2007/7/6  23:12

恒例!初夏の遠征釣れない記〜o(^▽^)o  釣れない記

竹芝桟橋を、船が出ました。目指すは、O島!(@_@)

最近は、遠征しても釣れない事が多いので、あまり過大な期待はしないようにしています(^_^;)

狙いは、ズバリ、尺ネンブツ〜!(^O^)/
クリックすると元のサイズで表示します

<プロローグ>
前の週の日曜日、少し右足の踵に違和感を感じました。靴ずれという感じは無く、筋肉痛のような痛みなので、どこかでぶつけたか、歩きすぎかな?と思い、バンテリンを塗って寝てしまいました。ところが、月曜日はどうにも痛くてしようがなくなりました。遂に右足を引きずって歩くようになってしまったので、火曜日に会社の近くの外科に行ってみたんです。

すると、

受付時に看護婦さんが踵をチラッと見ただけで、先生は良く見ずに、

「んじゃ、切りましょう。」

「ええーっ(@_@)」

いきなり手術です。せめて、診察して欲しかった・・・

早い話が、傷口に雑菌が入って化膿してるだけで、切って膿を出してしまえば、大丈夫という、簡単なものだったらしいです。

酒飲みは麻酔が効き難いという噂を良く聞きますが、正にその通りで、手術している最中に切れ始め、少々傷みが襲ってきました。最後の一針は結構キまして、

「あ痛っ!」

と小さな声で言ってしまいました(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します翌日は偶然休みを入れていて、予定では平日釣行をするつもりだったんですが、先生から毎日消毒に来るようにと言われていたし、雨も降っていたので、家でゆっくりしていました。と言っても、会社の近くの病院なので、半日かけて消毒に行きましたけど。地下鉄の乗換えとか大変なので、車で通院しました。

ちなみに、翌木曜日は北海道日帰り出張、金曜日は都内2ケ所巡回と歩き回り、2日間とも2万歩を超えてしまいました。革靴がまだ履けないので、左足は革靴、右足はサンダルという怪しい格好で飛行機に乗ってしまいました(^_^;)

北海道の会社の人に話したら、ウケました(^^)v

まあ、そんな足の状況で向かえた週末。それでも遠征に行ってしまいました。ヨメさんには、止められたんですが(^^ゞ

************************************************
夢のO島初日
2007年7月7日(土)6:00〜10:00 O島 東側の港,10:30〜11:30 西側の港,18:00〜22:00 東側の港
5時過ぎに現地着。
レンタカー屋さんが迎えに来てました。我々の格好を見て、

「お客さん、釣り?ルアーですか?コマセ使う?あ、そう、使うのね。そしたら車を釣り用に変えますから、待ってて下さい。」

という事で、なにやら釣り用の車を用意してくれるそうです。ものの15分程の待ち時間ですが、その間にもう一人のレンタカー屋さんから、情報収集。有意義に過ごしました。

軽自動車で申し込んでいまして、最初用意されていた車は、普通の軽の乗用車でしたが、釣り用で届いたのは、ワゴンR!
レンタカー屋さん、太っ腹〜(^o^)/
僕の身体を見て、狭いと思ったかどうかは、謎(^_^;)

しかも、シートに3人分ビニールを掛け、後部座席のひとつを倒してレジャーシートを敷いて荷物・竿置き場を確保、
トランクにもレジャーシートとトレーを敷いてありました。

「コマセを使うと、その気はなくても汚れますし、それでクリーニング代を請求するのもお客さんに悪いから。」

すごい!良く気がつくレンタカー屋さんです!客商売のカガミですねぇ(^^)

朝5時なのに、宿の人もお迎えに来ていただいていて、レンタカーで釣りに行きますと挨拶したら、

「お客さん、釣りするの?おっきいのが釣れたら、料理してあげるから、がんばって!」

う・・・プレッシャーが(*_*)

