2008/1/26  1:46

冬の風物詩  釣行記

予定通り、ワカサギ釣りに行って来ました。
温暖化の影響か、以前良く行っていた榛名湖や赤城大沼は、年々穴釣りができる期間が短くなってきており、年によっては、必ずしも1週間続かない事もあり、週末とタイミングが合わないことも・・・(T_T)

そこで今回は、小海リエックススキーバレーへ行った時に下見をした松原湖へ行ってきました。以前からチェックはしていた有名な湖ですが、長野だから遠いというイメージと、ワカサギが小さいので、素人σ(^_^;)には難しいと言う噂を鵜呑みにして、敬遠していたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

2008年1月26日(土)6:30〜10:00 長野県松原湖
現地の予想最高気温マイナス5℃、予想最低気温に到っては、マイナス15℃(@_@;)
まあ、北海道でマイナス10℃の中でスキーをして、夜はマイナス20℃も体験してるので、なんと言うことはないと思うのです。

が。

いつもなら、早めに行って車の中で仮眠を取って、早朝一番から釣り開始を基本コースにしています。流石に、松原湖で仮眠を取ったら、そのまま永眠しそうなので、あえてゆっくり3時に出発。現地着6時前頃。規定で釣り開始は6時半と決まっていますから、ちょうど良い頃です。

しかし。

テントをレンタルし、釣り券も買って、道具も全部準備しても、6時20分。まだ10分ほどあるな。少しぐらい寝ても良いか・・・ウトウトウト・・・

5分もしない間に、凍えて目が覚めました(*_*)

エンジン切って、5分で氷点下。侮れません(^_^;)

さて、6時半釣り開始。立花屋さんの前で、開始の挨拶があり、一斉に湖の上へ散って行きます。

僕は、立花屋さんで聞いたポイントの松原館前のロープ沿いを目指します。と、反対側の宮本屋さんからも、たくさんの釣り人がワラワラと出てきました。宮本屋さんの方が近いので、あれよあれよと手前のポイントは取られてしまい、もう少しで稲荷前っていう所まで来てしまいました(*_*)

選ぶ権利はありません。一人入れるスペースを見つけ、すかさず分け入り、準備を始めます。

去年のシーズン終盤に、ついに買ってしまいました。穴あけドリル(^^)v
マイドリルで穴あけです。感無量でした(T_T)

次はテントだと密かに考えています。以前、二人用の小屋を作ったんですが、組み立てが大変で、二人で行くならともかく、一人ならカタツムリ型が欲しいです。
(写真を撮っていないので、分かりにくいですよね。そのうち撮ってアップします。)

竿も松原湖用に新調した、扁平ソリッドグラス穂先タイプ。立花屋さんで購入したオリジナル仕掛けに、エサは同じく立花屋製ラビットを付けて、いざ!(^o^)/ガムバルゾー!オー!

釣れません(T_T)

お隣はテントも無しに氷点下で釣っているグループ。お一人だけ、上手い方がいらして、その他は素人のようで、色々レクチャーをしています。レクチャーしながら、もう、釣れた!とか言ってるし。その中のいかにも素人みたいな人まで釣ってて、騒いでます(^.^)

しかし、僕は釣れません(T_T)(T_T)

30分ほど経っても釣れないので、何年か前に覚えた激しく竿を振る誘い方をしました。すると、ガイドに凍り付いていたラインが外れ、ラインに張りが出ました。

えっ?

