2007/10/27  22:29

目先  料理

実は今週は、O島まで遠征する予定でした。
週末が近付くと、何故か熱低が発生し、金曜日には台風に成長してしまいました。
不思議な事もあるものです(^_^;)ココロアタリ アルヤロ!

そういう訳で、遠征は中止。

この合間に、先週から引っ張っていた目先の変わったワカシ料理をご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示しますまず、イナダにたっぷりと塩をまぶして、塩漬けにします。
塩水の方が均一にできると思います。今回は、直塩法にしました。

クリックすると元のサイズで表示します次に、乾燥させます。
カリカリにするのではなく、余分な水分を飛ばす程度。
石川では、夜の冷たい風にさらして、一旦凍らせるらしいです。


クリックすると元のサイズで表示します

はい、見ての通り、かぶら寿司です。左側がイナダで、右側はゴマサバです。

関東では、ほとんど見かけませんが、関西では、良く売っているのを見かけます。流石に北陸出身じゃないので、自家製で仕込んだのは、初めてです。

やっと、食べれるようになったかな?というところです。もう少し発酵させた方が美味しいでしょうね。問題は、美味しくて、つい食べてしまうので、出来上がる前に無くなってしまう事でしょうか(^.^)

クリックすると元のサイズで表示しますちなみに、麹は多く入れた方がいいものと思って、たくさん入れたら、甘すぎて美味しくありませんでした。仕方ないので、二日目に麹を掬い取って、ホドホドにしました。

なお、かぶら漬けの作り方は、次のページを参考にしました。
http://www.ajiwai.com/otoko/make/kaburazusi.htm

ここの管理人、ぴさんは、僕の高校の同級生なんです。このHPがきっかけで、本も出版したらしいので、よろしかったら、皆さんも覗いてみて下さい!(^o^)/

さて、残った塩イナダ。
更にググってみると、面白い料理を見つけました。
http://www.rmc.ne.jp/dragon-kanko/tv-buri.html

ほほう。「塩ブリののた」ですか。しかも、滋賀県じゃないですか。大津出身のヨメさんに訊いても、知りませんでしたが、縁を感じたので、やってみましょう♪

クリックすると元のサイズで表示します

塩抜きがちょっと足らなかったようで、少々塩辛かったですが、滋味深い味で良かったです。イナダの身が、生ハムの様に、ネットリしてきていて、旨みが増しています。

酢味噌無しで食べても、美味しかったです。熟成すると、化けますね。新巻鮭にしても、虹鱒の塩漬けにしても、新鮮なまま焼くより、美味しくなりますから、塩イナダも、ありですね(^^)

さて、もっとたくさんイナダを釣り上げた方の中には、さつま揚げを作ったりしている人もいらっしゃるそうですが。僕は、まだまだそんなに釣っていませんから、できません。かなり美味しいそうですよ!

・・・イナダ釣りに行かなきゃ!o(^^)o

0

2007/10/23  0:15

自信喪失  釣れない記

2007年10月20日(土)5:30〜12:00 磯
先週は、楽しかったなぁ。
お、今週は、うらしまさんも帰ってきてるから、人間コマセ効果で、おさかなさんがどっちゃり押し寄せてきて、イナダが磯に打ち上げられているはずです(^_^;)

前日の金曜日にも、うらしまさんが乱獲してます!こりは、行くしかありません!
え?雨?(T_T)

朝にはあがるようですが、深夜は雨の予報です。最終電車組には、辛いです(*_*)

と、いうことで、久々に車で出動です。
今日は、コマセも持って行くので、長時間になりますから、24Hの駐車場へ停めると、お金がかかります。で、4時には現地に着いてましたが、公営駐車場が開く5時まで待機。おそらく、スゴイ人出になるでしょうから、早く行きたい所ですが、先週釣ったから、ということで、焦りがあまり無く、余裕をぶっこいて車の中でうつらうつら・・・

