2010/8/13  6:26

東海道上る(3日目:浜松〜四日市)  

三日目です。

台風が日本海側を通る為、早く出発しました。

朝早いうちは、スゴい向かい風に悩まされ、かつ、ほぼ一日中雨でした。夕方少しだけ晴れました。

順調に進み、予定の桑名を過ぎて四日市まで来ました。

明日の夕方には、京都三条大橋に着けそうです。三条からは、京阪で輪行して実家に帰りまーす♪

クリックすると元のサイズで表示します

2010年8月12日(木)
今日こそ早く出発する。

そう決めていたから、朝食は申し込んでいない。

朝5時起床、6時にはホテルを出た。

台風が近づいている。早めに動いて行ける所まで行って、どうしようもなくなったら、そこでホテルに避難するつもりだ。台風なんて、通りすぎれば、なんでもない。しかも、予想進路は日本海側を通っている。

僕は、全く心配していなかった。

と言うより、むしろハイになっていた。台風に向かって自転車を漕いでいるのだ。こんなこと、そうそうあるものではない。

今日も人通りの無い場所を選んで、

「うおおおおおおおおおおー!」

と叫んでいた。台風の近づく早朝だ。人通りなんて、ほとんど無い。

向かい風が強く、全くスピードに乗れない。坂道は無いが、上り坂を登っているようだ。

こんなにキツイ向かい風なのに、汗が吹き出している。普通、風が強いと、汗は蒸発してしまって、あまり汗をかいた感覚がないのだが、じっとりと身体に汗がまとわりつく。

それだけ湿気が高いということか。

クリックすると元のサイズで表示します
ほどなく浜名湖へ着いた。

どんよりしていて、いかにもこれからもっと天気が悪くなりそうな空が広がる。

もちろん、そんな空を見たところで、落ち込むようなことはない。

夢に向かって走っている真っ最中だ。

台風?来るなら来い!

自分はそれでいいが、家族はそうでもないらしい。

ヨメさんには、毎晩電話をかけていた。台風だからではない。いつものことだ。出張の時も、今年の初めに地獄の特訓に行っていた時も、宴会の日以外は、毎日電話をかけていた。

仲が良いのだ。

付き合っていた頃に長電話をしていたのを思い出す。特に何を話す訳ではないが、他愛もない事を話すだけだった。

ここ最近は、どうしてもたろうくんの話に偏る。偶に二人で喫茶店に入ってお茶をしていても、話題がたろうくんの事ばかりになっている。

それも悪くない。

でも、大阪の実家で待つ母親も心配している。ただでさえ心配しているのに、バカ息子が自転車で東京から京都に向かって走っていて、さらに台風に突っ込んでいくのだ。心配しているに違いない。

僕は、便りが無いのは元気な証拠と思ってるので、ほとんど実家には寄り付かないし、電話もしない。息子なんて、そんなものだ。

しかし、去年親父を亡くし、独りで暮らす母だ。そうそう心配ばかりもかけられない。

ここは、ひとつ、電話をかけておくか。

クリックすると元のサイズで表示します朝ご飯のついでと言ってはなんだが、ついでに電話をかけておいた。
もちろん、ついでのついでに、ヨメさんにもかけておいた。昨夜かけたのに。

もう、名古屋圏に入っているので、味噌カツライスバーガーという、埼玉では決して目にかかることがないものを見つけたので、即買いした。味は、想像したとおりのもので、おいしかった。

雨の中を走り続ける。幸いなことに、風が弱まってきた。

時間的に見ても、台風はそろそろ抜けているはずだ。本当なら、晴れて暑くなってもいいのだが、前線があったので、前線が活発化して、雨だけを降らせ続けているようだ。

身体が冷える。今日は、ガリガリ君は、欲しくない。

クリックすると元のサイズで表示しますコンビニスイーツと温かい缶コーヒーだ。

今まで知らなかったが、真夏でも温かい缶コーヒーを売っているのか。助かった。

コンビニスイーツは、好きで良く利用する。シュークリームとプリンが大好物なのだ。もちろん、普通のケーキ屋さんも利用するが、コンビニスイーツは、また別物で美味しい。

本当は、マクドでもいいから、店に入ってくつろぎたかったが、びしょ濡れなのだ。とても店に入って、席に付けそうに無い。仕方なく、コンビニの前で座り込んでプリンを食べる。周りから白い目で見られるが、気にしない。

クリックすると元のサイズで表示します元宿という駅に着いた。休む場所がないから、雨宿りの為に寄っただけで、まったく馴染みがない。観光地のようでもないから、知らなくても不思議ではないが、「宿」とついているところをみると、東海道の宿場だったのだろう。縁がないわけではない。