もしやと思って、リールをフリーにすると、ラインが出て行きます。

松原湖は、底釣りが基本。
なのに、底まで落ちてなかったんですね〜(^_^;)

初回は確かに底まで届いたと思いますから、その時ガイド側で凍り付いてしまったんでしょうか。ガイドが小さいタイプだったので、そんな事になってしまったみたいです。

ええ、もう、初心者丸出しですσ(^_^;)

底を取ったら、途端にアタリが!
思わず手が反応し、アワセてしまいました。ワカサギは、あまり激しくアワセる必要がないのに、鋭くピシッとやってしまいました。

アチャー、やってもた(*_*)

と思いましたが、幸いな事に、竿先はピクピクしています。そろそろ巻いていくと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

全長4cmほど。松原湖サイズかと思って、思わず比較できるようハサミを並べて撮りました(^^)

次のアタリも程なくありましたが、わざとしっかりアワセなかったら、掛かりませんでした。その後アワセたり、アワセなかったり、色々試しましたが、結論から言うと、しっかりアワセないとダメなようです。

中には、7〜8cmの大型も混じるので、そのサイズなら、そっと竿を持ち上げるだけで掛かりますが、松原湖サイズ(3〜4cm)のものは、アワセないと、まず乗りませんでした。

面白いです(^^)

釣りは、確かに掛けてからのやり取りも面白いですが、アタリがあって、アワセて掛けるところが醍醐味だと思うんです。たとえ、それがどんなに大きな魚で、引きが強くても、勝手に掛かってしまうような魚よりも、小さなアタリ、難しいアタリをとって掛ける魚の方が、面白いに決まっています。

へらぶなしかり、フライしかり、メバルしかり。僕の中では、この辺がアタリをとるのが面白い釣りでした。でも、今回、その中にワカサギ釣りも加わりました(^^)

誘いを掛けて、食わす時間を与えて待っていると、ピクッ!
すかさず、ピシッ!
堪りません♪

クリックすると元のサイズで表示します

要領良くコンスタントに、という訳にはいきませんので、釣れたり、釣れなかったりで、結局10時までで20匹釣れました(^^)v

ここ数年、全く釣っていない事を考えると、良く釣れた方だと思います。帰りに立花屋さんに聞くと、今日は厳しかったよ、と言う事ですから、ヨシとしましょう♪

クリックすると元のサイズで表示しますところで、道具を仕舞って、立花屋さん方面へ帰る時、立花屋さんのすぐ前で釣りをしている人を見ると、どこかで見たような・・・

もしや、ワカサギ界では有名な、カリスマワカ師の千釣(せんちょう)さんでは?

ちらっと見ているうちに、ピシッとあわせて仕掛けを手繰り(たぐり)始めました。その手際の素早いこと!(@_@)

仕掛けには松原湖サイズのワカサギが3匹も付いていました!(@_@;)スゲ!

ついに、僕はこの日、多点掛けはできなかったのに、いとも容易くやってしまったその人の所作に見とれていると、近くの人が話しかけています。
「千釣さん、いきなりトリプルですか!流石ですね〜!」

やっぱり、千釣さんでした(^^)
千釣さんがこの日松原湖に来るらしい事は、事前のリサーチで知っていたので、もし会えたら、著書にサインをしてもらおうと思って、アマゾンで申し込んでいたんですが、間に合いませんでした(T_T)

でも、千釣さんのアワセから手繰りまでを通して生で見れたのは、勉強になりました。やはり、鋭いアワセは必要だと改めて思いましたo(^^)o

10時に早上がり。確かに10時頃から、極端に食いが落ちるのですが、今日は特別。ここで終了して引き上げました。引き上げて、ちょいと回り道をしたのですが、それは別の機会に報告するとして、すぐに料理へ行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

改めて並べてみると、その小ささが分かります。何気に「ちんや」のマッチ棒を一緒に並べてみました。松原湖サイズのワカサギを、現地ではマッチ棒と呼んでいました(^_^;)ソノマンマヤンカ

クリックすると元のサイズで表示します

左奥が、松原湖サイズの掻き揚げ、右手前がワカサギの天ぷらです。
美味しかったけど、このサイズなので、20匹ぐらいでは、食べた気がしないですね〜(*_*)

ああ、今シーズンは、ワカサギはこれでお終い!と思ってましたが、また行きたいなぁo(^^)o

0

2008/1/24  22:59


榛名湖仕様の仕掛けしかないので、松原湖の極小ワカサギ仕掛けを仕入れるべく、気安天狗へ行って来ました。ついでに、サシも仕入れておく予定。

さて、一通りチェックして、ルアーコーナーの奥まったところへ行くと、シーバスフォトコンテストの発表がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、参加してたんですねー。上位入賞はいつもメータークラスなので、関係のない世界なんですが、飛び賞もあるので、折角なので写真を持ち込んでおいたのです。丸をつけているのが、僕のです。このお店で12位でした(^^)

釣ったのは、去年の12月1日。69cmと思っていたのに、お店の人がサービスで69.5cmにしてくれていました(^^)アリガトウゴザイマス!