眠れません!(+_+)
駐車場待ちの車からおじさん達が出てきて、情報交換を始めました。しかも、僕の車の前や横で。深夜なのに、むちゃくちゃ声がデカイです。車の中でも、うるさくて眠れないぐらいですから、地元に住んでる人は、大変やろなーと思いました。まあ、そんなに近くには、民家も無いからなんでしょうけど・・・響き渡ってましたよ(^_^;)

さて、4:55。門が開いて、出発進行♪

磯に立つと、居るわ居るわ・・・右側の磯は、既に均等に人が並んでいます。そのうち、その間にもたくさんの人が入るのでしょうけど、今は入れる雰囲気でもありません。

左側の磯は二人だけだったので、僕はこちらへ入ります。

まだ暗かったのですが、普通のギャロップ20g青を付けて、キャスト開始!フォール中にプルプル・・・

お!このプルプル感は、細長い例のお魚さんかな?
抜き上げると、やっぱり細い。
「やった!カマスだ!」
思わず叫んで魚を手に取ると、カマスのように細いゴマサバでした(^_^;)ヨクアルコトデス

クリックすると元のサイズで表示します←なんじゃ、この写真(^_^;)

それでもバケツに水を汲んで、サバ折りしてキープ。サバは大好きですから〜(^^)v

3歩ぐらい移動してキャスト。リーリング中にまたもやプルプル・・・
このサバもキープ(^^)

でも、このままじゃいけないと思って、大移動。そろそろ右の磯にも入れるかと思って見てみると、ピンクのウインドブレーカが眩しいMr.ダーリンさん!軽く会釈して、少し離れたところへ、挨拶して入れてもらいます。
「おはようございます!ここ、失礼します!」
「・・・(無視)」

隣の方は、ちょっと無愛想でした。やっぱり、Mr.ダーリンさんの隣に入れば良かったかな?(^_^;)

とりあえず、第1投。真正面に投げます。こんなに混んでますからね。でも、潮が左に流れているようで、ラインが左に流れて行きます。

着底後、うらしまジャークをガツッとやると、2シャクリでガツーン!(^o^)/ヤッター!

二人左向うの人もヒットしていて、近いから、お祭りしそうだなと思ってたら、どうもそんな感じ。向うの人も分かったようで、上のライン、下のラインを確認しつつ、巻きながらお互いかわします。

全く知らない人と、阿吽の呼吸で難なくお祭りをかわせたので、嬉しくなりました。ありっ!暗くて良く見えませんでしたけど、終わってみればNASUさんではないですか!どおりで上手いと思いましたよ♪ありがとうございました!

でも、せっかくラインはフリーになったのに、僕は油断してその後、下の根に巻きつかれてラインブレイク(T_T)
成長してません(+_+)

仕方ないので、現場の磯際に立ったまま、ファイヤーラインオススメノットでリーダーを結び直して、顔を上げると、右隣に人が増えてます。むーん、この間隔で入ってくるとは、なかなかのツワモノ。しかも、挨拶は無かったし。

ま、気にしてると、ここでは釣りができないので、気にせず釣り再開です。

キャストして、着底して、うらしま2段ジャーク(平戸ジャーク)をガツガツ!4〜5シャクリで、またガツーン!(^o^)

竿を立てて、ファイト開始!

って、え?左のお隣さんが、近距離に投げました。しかも、斜め右45度に。

おいおい、今左に流れてるから、ラインがどう流れてるか、分かるでしょ!ヒットしてるのに、その距離でその角度に投げたら、故意に引っ掛けてるとしか思えないでしょ!

結局、お祭りして、お魚さんはバレてしまいました。お祭りした時の挨拶はありましたけどね。

ここまでワンキャスト、ワンヒット、入食い状態でした。それからしばらく入食いがが続きましたが、どうにも人の問題で獲れません。

でも、そのまま頑張って、お祭りを続けながらも、しばらくして、なんとかヒラソウダをゲット!