クリックすると元のサイズで表示しますそんな事を思っていると、良い雰囲気の宿場町に来た。藤川宿。




クリックすると元のサイズで表示します芭蕉の句碑があった。

うーん、紫麦って、なんだ?
http://tokaido.canariya.net/hr-02/hiro03/38mugi.html

芭蕉にも詠まれているし、幻の麦を復活させたのだから、もっとアピールすればいいのに、あまり知られてない。

クリックすると元のサイズで表示します街中に入った。いかにも城下町という作りの町を走ると、岡崎城があった。

手持ちの東海道五十三次ガイドの地図を見ると、どうもグネグネと曲がっている。できるだけ、昔の道を記すように書いてある本なので、おかしいなと思っていたら、本当に街道が曲がっているのが分かった。

クリックすると元のサイズで表示します「岡崎城下二十七曲り」である。

城下町なので、すぐに攻められないように、わざと屈折の多い道にしているとのことだ。残念ながら、そんな事は知らないので、まっすぐな幹線を走ってきてしまった。

そろそろお昼ごはんの時間だ。思いついて、ツイッターで絡んでくれているenodenboyさんに味噌煮込みうどんのおいしい店を探してくれるようつぶやいてみた。

即返信して教えてくれたのが、山本屋。

名古屋では有名なところらしいが、一番近いところで、30kmぐらい離れている。時速15kmぐらいで巡航しているから、これからまだ2時間以上かかる。

ちょっと難しいかも。

それでも、走る。

クリックすると元のサイズで表示します走っていると、趣のある工場が見えてきた。八丁味噌で有名(らしい)「カクキュー」さんの工場だ。工場見学をしていきたいところだが、今はそんな暇はない。

食事もできるみたいなので、ここで済ませてしまおうか。

・・・

営業してなかった。

これは、enodenboyさんオススメの山本屋へ行く運命なのだと諦めて、先を急ぐ。

ところが。

1時間も走ったところで、大きな看板が目に留まり、つい、寄り道をしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


知立(ちりゅう)という所の名物らしい「大あんまき」。

この辺りでは有名らしく、見ているうちに観光バスが停まり、観光客がどっと降りてきた。タッチの差で混雑する前に買うことができたが、危ない所だった。

上品と言うより、素朴と言った感じの菓子で、空腹を満たすに十分だ。小腹がおさまるというレベルの量ではないが、甘さがくどくないから、ぺろりと平らげてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


大あんまきを食べたので、もう昼ご飯は抜いてしまおうかと思い始めた頃、目的の山本屋に着いた。

平日の14時過ぎだというのに、お客さんが一杯だ。人気の高さがうかがえる。

ここで余談だが、当時は知らなかったが、味噌煮込みうどんの山本屋というのは、2社あるそうだ。

「山本屋 総本家」と「山本屋 本店」。

http://kosstyle.blog16.fc2.com/blog-entry-606.html
こちらに詳しく紹介されているので、参考にして欲しい。

僕がたまたま入ったのは、「総本家」の方。

そんな事は知らないので、僕は目指す山本屋に着いたので、とにかく興奮していた。このツーリングの間中、ずっと興奮していたが、とりわけこの時は激しく興奮していた。

どれぐらい興奮していたかと言うと、普通の味噌煮込みうどんではなく、わざわざ名古屋コーチンの味噌煮込みうどんを頼んでしまったぐらいなのだ。その値段が、今となっては定かではないが、1800円前後したと思う。そんな値段の昼ご飯なんて、ありえない!

クリックすると元のサイズで表示します


しかも、確かに美味しい味噌煮込みうどんではあったのだが、名古屋コーチンの意味がないぐらい味噌の味が濃いのだ。ただの鶏肉でも良かったし、鶏肉さえ入っていない普通の味噌煮込みうどんでも十分だったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します


前々から会社の名古屋出身の人から、味噌煮込みうどんは麺が硬い、硬いと聞いていたが、本当に硬かった。前もって聞いていなかったら、不満に思うぐらいだった。

写真を見て欲しい。うどんのアルデンテなんて形容されることもあるが、そんな生易しいものではない。しかし、歯応えが何とも言えず、美味しかった。

さあ、遅くなってしまった。15時を回っている。急いで行こう。

とはいえ、名古屋市内を走るのは、少し面倒くさかった。人通り、車通りが多く、何より信号が多いので、いちいち停まらなければならない。自転車をやらない人には、信号ぐらいしれていると思われるかもしれないが、なかなかどうして、馬鹿に出来ない。停まった状態から走り始めるという作業が入るだけで、疲労も増す。