以前から貼リ出してあったんですが、賞までは出てなかったんです。でも、今日は、はっきり書いてました!

クリックすると元のサイズで表示します

「特別抽選賞」です。早い話、抽選です(^_^;)
運が良かっただけですね(^_^;;;)

ハッ!Σ( ̄□ ̄;)!!

先週は、少し貯運できたから、今週末のワカサギ釣りは良いかも知れないと期待してたのに、これで払い戻し終了したんでしょうか!?(@_@)

クリックすると元のサイズで表示しますとっ、とっ、とりあえず、商品はこんなのでした(*_*)





クリックすると元のサイズで表示します

あまり実用的ではないですねー。キャップは、たろうくんにプレゼントしました。ステッカーは、車に貼りますか。スキー関係のステッカーしか貼らないつもりだったんですが(^^)

なんにせよ、久し振りにこういうのに当たりました。週末の車の運転、気をつけよう。大きな事故は無さそうだけど、ちょっとした接触事故ぐらいありそう(^_^;)

0

2008/1/19  23:34

ちんや再び  料理

2006年12月に行って以来、かなりご無沙汰してしまったんですが、その強烈なお店の内装と、あの味が忘れられなくて、いつか又行こう、行こうと思いつつ、時間が経ってしまいました。

鎌倉駅からバスで20分ほど離れた住宅街にあるその店は、特異な外観で有名で、ググってみると、体験レポートがかなりヒットします。店そのものの外観や、内装、オブジェのレポートは、他でも見れるし、2006年の僕のブログでも確認できます。

クリックすると元のサイズで表示します2008年1月19日(土)5:00〜8:00 磯
ちんやに行くのがメインではありますが、折角なので、ついでに近くの磯を覗いてみましょう。見るだけじゃ、つまらないので、竿を振って投げる練習でもしますか。錘を投げるわけにもいかないし、ルアーでも付けときますか(^_^;)

それにしても。

こんなに空いているのは、初めてです。

左の磯と、右の磯、だ〜れもいません。独り占めです。いかに今は釣れていないか、を、用意に想像できます(*_*)

それでも、暗い海に向かってジグを投げていると、釣り人がやっと一人現れました。暗くてよく分かりませんが、キャスト〜リーリングスタイルからNASUさんです。一人ぼっちで、ちょっと怖かったから、助かりました〜(^_^;)

黙々と投げ続けていると、NASUさんが何かゲット!暗くてよく分かりませんが、後ろに放り投げて続けています。

気合を入れて投げ続けますが、結局、僕にはアタリも無く、夜が明けてしまいました。NASUさんも帰ってしまい、知り合いと合流して世間話などしている間に、だんだんと人が増え始めました。遠目にカラフルなウェアのMr.ダーリンさんが見えましたが、疲れていたので、離れたまま遠くから手を振ってご挨拶して、失礼してしまいました。その後、釣れたのでしょうか?(^^)キニナル

さて、いよいよちんやです。前回は、江ノ電に乗るのも目的のひとつだったので、わざわざ江ノ電に乗って鎌倉まで出て、バスに乗り換えて行きましたが、実は直行するバスがあります。京浜急行バスで、「鎌6」の路線です。

でも、1時間に1本しかありません(^_^;)
しかも、週末は10時から13時まで、1日に4本だけ(*_*)