ピックアップ前の上層でのヒットでした。ジグはブランカの青28g。ヒラソウダって、何年ぶりでしょう!捌いた時に、身がヒラソウダだったってのは、時々釣れるんですが、なぜかまともなヒラソウダは、なかなか釣れないんですぅ(*_*)

なので、ヒラが釣れたから、嬉しくって、すぐに締める為に磯際を離れ、クーラーに氷水を作り、ドブ漬け開始♪ついでに、場所換えしました。ストレス溜まり過ぎます(-_-)

さて、場所換えの先は、真ん中の高台で、ぴろろんさんと透(偽名)さんを発見したので、その隣に入れてもらいました。少し奥まっていて、釣り辛いですが、お祭りも無く、快適です。コレでおさかなさんが釣れれば、言うこと無いんですが。

見てると、明らかに右の磯とアタリの多さが違います。右側の磯の方が、良くアタってます。隣の芝は青かった(^_^;)

まあ、それもヨシです。変に気を使わなくて良いし、まったく釣れない訳ではないので。それに、掛けてから取り込みが難しくって、3人ともバラシてばかりでした(^_^;)
バラセコールしたりして、盛り上がりました(^_^;;;)

しばらくして、くぼどんさんが合流。先週も参加したかったのに、涙を呑んで仕事をしていたそうです。

ほどなくして、僕もやっとイナダゲット。いえ、後検38cmのワカダでした(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します

潮位が低くて、場所的に取り込むのが大変でした。手前が出っ張っていて、距離があるので、磯を下りて前に出て、ポーンと抜き上げて、自分より高い磯へ落とす。なかなかスリリング(^_^;)

7時が過ぎ、8時も回ったので、そろそろバクダンタイムという事で、準備を始めました。準備をしながら、海面のウキを見ていると、どうも流れていません。不思議に思いながらも、準備を整え、いざ、ローテーションの中へ!

ありっ?潮が流れていないので、この磯独特のローテーションルールが働いていません。みんな、投入した後、じーっとしています。

順番が回ってきません(T_T)

もっとたくさん釣れていたら、動かなくても自然と順番が回ってくるんですが、アタリも少ないものだから、中々空きません。

10分ぐらい待ったでしょうか。待ちくたびれて、諦めました(*_*)
ついにバクダンは1投もせずに、ルアーに逆戻り。

右の磯の右端でルアーを投げている人が数人いたので、そこに参列。
あ、ここでもNASUさんが。
挨拶をして、少しお話をしてたら、ここ、どうぞ、と、場所を譲って頂きました。

譲っていただいて、数投目でヒット!さすがNASUさん、魚が居る所を知ってますね〜(^o^)アリガトウゴザイマス!

ちょい小さめの、36cmのれっきとしたワカシでした(^^)

NASUさんから、おさかなさんいらないか?と聞かれましたが、丁寧にお断りしてしまいました。全然釣れてなかったら、頂いたかもしれませんが、一応釣れてたので(^_^;)

さて、しばらくして、バクダンに再挑戦です。少しは潮が流れ始めているので、多少はスキがあります。

で、順番待ちしてると、Mr.ダーリンさんが、場所を空けてくれました。
すいませんねぇ(^^ゞ
と言って、入れてもらいましたが、僕には釣れません(T_T)

タナを変えたり、カブラに変えたり、遠近を変えてみたり、いろいろやりますが、どうにも僕にはアタリがありません。ローテーションは緩やかに始まりましたが、ゆっくりなので、どうしても待ちが長くなってしまうので、釣りをしている時間よりも、待っている時間の方が長いぐらいですが、条件はみんな同じ。

言い訳をすると、久し振りのバクダンで、カンが戻っていなかったのと、疲れが溜まっていて、マメに変更ができなかったんです。でも、寝不足は今に始まった事じゃないし、言い訳になりませんね。

バクダンには、少々自信もあり、なんとか結果は出せると思ってましたが、遂にこの日は、バクダンの部、ボ・・でした(T_T)

全体が全く釣れていないなら、ともかく、周りはポツポツ釣れていて、Mr.ダーリンさんに到っては、大漁じゃないですか!