で、釣り場を探してウロウロしていると、朝の良い時間がもったいないので、船の着いた桟橋で釣りをする事にしました。雨が降っているのか、降っていないのか、今にも振り出しそうなお天気ですが、結構釣りをしている人がいます。

桟橋の先端には、特に人が入っています。3人ぐらいしか入れない場所に、4人は並んでいます。よっぽど良く釣れるんでしょうか?少し離れたところで、開始します。こんな所へ着てまで、混んでる所で釣りはしたくないですから(^^ゞ

何をやったらいいのか、分からないので、エギを投げたり、ジグを投げたり、カゴ釣りをしたりと、イロイロやりました。もっと絞り込んで、通せば結果が出たかもしれませんが、どっちつかずで何も釣れませんでした(T_T)

港の人が近付いてきて、砂の荷下ろしをするので、少し避けてくれと仰います。島の人は、みんな親切ですねぇ(^^)

少し移動して、しばらく釣りをしていると、先端の一人の竿が撓っています。しばらく見ていても、一向に上がる気配がないので、近付いて見てみました。すると、タモ入れされたのは、なんと、メジマグロです(@_@;)
しかも、60アップ!(@_@;)(@_@;)
クーラーボックスを覗いたら、更に大きなメジマグロがもう1匹と、50アップのメジナが入っていました(@_@;)(@_@;)(@_@;)

さすが、O島!これでなくては、遠征した甲斐が無いというものo(^^)o
俄然、やる気になりましたが、やっぱり何事も起きません(*_*)

今度は左隣の、パッと見素人さんぽい人の竿が撓ってます!
近付いてみると、30アップのブダイでした。

この時、ブダイはあまり良い印象を持っておらず、

「なんや、ブダイか。」

と、心の中で思ってしまいました。

本当はどうなのか、は、後述するとして、話を先に進めましょう。

ふと、若いお兄ちゃんが近寄ってきて、コマセ要りませんか?と言われたので、ありがたく頂きました。アミコマセ2袋と、オキアミ1袋もあって、びっくり!使うつもりだったけど、雨が降ってるから使わなくなりました、とのこと。ありがとうございました〜(^o^)/

その後、しばらく釣りましたが、結果が出ないので、移動することにしました。
レンタカー屋さん情報により、反対側の港へ行きました。

港の前にある土産物屋さんで、コーヒーを飲みつつ、更に情報収集。親切に教えてくれるマスターで、ヨカッタ(^^)
島の人は、みなさん親切です♪

************************************************************
2007年7月7日(土)10:30〜11:30 O島 西側の港

さて、桟橋に降りて、どうしたものか。

何週か前にTVの釣り番組でエギングをやっていた桟橋ですが、先端では作業をしているし、手前には、まばらですが、釣りをしている人が居て、入れません(T_T)

クリックすると元のサイズで表示します仕方なく、先端の少し手前でジグサビキを開始。底では反応がないので、表層をシャクってみると、イワシが釣れました。メインはウルメのようですが、マイワシも居ました。
美味しそうだったので、手開きにして、その場でパクッ(^o^)

クリックすると元のサイズで表示します
美味しゅうございました\(^o^)/

しばらく釣っていても、イワシ以外が釣れない(同行者がミニカマス他を釣りましたが、割愛)ので、お昼ご飯にしました。

港の近くのお店「かあちゃん」
ネーミングが良いですね(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します

磯ラーメンを注文しました。

普通、海鮮ラーメンは、塩ラーメンが普通ですが、予想に反して味噌ラーメンでした。
ラーメンというよりは、海鮮味噌汁を飲んでいるようで、これはこれで、なかなか美味しかったです(^。^)

島唐辛子がたっぷりかかっていたのですが、辛さは全く無く、なんとも言えない香りが漂っていました。好き嫌いは分かれるかもですね。

宿に一旦入り、休憩して、風呂に入って、晩ご飯を食べて、再出発!