30分待ちですが、駅まで歩いて行って、江ノ電に乗り、鎌倉からバスに乗り換えるぐらいなら、待っても同じなので、ぷらぷらしながら待ちました。

と、オリンピック公園で藤棚の下にベンチを発見!背もたれ付きのものが4つあり、4角に配されているので、うまくすれば、風が避けられそうです。今度、最終電車で来た時は、ここを使ってみましょう♪
夏は、虫と花火大会で無理でしょうが、寒い季節なら、大丈夫そうですねo(^^)o

さて、暖房の効いたバスに揺られて、行くうちに、ウトウトしつつ、いよいよ着きました。

クリックすると元のサイズで表示します変わってませんね〜。11時前で、ちょっと早いから、開いてるかどうか、不安でしたが、無事開いてました。

オブジェの数々も健在です。

クリックすると元のサイズで表示します

割り箸もそのままです。
タバコもまだ燃え尽きていません(^_^;)アタリマエ


クリックすると元のサイズで表示します

窓の外には、トイレの手洗いが見えるのですが、上手く写りませんでした。
「がんばれ」「足下」の言葉が眩しいです(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

この辺は、おやじさんのオリジナルではないのでしょうか?ちょっとあか抜けてません?

クリックすると元のサイズで表示しますお品書きです。この辺は、普通。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、注文は、以前から気になっていた「ラーチャーメン」と、「チャーハン」です。

クリックすると元のサイズで表示しますマッチにあるように、お店の看板メニューのはず。どんなものが来るか、ワクワクですo(^^)o

おばさん一人なので、今日はおばさんが作るのかな?と思っていたら、離れ?母屋?からテクテクとおやじさん登場!まだ時間早いから、休んでいたのかな?

瓶ビールを飲みつつ、待っていると、すぐにチャーハン登場。

クリックすると元のサイズで表示します普通のチャーハンでした。お肉がモツかと期待しましたが、ちゃんとしたチャーシューで、結構ゴロゴロとたくさん入っていて、満足です。グリンピース3ケが泣かせますね(^^)



クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ、メインの「ラーチャーメン」です。

麺は平打ちで、少し固め。スープは綺麗な清湯系の醤油味で、さっぱりとしています。
うーん、普通の醤油ラーメンで、美味しいことは美味しいけれど、ちょっと期待はずれかな?

マッチに書いてある「大辛ラーチャーメン」の「大辛」って何でしょう?大辛って言って注文しないと、いけなかったんでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します坦々麺の肉味噌かと思いましたが、どうも、違うみたいです。味噌に唐辛子と豆腐とピーナッツが混ぜてあります。味噌だけ舐めると、ピリ辛で美味しい。木綿豆腐のしっかりした食感、ピーナッツの食感と、変化があって、これはこれで美味しい。・・・ん?これを溶かして食べるのかな?

クリックすると元のサイズで表示します清湯スープが、味噌ラーメンに変身しました!
お!しかも、ピリ辛になって、コクも出てきました。ウマイ、ウマイ!

気がついたら完食で、スープまで飲み干してしまいました(^_^;)

うーん、なんとも不思議な味わいで、表現できません、味噌ラーメンと言ってしまえば、味噌ラーメンなんですが、なんか、そんなカテゴリーで括れないシロモノでした。だから、「ラーチャーメン」なんでしょうか(^^)

次回は、ネット上で意外と評判の良い「しいたけそば」にしたいと思います。

精算する時に、バスの時間が分からないか?と訊ねたら、おやじさんが、
「時間は分からないけど、バス停はわかりますか?」
と聞くので、
「そこのバス停でしょ?見たけど、時刻表が取れて無くなってるんですよ。」
と答えると、
「違うんです。案内しますよ。」
と言って、スタスタと店の外へ案内してくれました。なんと、バス停は、交差点を曲がって少し行ったところにありました(@_@)

更に、おやじさんがアドバイスをくれました。
「バスが無かったら、鎌倉山行きに乗って、運転手に乗り継ぎを伝えて切符を貰えます。鎌倉山からなら、たくさんバスが出てるから大丈夫ですよ。」
「ありがとうございます!助かりました!」

と言って別れ、バス停を見ると、9時代から12時代の計4本しかありません(*_*)


あと10分ほどですから、待ちますか。

・・・そういえば、この離れからおやじさん出てきたよな。しかも、このデザインは、やはりおやじさんの作品か?
んじゃ、いっちょ撮っとく?

