、この石を撫でました。
すると、暫くの間、手に不思議な感触が残りました。
まるで電気風呂に手を入れた時のような軽い振動のような感触なのでございます。
この感触はその後、10分以上、続きました。
リラン君にそのことを話すと、
「あれはパワー・スポットなんだよ。
せつだ君は、たいしたものだね。
あれを触っても何も感じない人が多いのにね。」
と、答えました。
確かに、私は多少は霊感がある方だと自分でも思います。
しかし今迄、波乱万丈の人生を歩んでまいりましたが、自分が他人より幸福だと思ったことは一度もありません。
そのことをボヤキ気味にリラン君に言うと、
「霊感があることと運が良い事とは、また別問題だからね。
でも決して悪いことじゃないよ。」
と、淡々と答えました。
「そうか、あれはパワー・スポットなんだ。
だからあんな不思議な体験をしたわけなんや。」
私は納得して、うなづきました。
・・・
あれから1ヶ月が経とうとしていますが、相変わらず私の生活は貧乏暇無しでございます。
しかしそれでもめげずに、仕事の合間にFacebookで多くの友達と交流を行い、夜や休日は作曲活動に励んでおります。
自分に運が開ける時が来るかどうかわかりませんが、それでも何もしないよりはマシ、と思ってがんばっている次第でございます。
読者の皆様の中でもし興味を持った方がいらっしゃいましたら、率川神社のHPをご覧ください。
そして実際に訪れて蛙石のパワーを戴きに行かれることをお勧めいたします。
私は幸福を独り占めすることなく、多くの皆様と幸せを共有したいと考えております。
これも徳を積むことになる、と秘かに思っている次第でございます。
1

2013/9/27

奈良は心の故郷でございます。  

少し前のことになりますが、9月1日に友人のリラン君と日帰りで奈良へ旅してまいりました。
名古屋から比較的近いとは言え、奈良市内の方へ出かけるのは20年振りになります。
久しぶりに訪れて思ったことは、奈良は私にとって京都同様、心の故郷なのだと実感したのでございます。
日本の仏像の中で一番好きな興福寺の阿修羅をはじめとする八部衆にも久しぶりに再会しました。
彼らのあまりにも人間味あふれる表情にしばし見入ってしまい、周りで修学旅行のガキ共が騒いでいても目と心は彼らに釘付けになっておりました。
新薬師寺の十二神将や東大寺戒壇院の四天王の怒りと憂いに満ちた表情、法華時や不退寺の観音像のやさしい表情も最高でした。
柿の葉寿司と彩華ラーメンもうまかったし、奈良の町並みの美しさにも目を奪われました。
奈良公園の鹿達とも戯れてまいりました。
猿沢の池、佐保路の町並み、飛火野・・・。
写真もたくさん撮りました。
撮りながら、「どうして今まで、もっとここに足を運ばなかったんだろう。」とさえ思いました。
なにせ、本業もあるし休みも少なく、作曲等、他にやりたいことがいっぱいあるのです。
他のそこらへんに住む名古屋人のように近所のうわさや情報集めに精をだしたり、パチンコで時間をつぶす等、以ての外ですし、そんな気もさらさらありません。
しかし、これからはこれを機会に時々遠くへ出かけて、新たな感動を身につけてまいりたいと強く思った次第でございます。
その日の夕方は、明日からまた仕事があるとは思いつつも、奈良から立ち去りがたい気持ちでいっぱいでした。
そして今は、この日の感動を曲に反映させるべく、作曲にも全力で取り組む所存でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
不退寺

クリックすると元のサイズで表示します
奈良公園、飛火野の鹿達
1
タグ: 奈良 旅行 写真

2012/12/13

奈良 地獄谷の石仏  

この写真は今から20年以上前に奈良で撮ったものです。
この写真も個人的に気に入っているので、スキャナーでデジタル化して自身のFacebookのアルバム”My photos(Landscapes of Japan)”にも収録しております。
貴重な文化財ですので、私が行った時も石仏のある洞穴の入り口は鉄格子で守られておりましたが、最近は訪れていませんので今はどうなっているのか、わかりません。
もちろん、文化財ですので個人ブログでしかこの写真を載せるつもりはありません。
当時、私は円成寺から峠の茶屋、首切り地蔵と山道を歩き、この石仏までたどり着いたのですが、私以外に観光客はおらず、奈良の自然の奥深さも存分に味わうことができました。
この山道を歩き通したら、一転して観光客で賑わう奈良市の商店街に到達した時はまた、感慨無量でした。
・・・
この頃の私は奈良との縁がとても深い時期でありました。
あの有名な写真家、故入江泰吉氏と偶然お会いできたのもこの頃でございます。
しかしそれから間もなくして私は今の妻とめぐりあうことができ、家庭を持つことができましたが、しばらく奈良とは縁遠くなっておりました。
しかし最近、友人のリラン君と大神神社へ2度訪れるようになったりして、再び奈良との縁が復活したうように思います。
奈良は私にとって前世、現世と重要な縁を持つ土地であることは、間違いないと思うのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 奈良 石仏 文化財