完敗です(T_T)

何が悪かったのか、未だに分かりません。少し修行に出たいと思います(謎

昼過ぎに失意のうちに撤収し、埼玉に帰り着いたのは、既に夕方。晩ご飯の支度が待っていました。休む間もなく立ち働き、釣った魚の処理も済ませると、夜も更けました。

リベンジも考えましたが、とても行ける体力は無さそうだったので、諦めて寝てしまいました(-_-)zzz

クリックすると元のサイズで表示します

今日の釣果はこんだけ。
ワカダ、ワカシ、ヒラソウダ、ゴマサバ。
一番嬉しいのは、ヒラソウダ♪

クリックすると元のサイズで表示します
壇太郎風カツオのタタキにしました。今改めて写真を見てみると、葱が乗っかってないですね。せっかく準備した博多の万能葱を小口切りにしてたのに、忘れてました(^_^;)

僕の料理のバイブルとも言える 「壇太郎・晴子の壇流おかず190選 中央公論社 暮らしの設計NO.193」という本があって、その中に紹介されているものです。この本、大好きで、サバ寿司なんかは、ここのレシピ。お父さんの「壇流クッキング」も好きですが、最初に出会ったのが、息子夫婦のものなので、こっちがバイブルになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
説明省略(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します可愛らしいゴマサバだったので、サバ寿司は諦めて、きずしでいただきました。たろくんに評判良いんですよ(^^)
脂ノリノリではありませんが、美味しいですねぇ(^o^)


クリックすると元のサイズで表示します今回、アラが数種類できました。混合で使ってもいいのですが、あえて単品で使用しました。葱しか浮かんでませんが、これはサバのアラだけでダシをとった「おすまし」です。豆腐を浮かせたかったのですが、いつも、充填豆腐を冷蔵庫に入れてあったはずなのに、在庫切れでした。

余談ですが、これを飲んだヨメさんが、「今日のは甘い!みりんか砂糖でも入れてるの?」と言いました。まったくそんなものは入れておらず、酒と薄口醤油だけでした。なのに、甘みを感じる、という事は、味付けが大成功だったと言うことです!(^^)v

しかも、味付けの時は、オタマに適当に醤油を入れて、一発で決まったのでした。いつも、微調整で数回足すんですが、それも不要だったんです!

結局は、マグレで決まっただけですが、嬉しいですよね♪ガッツポーズ出ちゃいましたo(^^)o

クリックすると元のサイズで表示します

ブリ大根ならぬ、イナ大根です。ちょっと濃い目に色を着けてやろうと思って、濃い口を多目にしたら、こんなになっちゃいました。関西人には食べてもらえない色です(^_^;)

でも、味は良く滲みていて、美味しいですよ。見た目ほど塩辛くはないです。

クリックすると元のサイズで表示しますヒラソウダの中落ちと血合のネギトロです。
いつもは、中落ちを取ってつみれ汁にするんですが、あまりに美味しかったので、そのまま頂きました。

特に、血合の美味しいこと!血合だけで醤油かけて食べても、充分ですよん(^^)

余談ですが、デジカメの調子が悪く、ここ最近、全部携帯で写真を撮っています。どうにもピンボケが多くて、如何ともし難いです。そのうち新しいものを買うと思いますが、しばらくお小遣いが足りません(T_T)

クリックすると元のサイズで表示しますさて、ちょっと目先を変えた料理に挑戦。

すこーし時間が掛かるので、改めてアップすることにします。お楽しみに♪o(^^)o

0

2007/10/13  22:41

オフ会  釣行記

直前に急遽盛り上がり、結果オフ会になりました。
今迄、数人が現場で偶然一緒に釣りをする事はあっても、こんなに揃ったのは初めてです。しかも、タイミングを計って合わせたんじゃなくて、自然発生なのが、スゴイ(@_@)