*****************************************************
2007年7月7日(土) O島 東側の港

船が着いた桟橋にしました。近いですからね(^^ゞ

朝のうちはシトシト雨が降っていましたが、すっかり雨はあがっていました。釣り人がたくさん居ます。地元の人達みたいです。子供が後ろで遊んでいたりして、のんびりしています。

みなさん、電気ウキを点けています。バケツを覗いてみると、アジがたくさん入っています。アジ狙いという事で、僕もバクダンにしました。

荷物を減らす為に、磯竿は1本しか持ってきていません。遠投用3号。小アジを釣るには、ごつすぎますね。鈴なりに釣れないと、引きが楽しめないでしょう(^_^;)

しばらくやっていると、同行のタケちゃんが、サバゲット!30オーバーのゴマサバでした。すると、僕のウキもスポッと入り、同様のゴマサバゲット!(^^)

とりあえず、首を折ってバケツに放り込んで、仕掛けを投げます。すぐにウキに反応があり、ウキが寝てしまいました。食い上げです。サバ独特のアタリです!

が、巻いてみると、全然引きません(?_?)
外れたかな〜?と思っていると、なんと、小アジサイズの小サバ(@_@)
エサ用にバケツに放り込んで、すぐ次を狙います。

やっぱりすぐにアタリがあり、今度はウキがスッポリ入る明確なもので、普通サイズのサバゲット〜(^^)v

サバを宿に持ち帰る訳にもいきません。別にいいんでしょうけど、恥ずかしかったので(^^ゞ
これ以上サバを釣っても、持ち帰れないから、やめて、少し違う釣りを。

さっきの小サバを切り身にして、足元に落としたズボ釣りで、居るかどうかわからないカサゴを狙いました。カサゴですよ!カ・サ・ゴ!

決して違うものを狙ってる訳ではありません。まあ、釣りには外道が付き物ですから、釣れてしまったものは仕方ない、弱っていたら仕方ない、ということもありうるので、キープするかもしれません(^_^;)

カサゴ竿は置き竿にしておいて、エギを投げようとすると、すぐさまアタリがありました!慌てて竿を持ち替えますが、空振り(*_*)

こうなったら、エギなんか投げてるヒマはありません。カサゴ竿に専念します。

コンコン

すぐにアタリ!今度はヒットォー!
グングンと魚らしからぬ引きをします・・・(・・?

クリックすると元のサイズで表示します50cmぐらいのアナゴっぽい魚でした。サイズがマアナゴですが、マアナゴではありません。クロアナゴにも見えません。もしや、うなぎ?(^.^)カダイナ キタイ

こんな時は、写メして、鮪さんにお伺いを。クロアナゴっぽいけど、写真が小さくて薄暗いし、これだけではわからないとのお返事。

もしや、レアな珍種かも?(^_^;)
なんて事は全然考えてませんでしたが(^_^;)、次のカサゴを狙います。何度もエサを取られるので、さっきの大きい方のサバも捌いて身エサにしました。

捌くと、サバの身がパンパンで脂が乗っているのが分かります。このサバをキープして持ち帰れないのが残念でした(T_T)

次に釣れたのは、マアナゴ!\(^o^)/
しかも、60cm級の大物!\(^o^)/
身体の横に白い点々があったので、間違いないでしょうということで、お伺いしませんでした。後に、大きな勘違いである事が判明しますが、それはこの時は知らない話なので、結構気分良く釣りを続ける事ができました。

一方最初にサバを釣り上げたタケちゃんですが、ずうっとサバを釣っていたようです。もちろん、全てリリースしていました。かなり大きな群れが入ってるんですねぇ。

夜ですが、弓角を引いてみましょう。

・・・

そろそろ眠いから、帰りましょうか?(ToT)

夜は弓角は釣れません。ジグも駄目ですね(^_^;)アタリマエヤンカ

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