クリックすると元のサイズで表示します天気がいいから、お布団干してます。ご自宅ですかね?
なにやら、オブジェ風の看板があるので、近付いてみると、


クリックすると元のサイズで表示します良い味出てますね〜(^^)
まだ時間もあるから、交差点側からも撮ってみましょう。




クリックすると元のサイズで表示します

「スペシヤル」ですよ、「ス・ペ・シ・ヤ・ル」!「シ」より「ヤ」がデカイから、スペシャルじゃありません。「スペシヤル」です!(^_^;)

下の看板も、味がありますね〜。アップにしてみましょう。
クリックすると元のサイズで表示しますこれは、象形文字なのか、絵なのか?

ここまできたら、残る1面も撮らなくちゃ。





クリックすると元のサイズで表示します

デカイ看板がありました。いつも、お店の方ばかりに気をとられて、こちら側まで気がつきませんでしたが、なかなかなものがあります。
鎌倉の餃子って、勝手に名乗って良いんでしょうか?
このサイズの看板だと、屋外広告物の届出とか、登録料とか必要だと思いますが、そんな事を知ってるとも思えません(^_^;)ナイショヤデ

早朝の時間つぶしの釣りは残念でしたが、ちんやは美味しかったし、楽しかったので、大満足の1日でした(^^)♪

さて、次週はシーズン終盤に入ったワカサギを釣りに行って、2月に入ったら、修行の日々が始まり、山にこもりますので、しばらく海釣りはお休みです。小イワシでも釣れ始めたら、修行放っておいて、行くかも知れませんが(^_^;)

0

2008/1/5  23:38

初釣り2008  釣行記

予定していたスキー合宿が、雪不足の為、2年連続で中止になったので、早々に初釣りに行きました。今、最終の1本前の京浜東北で帰るところです。

釣りキチ三平の初釣りは、厳粛な儀式で、1匹釣れば終わるというものでした。

中学生の頃は、三平のマネをして、1匹釣ったら終わりなんてやった事もあります(^ε^)

でも、今日は、そんな事言ってられませんでした。狙いモノが釣れず、ボ・・逃れのメバルでも苦戦する始末(@_@)

2008年1月5日(土)15:00〜21:30 横浜の堤防
寒いので、明るいうちから出撃です。最近は、昼間に釣りへ行くのも、家を出やすくなりました。たろくんも中学3年生。受験生ですから、一緒に行く訳にはいきません。

駅で悦さんと待ち合わせ、一緒に現地入り。良い天気で、気持ち良いですo(^^)oイッパイ ツレソー

スタートは15時頃でしょうか。僕がまだ準備をしてる最中に、開始した悦さん、1投目で何かヒットしたみたい。

・・・って、え〜〜〜っ!
いきなりアイナメ40アップですかぁ!(@_@)ビックリ!

慌てて僕も参戦。
シーバスロッドにテキサスリグでガルプを付けてます。
底を取ってシェイクシェイクシェイク・・・
リフト&フォール・・・
ズルズルズルズル・・・

あまりやり慣れない釣りなので、このくらいしか引き出しがありません(*_*)
ワームを変えても、ガルプだし(^_^;)

引っ張ってもしようがないので、結論から言いましょう。

明るい時間帯は、ボですた(T_T)

えっと、アタリは4回ありました。
うち2回は、アタリだけで乗らず、空振り。
うち1回は、首を振るのを確認し、1mぐらい巻いたところでフックアウト。
残る1回は、首を振ったのかどうか分かりませんが、ヒットした瞬間の引き込みでグググッときた所で、フック折れ。

根掛かりが激しいので、フックの在庫が尽きてきて、小さくて細いフックに換えてしまったのが、敗因(*_*)
まだ太いフックの在庫はあったのに、暗くなってから使おうと、温存したからなぁ(*_*)コウカイ サキニタタズ

ところが、薄暗くなってきた頃、急にアタリが出始めました。
去年、良い思いをしたヘビキャロに換えて数投目。

フォール中に、ブルブルブル・・・

え?ブルブルブル?しかも、この引きの弱さは・・・

クリックすると元のサイズで表示しますメバルでした(@_@)
こんなデカいガルプを食べるなんて、よっぽどお腹が空いていたんでしょうか?