クリックすると元のサイズで表示します古めかしい橋を渡った。車道とはっきり分かれた歩道を走る。その床面が錆び果てた縞鋼板で、少し心もとないが、趣があって好きだ。

後で調べたら、川は揖斐川か。橋は伊勢大橋。


クリックすると元のサイズで表示します橋を渡ると、早々に桑名に着いてしまった。まだ17時過ぎだ。

チャリダーとしては、十分遅い時間ではあるが、昨日一昨日とナイトランを続けてきたので、随分早く感じる。

もう少し足を延ばそう。

2時間ほど走って、四日市に到着。

クリックすると元のサイズで表示します


457.8km。

昨日314.43kmだから、今日の走行距離は143.37km。走行距離も少ないが、なにより、迷わなかったというのが精神的に良かった。

もっと事前に調べて置けば、昨日までの道のりも、楽だったに違いない。面白味に欠けるが。

クリックすると元のサイズで表示します


晩ご飯は、名古屋の日なので、鰻をセレクト。おつとめ品の鯖キズシ(関東で言うところのシメサバ)、豊橋名産ヤマサの竹輪、トマト。

飲む気満々だ。

明日はいよいよ京都入り。その前に最後の難関、鈴鹿峠が待っている。箱根ほどではないと思うが、もう4日目なので、疲れが蓄積されているはず。無理せず行こう。

0

2010/8/12  7:00

8月11日 のつぶやき  

taropapa1964 http://twitter.com/taropapa1964
8月11日 つぶやきまとめ


22:46
またまたツイッター繋がらない(*_*) 昨日リセットしてないから、314.43って事は、今日は・・・164kmも走った!回り道し過ぎ(^_^;) ああ、予定通り浜松まで来てま〓す♪ http://photozou.jp/photo/show/772064/45698257
2010/08/11 Wed 22:46 From Keitai Mail

18:32
またツイッター繋がらなかった(*_*) 今日も100km越えてから峠越え(T_T) http://photozou.jp/photo/show/772064/45673948
2010/08/11 Wed 18:32 From Keitai Mail

17:12
@nahceba 昨日夕方からツイッターが繋がりにくく、遅くなった。台風のお陰か、あまり暑すぎないから、まだ良い方。
2010/08/11 Wed 17:12 From Keitai Web

17:06
@enodenboy やっぱりいた!iphoneは持ってないです。そっちがうらやましい・・・
2010/08/11 Wed 17:06 From Keitai Web enodenboy宛

14:18
偶然、実物大ガンダムの会場の前を通ったので、立ち寄ってみた。うらやましがる人多いのでは?(^_^)v http://bit.ly/8Zufgt
2010/08/11 Wed 14:18 From Keitai Mail

12:00
由比で写真を撮っていたら、クラクションを鳴らして通り過ぎる車があった。キョトンとしてると、運転席からピースサインが出た。ピースで応えておきました。まだピースサインを交わせて、嬉しかった(^_^)v http://bit.ly/9kJpCz
2010/08/11 Wed 12:00 From Keitai Mail

11:05
まだ富士川です。田子の浦で予定外の寄り道をしてしまった。
2010/08/11 Wed 11:05 From Keitai Web

09:51
今日の天気、雨が降ったり、やんでいきなり快晴炎天下になったり。30分の間にカッパを2回着て2回脱いだ。もう、着るもんか(怒
2010/08/11 Wed 09:51 From Keitai Web

09:48
@enodenboy やっぱり!昨日夕方から、全然繋がりませんでした。横須賀方面は、アップダウン多いですね〓。通勤だと、着いてからが大変でしょう?シャワーとかあるんですか?
2010/08/11 Wed 09:48 From Keitai Web enodenboy宛

09:09
沼津の海岸を自転車で走ってみたい!という夢がひとつ叶いました(^_^)v でも、今日も雨なんですね〓(T_T) http://bit.ly/cw4Yg4
2010/08/11 Wed 09:09 From Keitai Mail

07:35
おはようございます!チャリダーの朝は早いので、7時には出発のつもりだったのに、今頃朝ご飯食べてます(^_^;)昨日は、疲れたからね〓。 http://bit.ly/bYh3Ng
2010/08/11 Wed 07:35 From Keitai Mail

0

2010/8/11  22:22

東海道上る(2日目:沼津〜浜松)  

二日目です。出遅れた分と、寄り道し過ぎたせいで、ホテルに着いたのは、21時過ぎちゃいました(^_^;)

明日は、早く動こうo(^-^)o

クリックすると元のサイズで表示します

2010年8月11日(水)

本来、チャリダーの朝は早い、と、昨日書いたばかりだが、今日は遅い。

もともと初日は一番ハードな日程だったので、二日目の朝はゆっくりして、ホテルの朝食を食べてから出発する予定でした。

クリックすると元のサイズで表示します
最近よくある朝食付きのホテルで、バイキング形式の朝食だ。

見た目はシンプルで、取り立てて紹介するほどのメニューではないが、実はこの朝食が意外に美味しかったのだ。

なによりパンが美味しかった。自家製なのか、どこかのパン屋が納めているのか分からなかったが、ちゃんとしたホテルのレストランばりのものだった。とてもリーズナブルなビジネスホテルの朝食とは思えないレベルだった。

次にサラダ。特筆するほどのサラダではない。普通にキャベツの千切りをメインにしたありふれたサラダだ。ポテトサラダもしかり。

しかし、この満足感はなんなのだ?