参加者は、ぴろろんさん、鮪さん、透さん(偽名)、ド級さん、イモリさん、いちさん、アボセットさん、そして僕、たろパパ。
「URISO調査隊。」のメンバーほとんどが揃いました(^^)v

調査隊以外のメンバーにも逢えました。ボクトウさんに、コースケくんに、Mr.ダーリンさん。
ボクトウさん、コースケくん、はじめましてでした!たくさん人が居すぎて、ゆっくりお話できませんでしたね。また、今度よろしくです♪

2007年10月13日(土)4:00〜10:00 磯
さて、いつものように前日最終電車で、現地入りします。
いつも一緒に釣りに行っている八景の悦さんと同行です。

最寄り駅に着くと、鮪さん発見!
ベンチで寝そうになっているところを起こして一緒に現地へ向かいました(^_^;)

今夜は、波も無く、穏やかです。左側の磯の小高い所に荷物を置き、竿の準備をして、仮眠しました。
先週、波を被ったばかりなので、僕はちょっとオッカナビックリです。
「羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)」状態ですね(^_^;)
この諺、知ってても、漢字は普通書けません。パソコンは、便利ですねぇ(^_^;;)

良い気持ちで寝ていたら、どうも足元で人の気配がする・・・
ぴろろんさんでした(^o^)/ohayo!

話してるうちに目が覚めてきて、いよいよ釣り開始。透さんも登場。いちさんも登場。
ややっ、静かなので分からなかったけど、イモリさんも登場。流石は釣り師。表磯の白灯台まで届くような声で普段は話してるのに、今日は普通の大きさです(^_^;)

もう、順番が分からないですけど、アボセットさんも、ド級さんも登場!みんな並んで釣り開始〜\(^o^)/

それなりの広さのところなので、身内だけで一杯です(^.^)

暗いうちは、タチウオ狙いで、夜光ジグや夜光バイブを投げました。

僕は、投げる度にガツッと変な音がします。

実は気合を入れて、普段は やらないラインシステムなるものを組んできていたのでした。ビミニツイストでダブルラインを作って、オルブライトノットでリーダーを繋いでいました。いつもは、ファイヤーラインオススメノットで、直にリーダーを結んでます。

10回ほど投げたところで、百戦錬磨のマールアミーゴ君は、相模湾に飛んでいってしまいました(T_T)
このマールアミーゴは、色がハゲハゲになっても、変わる事無く良く釣れたお気に入りのルアーで、シーバスは10本以上釣ってるし、イナダも釣ったし、昔タチウオも釣った事のある記念のものでした(T_T)

リーダーを8号にしてしまったのが、失敗の元だったのでしょうか?あまりに太すぎて、ガイドの大きさにマッチしてなかったですから(^_^;)スゲーオト ナッテタ

でも、5号に落としても、同じなんです。やっぱり切れてしまうんです。
正しいノットの方法、どなたか、教えて下さーい!(^_^;)

仕方ないので、いつものように、ファイヤーラインオススメノットで、直にリーダーを結んでやり直しです。長さは、50cmぐらい(*^_^*)

今度は、ジグです。キラメキのブランカ28gです。

何度か投げていて、ピックアップしたブランカを見ると、ゴミのようなものがフックに付いてるので、手にとって外そうとすると、なんとシラスでした(*_*)

クリックすると元のサイズで表示しますとっ、とりあえず、一番乗り〜?(^_^;)

ダハハと皆に笑われ、でも、ベイトは居るという事が分かったので、キャストに力もこもります!

と、ぴろろんさんヒット!僕は少し離れているので、良く見えませんが、イナダをゲットしたようです。
本当の一番乗りは、持って行かれてしまいました(*_*)ザンネン

人の活性はドンドン上がって行きます!(^o^)/イケイケ ドンドン!