何にせよ、ボ・・は逃れたので、一安心(*^_^*)ホッ

続いて、なんとか底まで落とせたら、やっと根魚らしいアタリがありました。
クリックすると元のサイズで表示します今度はソイです。
でも、シーバスロッドで釣るには、物足りないサイズです(*_*)

更に、もう1匹メバルを釣って、夕マズメのベストタイムは終了したようです。
暗くなってからも、しばらく頑張りましたが、アタリも遠のき、終わった感イッパイなので、根魚の部終了〜。

メバルの部、スタート!

さっきの活性の高さを考えたら、メバルはバホバホに違いない!

・・・・・・・・・・

世の中は、そんなに甘くないです(T_T)

いつものパイロットルアーで始めましたが、全然アタリもありません。テクトロでも、しばらくアタリがありませんでした。さっきの活性が高い時にメバル狙いに変えておけば、バホバホできたかもしれませんが、それは、後の祭り。

テクテク歩き始めます。
てくてくてくてく・・・
少し行った所で、ようやく

モゾッ
クイッ
プル・・・プル・・・

クリックすると元のサイズで表示します

引き弱〜(^_^;)
17cmぐらいですが、引きが弱いです。寒いのかな・・・

リリースして、先へ進みます。
この辺で、悦さんは所用があって、帰ってしまいました。

それから しばらく行って、僕の好きなポイントを・・・通り過ぎても、異常ありません(T_T)
念の為に、そのポイントで折り返しますが・・・
異常ありません(T_T)
更に折り返して、もう1回・・・

モゾッ(おっ!)
クイッ
プル・・・プル・・・

同じぐらいのサイズです。同じヤツかな?(^_^;)

釣れた所を引き続き攻めるのは、基本ですね。同じコースを逆からテクトロしましょう。

僕のテクトロは、キャストせずに、足元に落として、ラインをフリーにして少し歩き、ベールを起こしてテクトロを始めます。確実に堤防際へ落とせるので、このやり方を多用しています。

で、ルアーを足元へ落とし、少し歩いてベールを起こすと・・・

プルプルプル・・・

掛かってます(*^_^*)

こりは、もしや、と思って、今度はテクトロせずに、堤防際へ少しキャストして、カーブフォールをさせると、

1、
2、
3、
4、
5、
6、
7、
8、
9、
10・・コツッ
クイッ
プルプルプル・・・

フォール中にアタリが出ます。その後も、同じパターンで連続ヒット!
カウントは、10のままでした。浮いても来ないし、沈んでも行かない。
試しに、10でアタリがあっても、アワセずに落とすと、12で着底しました。底付近ですね。

2〜3匹釣ったら、少しアタリが落ちるので、カラーを変えてやると、またアタリだします。大きさも変えたり(ちぎる)、形も変えたり、ジグヘッドを変えたりすると、ズルズル釣れ続けます。

ワンキャスト、ワンヒット、ワンゲット!
い・れ・ぐ・い、ってヤツ?(^^)

この調子なら、フィフティーも夢ではないかも!\(^o^)/ヤッター!