ただ単に、新鮮な野菜を新鮮なまま、よく切れる包丁できちんと切っただけなのかもしれない。

ただそれだけで、サラダは美味しくなるものなのか。

非常に参考になる朝食だった。僕はパンよりもご飯派なのだが、パンのおかわりまでしてしまった。

朝食に満足して出足が少し遅れてしまい、8時頃部屋を出ようとしていた。

そういえば、グローブが見当たらない。

よく探したが、どうにも見つからない。ウェアを洗濯したコインランドリーの部屋も探しに行ってみたが、ない。

仕方なく、チェックアウトの時に、ホテルの人にグローブの忘れ物があったら、連絡をくれるようにお願いして、9時頃出発。かなり遅れてしまった。

グローブが無いと、ハンドルを握り辛い。自転車用のグローブには、緩衝用のクッションのようなものが内蔵されている。我が家では、「肉球」と呼んでプニプニしているが、ここではどうでもいい話だ。

10時過ぎたら、適当な店を探して買うつもりで走っていたら、5分もしないうちに、雨が降り出した。昨日ほどの急な降り出し方ではなかったので、カッパを出して着ようとしたら、

「あ、グローブをポケットに入れっぱなしだった。」

ことを発見。

前日の箱根で、雨が振っている上りの時には着ていなかったが、下る時に寒いので、雨は降っていなかったがカッパを着ていたのだ。

自分が忘れていただけなのに、見つけ出せると、妙に嬉しい。

ペダルも軽く、沼津駅前から、すぐに千本浜へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここ5年ほどは、すっかりご無沙汰している海岸である。最近は専ら堤防を利用している。

久し振りに浜の上に立つと、やっぱり気持ちいい。

ここは自転車乗りが多く、朝練が有名だ。チームで走っているサイクリストがワンサカいるらしい。

チャリダーとは一線を画すものではあるが、一度走ってみたいと思っていた。

その夢が、ひとつ叶ったのだ。

嬉しくてしかたがない。

天気が悪く、人通りも少ない事をいい事に、

「うおぉぉぉぉぉぉぉ!」
などと叫びながら走ってみる。

この歳で、恥ずかしげも無く、こんな事ができる自分が嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうどカメラを置ける所があったので、セルフタイマーで自分撮りだ。

雨が降ったり止んだり、激しく入れ替わる。雨が止むと、いきなり炎天下になるので、カッパを脱がなければならない。でも、すぐに雨が降り始めるので、またカッパを着る。

そのうち、どうでも良くなって、濡れたまま走り出してしまった。昨日もそうだったのだから、今日もいいだろう。あまり考えずに、気楽に行こうと思った。

今回の旅では、特にその傾向が強かった。自分自身、くよくよ考える性質なのだが、今回は何でもポジティブに切り替えられるようになっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
晴れ間と雨の境目を見つけた。

コントラストが美しいぐらい青空は青く、雨雲は暗い。僕の素人写真では伝わり難いが、生で観ると、感動モノだった。


クリックすると元のサイズで表示します
雨雲を抜けると、夏空だった。





クリックすると元のサイズで表示します

田子の浦で、こんな公園を見つけた。

これは、寄るしかないだろう。

過大な期待を持って自転車を降り、公園に入ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

公園は高台になっており、その頂上にシンボリックな展望台があった。この上から富士と港が見えるに違いない。

一人でテンションがあがっていくのが、自分でも分かるぐらいだ。展望台の螺旋階段を軽快に駆け上がる!

クリックすると元のサイズで表示します
登りきってみて、愕然。







クリックすると元のサイズで表示します
周りの木の方が大きくて、まったく展望台の役を果たしていない。

富士が見えないのは、天気が悪いのだから、仕方ないとしても、せめて港や海が見えてもいいのだが、それも見えない。

落胆し、肩より低く頭(こうべ)を垂れて、公園をあとにした。

クリックすると元のサイズで表示します

本日1本目のガリガリ君。

昨日は結局2本しか食べれなかった。もっと食べたかったのに、残念だ。

クリックすると元のサイズで表示します
由比駅だ。

何も無い良さそうな駅だったので、遠かったが、写真に収めてみた。

いつもは、東名高速の由比PAで休憩し、海を眺めてリフレッシュするのが常だが、自転車で登った小高い丘から見る由比駅も、いいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

由比の海をバックに写真を撮っていたら、クラクションを鳴らして通り過ぎる車があった。キョトンとしていると、運転席からニュッと腕が出てきて、ピースサインをした。

すかさずピースで応えておいた。既に通り過ぎていたけれど、バックミラーで確認しているに違いない。この時、僕は自分でも分かるぐらい満面の笑みを浮かべていた。

初日のスタートのあたりに書いた、あのピースサインだ。

まだやっている人が居た。いや、久し振りにやったのかもしれない。

そんな事はどうでもいい。今、ここでピースサインを取り交わしたのだ。こんな嬉しい事はないではないか!

