2009/1/17  22:46

2009年  料理

あけまして、おめでとうございます・・・

今更ですね(^_^;)

小正月も過ぎてしまいましたですよ。

去年の12月分が終わったら、今年の分に入ろうと思っていましたが、更に来年が来そうなので、諦めて並行して今年の分を始めたいと思います。

とはいえ、まだ初釣りも済ませておらず、スキーばかりに明け暮れて・・・もいませんね。

本当は、昨日(1/16)から、浦佐で特講2に参加する予定でしたが、15日の朝からお腹の具合が悪く、とてもゲレンデに3日間も立てない状態だったので、断念してしまいました。

なので、16日は予定通り会社は休みましたが、1日中寝てました(*_*)

咳やくしゃみ・鼻水なんかの症状はなかったんですが、身体の節々が痛かったし、微熱があって身体がだるかったから、風邪だったんでしょうか?

実は、15日に会社休んで一日寝ておけば、治ったと思うんですが、翌日からそのままスキー合宿へ行くのもまずいので、無理してこの日は仕事へ行ったのでした(^^ゞ

おかげで、今朝は復活できました。さあ、これから、どこ行こう?

って、考えてたら、朝から卓球の試合を観に行ったはずのたろくんが、体調不良で帰ってきました。僕と同じ症状で〜(^_^;)ウツッタ?

さすがに僕も、遊びに行くのは、自粛しましょうかね?ということで、このブログです(^.^)

こっそり11月分は消化しているんですが、誰も気づかないようですね。そのうち、12月分もこっそりアップして、黙っている事にしよう(^m^)

さて、お正月に、3年ぶりに浦佐でスキー合宿ができたので、その模様を記録したいとも思いましたが、その前に、ちょっと溜まった料理ネタにしようと思います。あまり釣りに関係ないものを中心に、ご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
去年の年末に、埼玉県産の立派な大根をスーパーで見つけたので、買ってきて風呂吹き大根にしました。

皮を分厚くむいて、面をとり、米のとぎ汁で下茹でしてから、昆布とカツオのダシで炊き上げました。ダシは入れずに、水だけで作る方法もあるらしいですが、僕はダシで炊く派。

クリックすると元のサイズで表示します
土鍋で炊いて、一晩置くと、中まで火が通り、ダシが効いて、何も味が無くても、これだけで美味しくいただけます。


クリックすると元のサイズで表示します

そこへ、ゆず味噌をかけました。
あの・・・お酒持ってきてくれる?見てるだけで酒飲みたくなってきた・・・(^ρ^)

クリックすると元のサイズで表示します
同じ日に、良いジャガイモがあったので、大根と一緒に買ってきました。
「インカのめざめ」という品種で、小粒で皮を剥くのが面倒臭いですが、その濃厚な味が好きで、見つけると、買ってしまいます。

大根と同じ昆布とカツオのダシを、雪平に少な目に張って「インカのめざめ」を茹でて、ちょっと濃い目に味付けして煮っ転がしに。ご飯にあいます(^^)v

クリックすると元のサイズで表示します
軽井沢へ行ったら、必ず帰り道にスーパーへ寄って買い物をします。

普通のみやげ物ではなくて、地元の人が買っている地元のものを買うのが好きです。

軽井沢から中軽井沢へ行く途中にある「マツヤ」さん。
僕は、ここへ良く行きます。

野菜も地のものが多いし、魚も佐久の鯉の生切り身が置いてあったり、こんにゃくや豆腐も地元だし、ラーメンでさえ信越明星のものがあって、なかなか楽しいです。

ハムのコーナーへ行くと、信州ハムの棚が設けてあります。そこから、今回はベーコンの塊を買ってきました。

普通にジャーマンポテトにしただけなんですが、その薫り高いこと!(@_@;)

ベーコンは燻製品であることを、改めて思い出させてくれました。
いつもは、安いベーコンしか食べていないから、ちゃんと燻製していないものに慣れてしまっていたんですね。燻液に漬けた、匂いだけをつけられたものが多いですから。

ちなみに、パンチェッタも試したことがありますが、もちろん、美味しかったですよ〜(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
はい、豚角煮です。
東坡肉(トーロンポー)なんて、おこがましい事は申しませんが、一応皮付きの豚ばら肉を使っています(^^)v

うんちくん風の練りがらしが、プリチィでっしゃろ?(^_^;)

うちの定番メニューです。特別な事は何もないので、写真だけ。

クリックすると元のサイズで表示します
お待たせしましたぁ!(^o^)/

例のへしこのフタを開ける時が、ついにやってきました!