・・・・・・・・・・

夢でした(T_T)

時間にして約30分。その間に釣れたのが、21匹。写真を撮ったりしたので、もう少し釣れたかもしれませんが、そこまでです。

サイズは、みんな測ったように同じサイズで、17〜18がほとんどでした。まるで、同じメバルが食ってきてるんじゃないかと、疑うほど(^_^;)

このままじゃ、キープできないなと思って、適当に3匹キープ。
サイズがいまいちなので、もう少しキープするかと思って、更に3匹キープ。
これで、一人2匹ずつあたります。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、釣れなくなる直前に少しサイズアップし始め、19cmが2匹、22cmが1匹釣れたので、この3匹もキープしてしまったので、結局、都合9匹もキープしちゃいました(^^)テヘッ

クリックすると元のサイズで表示します

少し前なら、お腹の大きなのばかりでしたが、今回は あまり居ません。
3匹ぐらいですか。

アタリの出始めも急でしたが、なくなり方も急でした。「スレた」というよりも、「終わった」といった感じ。

奇妙な事に、ほとんどベタ凪で、全然穏やかな海だったんですが、食いが立っていた時は、俄かに風が吹き、海面が波立っていました。「メバル凪」って言いますが、全く反対でした。
こんな事、ありませんか?よく体験するんですが・・・

メバルは充分釣ったので、帰ろうかと思いましたが、少し根魚狙いに戻りました。特にアタリも無く、残り少ないフックとシンカーも無くなってしまって、本当に終了〜(*^。^*)ナガカッタ

クリックすると元のサイズで表示します

全部を合計すると、メバルは、全部で23匹、ソイ1匹。
キープは、メバルばかり9匹です。

捌いてみると、メバルは雄がほとんどで、3匹が雌でした。雌は、もちろん卵を持っていましたが、既に発眼してました。去年の1月に釣ったメバルも、発眼してましたから、予想通り。こうなると、美味しくないんですよね(*_*)
ごめんなさいして、卵は廃棄しました(T_T)

一番大きなのだけ刺身にして、あとは全部3枚に下ろし、アラからダシを取りました。

いつもなら、潮汁かすまし汁にしますが、今日は違います。

クリックすると元のサイズで表示しますおや?土鍋ですか。ははーん、takaさんがやってたメバル鍋ですね!この土鍋サイズは、ダイソーですか(^_^;)




クリックすると元のサイズで表示します

実は、メバルご飯なのでした〜(^^)

いつものように、アラを素焼きして、ダシを取り、そのダシで炊き込みご飯を炊きます。この時、具は入れません。
炊いている間に、3枚に下ろしておいたメバルの身を塩焼きにして、ほぐしておきます。
炊き上がったら、ほぐした身と、葱としょうがのみじん切りを入れて、混ぜ合わせて、出来上がり♪
葱は、青い方が好きですね。こういう使い方をする時は、余計に青が良いと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

今までにも、メバルご飯は何度も作ってますが、メバルをそのままドーンと炊き込むと、見た目は豪快で美味しそうですが、骨を取るのが大変だし、第一美味しくない。身のダシが全部出てしまって、身の方に旨みがなくなっているんです。

それを改善したかった。僕が知らないだけで、常識だったりして(^_^;)

身を塩焼きにするか、煮付けにするか、迷いました。結局、簡単な塩焼きにしましたが、ご飯は醤油と酒だけで味付けしてるから、甘くない塩焼きでちょうど良かったと思います。

<番外編>
もう、忘れてしまったかもしれませんが、昨年末に釣ったメバルの卵。
出来上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

メバカラスミです!(^^)ヤルト オモッタデショ?

↓切り口も、良い感じ♪

クリックすると元のサイズで表示します
お味は、結構脂が乗ってて、美味しゅうございました。
ボラには及びませんが、サバカラスミよりは、美味しかったです!(^.^)

0

2008/1/1  10:43

2008年  

2008年、新年明けました〜\(^_^)/
すいません、喪中なもので、慶びのご挨拶は、差し控えさせて頂きます。

えー、でも、今年もよろしこです(^O^)/

そろそろ、ネタも尽きてきたので、今年は、なんか新しい展開でも するかな?適当に、ゆる〜くやっていきますので、温かく見守っててくださいねぇ〜o(^-^)o

クリックすると元のサイズで表示します

↑写真は、去年の春、与野七福神を回ったときのものです。さて、どちらが僕でしょうか?
ヒント:右手を上げています(^_^;)ドッチモ アゲテルヤンカ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