感傷にひたりつつ、再スタート。

時間的には、ちょうどお昼だったので、昼食を食べる店も探したい。

看板に「イルカ」を掲げているところが何軒かあったので、是非食べてみたいと思って探したのだが、仕出し屋のようで、ちょっとお邪魔して頂けるところは無かった。

仕方なくもう少し走る事にした。

旧東海道の矢印があったので、少し脇道に入ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

興津宿(おきつじゅく)というらしい。

ただの公園だが、宿場の由来や名物が紹介してあって、なかなか興味深い。本来なら、こういうところを辿って行った方がためになるのだろうが、そこまでの時間は無い。

トイレを済ませて、先を急ぐ。

広いイベント会場のような場所の横を通りかかった。

クリックすると元のサイズで表示します

あれは、ガンダムでは?


クリックすると元のサイズで表示します

実物大ガンダムだ。さすがに大きい。

↓静岡ホビーフェアというイベントだ。
http://www.gundam-shizuoka.jp/index.html

やっているといいうのは聞いていたが、わざわざ行くつもりもなかったから、調べていなかったが、偶然イベント会場の前を通ってしまった。

中の展示会場に入るのは有料だが、その他は入場無料とのことなので、入ることにした。ガンダムの近くに行く為には並ばなければならないようなので、そこはパス。写真だけを撮ってよしとした。

会場内には、飲食店もあった。ここで昼食も済ませよう。

東京から静岡初出店!なんてラーメン屋もあったが、わざわざ静岡まで来て東京ラーメンを食べるつもりは無い。

クリックすると元のサイズで表示します

「静岡B級グルメ3点セット」

これだ、こういうのを期待していたのだ。

「しぞーかに来たら、これずら」

クリックすると元のサイズで表示します

内容は、次の3点だ。
「しぞーかおでん」
「しぞーかはんぺんフライ」
「しぞーか割り」

「しぞーかおでん」は、串にさした練り物とこんにゃくを濃い目の出汁で煮込み、削り粉と青海苔をかけてある。不思議な味だが、美味しい。

「しぞーかはんぺんフライ」は、黒はんぺんをフライにしたものだ。

想像したとおりの味。はんぺんそのものの味が良いので、これも美味しくいただいた。

「しぞーか割り」は、焼酎の緑茶割りだ。ツーリング中なので、焼酎は抜いてもらった。

静岡の道は走りやすい。

川をいくつか越える。

クリックすると元のサイズで表示します

記録をとっていなかったので、定かではないが、安倍川のあたりだと思う。この頃は、少し注意力が散漫になっていた。

地図の上では、このあとの丸子(まりこ)にある峠が今日のヤマ場かと思っていた。ちょうど、その峠に差し掛かったところに、道の駅「宇津ノ谷(うつのや)峠」があった。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、ガリガリ君ではなく、ソフトクリームを。

その昔、この峠を越える為に、このあたりで精をつける為に、とろろいもを食べていったことから、とろろが名物になったそうだ。とろろは大好物なので、食べたいところだったが、満腹になると走れなくなるので、諦めた。

そして、いざ、峠越え!

今はトンネルが開通していて、あっけなく終わってしまった。

30分も走ると、里(さと)の風景に変わった。ただの山ではなく、人の生活が自然の中に溶け込んでいる里。こういう風景が好きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

朝比奈川だと思う。

僕は岡山県の津山出身だが、幼かったので、津山に住んでいた時の記憶は、ほとんど無い。でも、この里の風景だけは、染み込んでいるのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のベストショットだ。夜寝る時、ブログの速報版にもこの写真を送った。

更に進むと、今度は大きな川があった。

クリックすると元のサイズで表示します

これが「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と歌われた大井川だ。

もちろん、今は大井川橋という橋が架かっていて、まったく問題ない。ただ、この橋、歩道が後で付け足されていて、床が鉄板で腐っていて、非常に危ない。でこぼこして自転車では走りにくい。早めに改修をお願いしたい。

牧之原近くの金谷駅まで来たら、いかにも峠だ。もう、今日は峠を登りたくなかったので。道は分からないが、迂回路を探してみた。最初は順調に走っていたが、だんだん道が行きたい方角に向かなくなり、ついには断念して金谷駅まで戻ってきた。往復20km、約1時間のロスだ。