熟れて、良い匂いが漂ってます♪

クリックすると元のサイズで表示します
銀ピカでキレイですね!
カチカチに硬くなっています!



クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、そのままで味見です・・・
うま〜いッ!\(◎o◎)/

こりは、もう、酒無しには、話を進められません・・・

塩気は強いんですが、何よりその身から滲み出すような旨み!
たった一切れで、酒1合は軽くの呑めます。ってことは、これだけで3合飲んだの?(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します

これで終わりじゃありません。へしこの握り寿司をやる為にへしこを作ったようなものなんですからo(^^)o

左が生のままのへしこを使って握りを作り、塩をしてしんなりさせた大根で巻いたもの。
右は握ってからバーナーで炙ったものです。

さて、お味は・・・

どちらも、塩気が辛すぎて、握り寿司としては、いまいちでした(T_T)

ぼうずコンニャクさんのところでは、美味しそうだったので、何かもう一仕事足りないのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、アラが残ってしまいました。
ニシンの糠漬けで三平汁を作った事があるので、応用してみましょう。


クリックすると元のサイズで表示します
へしこのアラの三平汁です。

好き嫌いはあるかもしれませんが、魚好きなら、絶対美味しいと思えます!(^^)

具材には、じゃがいもと大根をあわせました。三平汁には、じゃがいもですよね♪

クリックすると元のサイズで表示します

イモさんから、芋を頂きました。
短形自然薯2008です。

以前、むかごがいっぱい採れたと聞いたので、下さいとお願いしておいたら、自然薯まで頂いてしまいました(@_@)

そのうち海で会えると思っていたら、そのまま年末に突入してしまったので、わざわざ宅配便で送って下さいました!(@_@;)

ありがとうございました!(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します

早速おろしてみました。
白くてきれいなイモです。

粘りは、確かに天然の自然薯とはいきませんが、かなりしっかりしています。はしでつまんで持ち上げる事ができるぐらいですから、充分です!

醤油を少し垂らしていただきました。

イモらしい、きれいな味でした。美味しかったです(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します

とろろのように見えますが、僕はこれを「いもかけ」と呼びたい。

僕の生まれは、大阪ではなく、岡山です。それも、瀬戸内ではなく、津山です。津山では、このとろろのようなものを「いもかけ」と呼ぶのです。

津山で育った記憶は、あまり無いのですが、子供の頃は夏休みやお正月に帰るところでした。大きくなって、兄と二人で帰るようになり、従兄弟と近所のおじさんたちと一緒に自然薯を掘って、この「いもかけ」を食べた思い出があります。

その兄は他界してしまいましたが、僕が大阪から関東へ転勤する時に、遠くなるから、と言うことで、初めて僕の家族だけ(ヨメさんとたろうくんの3人)で津山へ行きました。そこで、やっぱり従兄弟と自然薯を掘り、亡くなった兄を偲びながら「いもかけ」を食べたのです。

津山の「いもかけ」は、のばすダシに、スルメを使います。山あいの地域ですが、恐らく鳥取からの海産物が運び込まれるからだろうと思います。ちなみに、正月の雑煮のダシも、スルメでとります。

「いもかけ」で少しググってみましたが、全然ヒットしません。それだけ地味な食べ物なのかもしれませんね。

でも、僕にとっては、思い入れのある、思い出一杯の食べ物なんです(^^)

イモさん、ありがとうございました!(^o^)/

むかごは、まだ保存してあります。たろうくんが治ったら、むかごご飯にして、頂く予定ですo(^^)o

クリックすると元のサイズで表示します

18日、日曜日です。

たろうくんも治ったので、快気祝いにむかごご飯を作りました♪

炊くと柔らかくなるけど、味がしっかりしてるから、ちゃんと存在感のあるむかごで、素朴な味で美味しかったです!(^^)

ただ、たろうくんは、山芋系が好きじゃなかったので、残してたのが、残念です(T_T)

たろうくんの分まで食べてσ(^_^;)が太ってしまうのも、残念です(^_^;)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