今回は、超早巻きが良いという噂を聞いていたので、リールのハンドルを右に変えてやっています。ハンドルを右手で巻くのは、すぐに慣れましたが、どうにも竿の扱いが左手ではできません。投げてはハンドルを付け替えて、投げてはハンドルを戻したりイロイロしましたが、結局左ハンドルに戻しました。

そんなことをしているうちに、ようやく僕にもファーストヒット!慎重すぎるぐらい慎重に寄せて、手前まで来ると、急に引きが強くなって横走り!周りは身内ばかりなので、すぐに場所を開けていただき、魚の動きに合わせて左側に走って根をかわし、抜き上げ!イナダゲット!!(^o^)v

ストリンガーに繋いで、磯の温泉と呼ばれる水溜り(^_^;)に放しました。ストリンガーの結ぶ所を探していたら、イモリさんがチャランボを貸して下さいました。イモリさん、ありがとうございました!m(_ _)m

のんびりはしていられません。誰が何匹釣ったかは分かりませんが、みんなが釣っているようです。アタリは多いので、たくさん釣っているように思えてしまいます。すぐにキャスト開始!

なので、今回は、釣った直後の写真がありません(^_^;)
焦ってたんですぅ(^_^;;;)

しばらくして、もう1匹追加できました(^o^)ホッ

ところで、少し離れた釣りにくい場所で、年恰好に似合わないジグを投げているご老人が一人いらっしゃいました。僕は、身内の中で一番右端に居て、そのご老人が一番良く見える所に居ました。

その方の、釣る事、釣る事(@_@)
見ているうちにポンポンと5匹釣り上げました(@_@)

見てると、そんなに遠投している訳でもないし、投げる方向を変える事のできないやり辛い場所なので、同じ方向(真っ直ぐ正面のみ)ばかり投げています。

アクションは・・・・
竿を横に寝かして、大きく2段シャクリを繰り返すだけ。うらしまさんのジャークを2段にしたような感じです。

後で聞いた話、このご老人、この日は最終的に8本上げたところまでは確認されたそうです。
そして、実はジギングを始めて、まだ数日で、その師匠は、なんとド○さんだったんです(@_@)
師匠が良いと、違いますねぇ(^^)
師匠曰く、あれは平戸ジャークというらしいですφ(.. ) メモメモ

後半、僕も真似しましたけど、釣るまでにはいたりませんでした。でも、練習はできました。なにしろ、鑑のようにまん前で見ながら練習してましたから(*^_^*)

次回に繋がると、イイナ(^o^)

で、結局2匹で終了。
みんなもそれぞれ釣ったようです。もう、誰が何匹釣ったかなんて、分からなかったです(*^_^*)
後に、アボセットさんがイナダを5匹釣って、身内では竿頭という事が分かりました(^o^)/オメデトー!

ワイワイ喋りながらの釣り、楽しいですねぇ(^^)
みんなは、三々五々帰っていったのですが、僕はクーラーを担いで階段を登りたくないので、居残りです。弁天丸の操業を待ちます。ちなみに、同行の八景の悦さんは、しっかり4匹ゲットして、早々に引き上げてしまいました(^^)

さて、僕は北向きの船着場近くで、時間つぶしを・・・
イモリさんが居るはず。あ、透(偽名)さんも居ました(^_^;)

ポツリポツリと釣れていますが、時間つぶしの僕には何事も無く、終わってしまいました(*_*)

クリックすると元のサイズで表示します

結局、コレだけですが、今回は、なんとか正々堂々とイナダと呼べるサイズになりました(40cm×2)。

裏磯温泉にストリンガーを繋いでいたのですが、すっかり死んでしまっていました。やっぱり、潮が流れるところじゃないと、無理ですねぇ(*_*)

クリックすると元のサイズで表示します

今夜は、イナダづくしです。
右上から、右回りに
イナダのお造り
粕汁
カマの塩焼き
イナダの胃のヌタ(酢味噌和え)