しかも、これから峠越えだ。

クリックすると元のサイズで表示します

斜面にはお茶畑があり、実に静岡らしい。

なんて呑気なことは言っていられない。この時、既に18時半を回っていた。今日の予定は浜松だ。まだ30km近くある。またナイトランだ。

クリックすると元のサイズで表示します
今日のガリガリ君、二本目。






クリックすると元のサイズで表示します

そして、当たった!疲れがすっかり吹き飛んだりはしないが、嬉しかった。子供じみているが、嬉しいものだ。

その後、ナイトランに入ったが、何度か道に迷ったというか、間違えて国道1号線バイパスに紛れ込んでしまった。急に車のスピードが速くなったし、歩道が整備されていなかったので、怖かった。気をつけよう。

すっかり真っ暗になった浜松に着いたのは、21時を回っていた。晩ご飯をどこかで食べようなんて気力も無い。どこかのスーパーで買おうとしばらく走り回ったが、見当たらない。

というより、どうも歓楽街へ入り込んでしまったようで、いい気分になったオヤジや、お姉さま達が徘徊していて、場違いな格好で走り回っているこちらの方が恥ずかしくなる。

よほど浮いていたのか、何人ものお姉さまや仕事中のGAL達に声をかけられた。

「キャア〜、なにぃ?オニイサンどこ行くのぉ?」
「これからぁ、歌いに行かないぃ?」

もう少し元気があったら、ついていきそうだった。

結局、近くのコンビニで晩ご飯を購入し、コインランドリーで洗濯している間に済ませてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

牛焼肉飯と、たこぶつと、冷奴だ。
コンビニでたこぶつや冷奴が買えるとは、嬉しい。今夜はビールとビールとお酒だな。

クリックすると元のサイズで表示します

リセットしておかなかったので、二日分の走行距離だ。

314.43kmだから、昨日の150.66を引いて、163.77km走ったことになる。昨日もそうだったが、1日120kmで計画を組んでいるのに、遠回りし過ぎだ。まあ、それはそれで楽しいものではあるが。

クリックすると元のサイズで表示します

特筆すべきは、最高速度。

60.6km/h!

60を超えてしまった。おそらく、間違って1号線バイパスに入ってしまって、なおかつ坂道を下っている時だろう。日が暮れてしまっていたから、サイコンが見えなくて、コントロールできなかったのだ。

今日は、精神的に疲れた。

道に迷っている時間が長かったのと、遅くなりすぎて焦りが出てきたからだ。

本当に明日は早く動いて、余裕が持てるようにしよう。

0

2010/8/11  7:00

8月10日 のつぶやき  

taropapa1964 http://twitter.com/taropapa1964
8月10日 つぶやきまとめ


17:58
お仕事お疲れ様でした〓(・o・)ノ

もう今日は、僕も早く寝る予定です(*^o^*) http://photozou.jp/photo/show/772064/45572094
2010/08/10 Tue 17:58 From Keitai Mail

17:30
一見頂上のように見えますが、このあと芦ノ湖へ下りるので、まだ登りはあります。完全に今日はナイトランですね(*_*) http://bit.ly/cgXd2f
2010/08/10 Tue 17:30 From Keitai Mail

15:53
ついに来ました〓バケツをひっくり返したような雨!(°□°;)ゴアカッパをせっかく持って来たのに、着るスキもなかった(T_T)ばぶさん、見た目以上に美味しかったですよ!大人な味なので、分から http://photozou.jp/photo/show/772064/45563517
2010/08/10 Tue 15:53 From Keitai Mail

14:39
箱根湯本で遅めのお昼ご飯中。すでに走行距離が100kmを超えてるんですが、これから箱根越えです(^_^;)今回は楽なルートを考えよう。 http://photozou.jp/photo/show/772064/45557991
2010/08/10 Tue 14:39 From Keitai Mail

12:57
@enodenboy モンハンと言われても(^_^;)大磯を過ぎて、2本目のガリガリ君タイム!
2010/08/10 Tue 12:57 From Keitai Web enodenboy宛

11:49
ちょうど11時ぐらいに江ノ島を通過してきました。コンビニがすげー混んでたから、休憩し損ねて、茅ヶ崎まで来てしまいました(^_^)v http://photozou.jp/photo/show/772064/45544271
2010/08/10 Tue 11:49 From Keitai Mail

10:07
やっと戸塚です。なんのことはない、道に迷ってたから遅いんです(^_^;)今日のガリガリ君1本目! http://bit.ly/a4Gsua
2010/08/10 Tue 10:07 From Keitai Mail

08:37
朝飯を食べるところを探してたから、あまり進んでいません。横浜元町の上島珈琲店でモーニング中。静かなジャズが流れていて、寝てしまいそう(-.-)zzZ
2010/08/10 Tue 08:37 From Keitai Web