2012/9/13

若宮八幡宮  

名古屋のパワースポットと言うと、名古屋市のほぼ真ん中に位置する有名なA神宮の名前がよく上がりますが、実はその道に詳しい方に言わせると中区の若宮大通り(通称100メートル道路)に沿った所にある若宮八幡宮こそが真のパワースポットだというのでございます。
灯台下暗しでございました。
昔から何度も前を通ったことはあっても、パワースポットだとは全く知らなかったのであります。
何せ、私の自宅から数キロの所にあって自転車で15分程で行ける所にあるのです。
しかしそう聞いた以上、是非行ってみようと思い、去る9月2日の日曜日に行ってお参りしてきたのでございます。
非科学的だの、アホとちゃうかだの、言いたい奴には言わせておけばいいのです。
今までの人生よりも少しでも運が良くなるなら、何でもやってやるのであります。
何事も人生にはやる気と努力が必要ですが、それだけではいけません。
一番必要なのは運なのでございます。
もし努力だけで人生うまくいくなら同じ位努力しても、人によって成功する人としない人との差が生じるのは何故でしょうか。
例えば町工場の経営者を例にとると、ある人は一代でのし上がるかと思えば、ある人は散々働いた挙句に最後は不渡り手形を掴まされて自宅で首を吊る人もいるのでございます。
若い時から、そのような悲劇や様々な人達の生き様を多く見聞してまいりました。
私自身もはっきり言って、今まで一度も日の目を見たことのない隠花植物のような者でございます。
音楽や芸術がが好きでも、そのようなことに没頭していられるような恵まれた環境に生きてこれたわけではありません。
むしろ自分のことを、浮世離れした人間から最も程遠い世界に生きてきた者、と言ってもいいかと思います。
さて、この日はまるで初めて訪れる聖域に入るような感じで、若宮八幡宮へ訪れました。
よく見るとなかなか崇高な作りの社殿であります。
私は今後の自分の人生が少しでも良きものであるよう、しっかりお参りしてきました。
今後もここを訪れようと思っている次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/7/1

石上神宮と大神神社  

今日、7月1日は久しぶりに奈良へ出かけたのでございます。
家庭と仕事に追われ、18年ぶりでしょうか。
名古屋から日帰りで楽に行ける所なのに、随分ご無沙汰しておりました。
今回のこの日帰り旅は、友人のリラン君の提案でした。
彼は毎月、奈良県桜井市にある大神神社にお参りに行ってるそうで、今日は私がそれに参加させてもらう形になったわけでございます。
中年の男同士2人の旅ですが、少なくとも私はそっちの方の趣味はありませんので念のため。
リラン君は学生時代の同級生であると同時に、FBの友人でもあります。
FBは私に本当に多くの幸運をもたらしてくれました。
私はマーク・ザッカーバーグ氏が今でも神様のように思えるのでございます。
さて、今日は日本の神様をお参りに行ったのでございます。
大神神社は日本でも有数のパワー・スポットとしても名高いところであります。
自他ともに運も才能も金も無いと認める私が少しでもご利益にあやかろうと、今日は早朝から張り切って出かけたわけでございます。
と言っても、実際には日ごろの疲れと寝不足で車内ではほとんど寝ておりましたが。
東名阪自動車道を通れば、名古屋から奈良まで2時間ほどで行けます。
今回の日程は、リラン君の都合で午前中のみの巡礼となりましたが、天理市の石上神宮と桜井市の大神神社と廻り、早めの昼食に温麺とざるそば、柿の葉寿司を堪能しましたので、私としてはかなり満足できました。
何より、久しぶりに奈良の地に訪れることができたのが、感慨無量だったのでございます。
ここは私の心の故郷でございます。
ここに来るだけで、心洗われるような気持ちになるのです。
ところで、私は決して他力本願だけの人間ではありません。
人間、いくら努力しても報われないことは多々あります。
むしろ、真面目に生きている人ほどそんな経験をすることが多いのではないでしょうか。
やるだけのことはやって後は天命を待つのもいいですが、さらに自分の人生にもう一工夫、というか、自分に運を取り込む工夫をするのは必要なことだと私は思うのでございます。
私のこうした文章を読んで、鼻でせせら笑う人間はおそらく今まで大きな挫折を経験したことのない苦労知らずな人間だと思いますが、逆に言えば、私もそうした人間並みに運気が上がるといいな、と思う次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/3/25

愛知県津島市「鶴見酒造」へ行ったのでございます。  

今日は高校時代の同級生の「名古屋のリラン」こと、N氏のお誘いで愛知県津島市のある、「鶴見酒造」という造り酒屋へ行ったのでございます。
名古屋市内から約1時間程、着いた頃には地元のお客でごったがえしておりました。
現地は売店あり、試飲コーナーあり、そして日本酒の製造工場の見学もできるという、好奇心旺盛な私にはどれもうれしい催しでした。
今回、この鶴見酒造は地ビールの製造にも乗り出し、この日はビターエールを試飲することができました。
ビール好きな私ですが、この日試飲したものでは吟醸酒が特にうまかったのでございます。
さすがは伝統ある造り酒屋さんであります。
昔から「二兎を追う者は一兎を得ず」と言いますが、鶴見酒造様はこれからも地ビール、日本酒の両方ともうまい製品を作り続けていただきたい、と思う次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
鶴見酒造の試飲会場

クリックすると元のサイズで表示します
清酒工場の内部
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