クリックすると元のサイズで表示しますいろいろ手を入れるより、お造りが一番好きです。サイズよりも、季節的に脂が乗ってきている季節なので、これで充分ですね。




クリックすると元のサイズで表示します汁物は好きなんですが、粕汁は特に好きな部類の汁物のひとつです。ただ、うちの家族は、あまり飲めない人が多いので、ほぼ僕一人で飲まなければいけません。まあ、鍋1杯ぐらいなら、今週中に飲み終えるでしょう♪


クリックすると元のサイズで表示しますカマだけ焼くと、可愛らしくなってしまいますね(*^_^*)
照り焼きより、塩焼きが好きな人なので、カマ焼きはタマリませんねー(^^)



クリックすると元のサイズで表示しますネットで調べていると、能登地方では、胃を湯引きにして、酢味噌で食べるというのがありました。今回は、コレに挑戦!

味らしい味はありませんが、コリコリという食感は、良いですね!オカズというより、おつまみにもってこいです(^^)v

その他に、カゲ(エラ)のなますや、味噌漬けの紹介があって、実は実験したことがあるんですが、上手くいきませんでした。どなたか、ご存知の方が居たら、教えて下さい!(^^)

それにしても、今回は、むちゃくちゃ楽しかった、楽しかった、で、そのあと、忙しくって、ブログをアップできなくて、1週間経ってしまいました。こうなると、もう、記憶が曖昧で(^_^;)

早いこと仕上げてしまうか、メモみたいなものを残しておかないと、忘れてしまいますね!今週のも、早く仕上げねば(*_*)

0

2007/10/6  22:34

死ぬかと思った  釣れない記

金曜日は、送別会でした。
でも、どうしても釣りに行きたかったので、仕事帰り釣行をするべく準備をしました。ドブ漬けをしたかったから、クーラーボックスも持って行きたいですね。という事は、カートも必要です。

結構な大きさの荷物になりました。これ持って、ラッシュの通勤電車に乗るの?(@_@;)メイワクデス

そんな訳で、時間差出勤しました。6時前には電車へ乗って出勤。さすがにラッシュではありませんが、ガラガラではありません。みなさん、大変ですねぇ(^_^;)

余談ですが、7時過ぎに会社へ着いてしまったので、近くの公園のベンチでひと眠り・・・プ〜ン、バチッ!

蚊がたくさん居て、結局ほとんど眠れませんでした。前日、準備で1時頃まで起きてて、朝4時半に起きてきたのに・・・(*_*)

さて、送別会では、いつもほどお酒も飲まずに控えめにして、2次会はすっ飛ばして、釣り場へ向かいました。

現地着1時頃だったでしょうか。酔っ払っていたので、時間が正確ではありません(^_^;)

なんと、先行者が一人。アジ釣りでしょうか、電気ウキを流しています。波は穏やかでしたが、磯のところどころが濡れています。時々大きなうねりが来ると思って、磯際は避けて、高台の一番後ろのくぼみに寝っ転がって、仮眠です。寝不足もあり、お酒も入っていたので、すぐに高イビキでした(^.^)

途中冷えてきたので、カッパを着ました。その時は、先行者の人は居なくなっていて、磯には僕一人。気にせず、また寝ました。

良い気持ちでした(^.^)

深い眠りに入っていた時だと思います。急に鼻に海水が入って来ました!\(◎o◎)/!

大波っていうか、磯が沈んでます!((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

慌てて飛び起きて、ゲホゲホ咳をして海水を吐き戻し、周りを見渡して荷物を回収。幸いあまり散乱していませんでしたが、海水をたっぷり含んだリュックは、鉄の塊のような重さでした。すぐに階段上まで退避しました。

階段の上から、しばらく見ていましたが、やはり静かな海で、ほとんど波も這い上がってきません。でも、良く見ると、階段下の歩道が水浸しですから、ここまで波が来たんでしょう(*_*)

その後荷物を整理して、鉄のリュックを背負って階段を登り、退散いたしました(-_-;)

何時間かに1回大きな波が来ると思われるので、この連休の釣行を考えている方は、十分ご注意をお願いします(*_*)ヤメタホウガ ブナン
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