07:16
おはようございます!
今、多摩川を渡ったところですから、川崎に入りました。
基本的に東海道の近くを走るので、15号線から1号線を走るようになります。 http://bit.ly/bdwrSH
2010/08/10 Tue 07:16 From Keitai Mail

06:02
お江戸日本橋は工事中で、雰囲気よくないですが、気分は最高です!雨も降らず、曇ってるから、走りやすい♪では、いってきまーす!(^o^)/ http://bit.ly/bFkesN
2010/08/10 Tue 06:02 From Keitai Mail

04:44
これで写真を投稿できるのかな? http://bit.ly/d3qidZ
2010/08/10 Tue 04:44 From Keitai Mail

04:29
輪行で始発に乗って行くべく、駅で電車を待っています。日本橋スタートなので、そこまでは楽をします。いよいよ出発!ドキドキしてきた!o(^-^)o
2010/08/10 Tue 04:29 From Keitai Web

0

2010/8/10  23:37

東海道上る(1日目:日本橋〜沼津)  

この日の為に買っておいたネットウォーカーで入力中に、バッテリー切れで、全部消えちまいました(T_T)

もう、今日は寝ます。昨日は1時間しか寝てないのに、150km走りましたし、箱根も越えましたし(^_^)v

クリックすると元のサイズで表示します

ツイッターに入れない方は、こちらへコメントをお願いします!(b^ー°)

<以下、本文>
2010年8月10日(火)

夏休みをとる為に、前日に遅くまで仕事をしていたので、ほとんど寝ていない。睡眠時間1時間ほど。

たとえ早く帰って、ものすごく早くお布団に入ったとしても、おそらく同じぐらいしか寝れなかったに違いない。遠足の前の子供状態だからだ。

明日からのツーリングが楽しみで、ワクワクしてたまらない。

朝4時。

チャリダーの朝は早い。

話の腰が折れるが、ここで説明しておこう。チャリダーについて。

今まで、何度となく、かなり拘って使ってきた「チャリダー」の呼び方。

初めて聞いたのは、もう20年ぐらい前。高校の同級生 あべちゃん(普段こういう呼び方はしていないが、ネット上なので、このネームを使用することにする。)と、北海道旅行をした時のこと。

当時大阪に住んでいた僕等は、フェリーで北海道へ渡り、車で北海道を回ったのだが、自転車で回っている人達をよく見かけた。もちろん、オートバイに乗っているライダー達は、もっとたくさんいた。そのフェリーの中で、「チャリダー」という呼び名を教わった。

ライダー達とは、すれ違う時にピースサインの交換をして盛り上がった。

チャリダー達は、強者ばかりだった。平気で1日200kmぐらい、毎日走っていた。ライダーと同じようにピースサインも交わした。坂道でもピースサインを出すヤツもいれば、ピースサインを出す余裕が無いキツい上り坂の途中などは、満面の笑顔で応えてくれるヤツもいた。

チャリダーとは、ウィキによれば、自転車旅行者のことだ。あえて言うなら、自転車の旅人(たびびと)と言いたい。自転車競技をするわけではないのだ。目的は、自転車で旅(たび)をすることだ。

だから僕は、チャリダーを名乗る。サイクリストでも、ツーキニストでもない。

話を元に戻そう。

朝4時なのだ。

チャリダーの朝は早いので、いつも出かけるときは、一人でこっそり出て行く。

でも今日は、前もってヨメさんにお願いしておいた。見送りをしてほしいと。

久しぶりの旅立ちだから、ヨメさんに見送って欲しかった。かなり不安でもあるし、やっぱり顔を見て、でかけたい。

クリックすると元のサイズで表示します

スタートするときに初めて自分も入った写真を撮ってもらった。このためにヨメさんを起こした訳ではない、念の為。

以前、釣りとツーリングのコラボで懲りたリアキャリアとバッグをつけた。背中にリュックを背負うのは、負担が大きいと思ったからだ。結果、この判断は大正解だった。

クリックすると元のサイズで表示します
今回の旅の為に揃えたものたち。





クリックすると元のサイズで表示します
ウェア、グローブ、ヘルメット、ウエストバッグ。更にサドル。





クリックすると元のサイズで表示します

すべてグリーンに統一した。

もともと緑色が好きだった。でも、あまり一般的ではないから、売っている事がそもそも少なくて、そんなに揃えることはできなかった。それが去年から今年にかけては どうだ。猫も杓子もグリーンを身につけている。今年グリーンを揃えないで、いつ揃えるのだ。そう思って、自転車以外の服飾も、グリーンを買い漁った。

特に、このコロンビアのウェアは気に入っている。ライムグリーンにイエローのツートンカラーが可愛い。

ヨメさんに見送られて、愛車「我が青春のアルカディア3世号」にまたがり、出発!

クリックすると元のサイズで表示します
5分もしないうちに最寄りのさいたま新都心駅に到着。

ここから東京駅まで輪行する。

平日なので、自転車が邪魔にならないよう、始発電車を選んだのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
ハッと気づいたら、東京駅を出るところだった。初っ端から失敗。寝過ごしてしまった。一駅行って、有楽町で自転車を組み、後戻りして日本橋を目指す。自転車だから、京浜東北線の一駅なんて、たいしたロスではない。


クリックすると元のサイズで表示します

日本橋といっても、観光地ではないのだが、そのあまりの無機質さは、高知の「はりまや橋」を彷彿とさせる。ちょうど道路工事中だから、尚更だ。まだ6時前だというのに、もう工事をしている人達がいて、その人達の目の前で自分撮りの写真を撮るのは恥ずかしかった。

東京から横浜方面は、何度もツーリングに行っているので、慣れている。

途中途中で休憩をとるときに、慣れないツイッターでつぶやいていく。釣り関係の知人、ばぶこう総裁がまめに絡んでくれたので、楽しく過ごせた。

クリックすると元のサイズで表示します
およそ1時間走って、多摩川を渡って川崎に入った。7時過ぎ。





クリックすると元のサイズで表示します
なにか良い朝食はないかとフラフラ走り回り、結局横浜元町の上島珈琲でモーニングにした。

静かなジャズが流れるオサレなお店で、場違いなレーパン(自転車用のレーサーパンツ)で入って、ガツガツモーニングを食べて、ちょっとウトウトしてしまい、いい迷惑だったかもしれない。

だが、そもそも、横浜元町にいること自体がおかしいことに気づくべきだった。予定では、横浜からは1号線を中心に東海道を走るはずだったのに、元町は全く方向が違う。それから戻るまでに1時間弱かかった。

クリックすると元のサイズで表示します

やっと戸塚まで来て、今日のガリガリ君1本目。

ガリガリ君は、自転車乗りの基本アイテム。これは、ふぉあぁさんのブログで教わった。実際に会ったことはないが、心の友だ。いろんな意味で尊敬している。

クリックすると元のサイズで表示します
熱中症対策の為に持参した梅干。15年前ぐらいに自分で漬けた小梅だ。同じ年に普通の梅干も作ったが、そちらは既に売り切れだ。

ふぉあぁ家は毎年作っているそうだが、我家は、僕しか梅干を食べないし、普段は塩分が気になってあまり食べれない。もっぱら調味料として使うか、おむすびの具にするぐらいなので、小梅が残っている。

久し振りに食べてみると、時間が経っているので、辛さの角がとれて、美味しくなっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

通い慣れた江ノ島だ。いつもは釣り竿をかついで、夜中に渡っている。今日は橋は渡らない。いつも行く駅前のコンビニで2本目のガリガリ君を買おうと思ったが、観光客でごったがえしていて、とても入れなかったので、スルーした。

クリックすると元のサイズで表示します

海岸沿いの道は走りやすく、茅ヶ崎まで来てしまった。コンビニは無いので、自販機で冷たいスポドリを買って休憩。

クリックすると元のサイズで表示します
湯葉そば 勇(いさみや)
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1410/A141001/14015165/

遅めの昼ご飯を箱根湯元でとった。観光地に旨いものなんてないと思っていたら、美味しかった。箱根だから、という名物ではなく、この店オリジナルなので、観光地は関係ない。

クリックすると元のサイズで表示します

定番の「ゆばそば」ではなく、夏季限定の「冷やしゆばそば」をいただいた。

豆乳のダシにそばと湯葉が入っていて、さっぱりとして、美味しかった。疲れきった身体にも優しそうだ。これからの箱根の峠越えを考えると、ガツンと食べる気もなかったので、ちょうど良かった。

今、食べログを見てて知ったのだが、スイーツも美味しそうだ。知っていれば、食べたのに、残念だ。そのうち、ニジマス釣りのついでの時にでも、食べに行こう。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、ここまでの走行距離。100km超えている。横浜で迷ったから、20kmぐらい予定より多めに走っている。時間もかかった。

もう16時だ。箱根を越えるなら、2.5時間はみないといけない。19時を過ぎる。日も暮れる。

それでも、行かねば!

先々月、試しに登ったのは、1号線ではなく、旧道だった。かなりキツい坂道で、何度も自転車を下りて歩いてしまっていた。なので、今度は1号線で行こうと決めていたのだ。1号線の方が、楽だと思っていたからなのだが、これは大きな間違いだったことを、後で思い知る事になる。

クリックすると元のサイズで表示します


滝があったので、記念撮影。立て看板に「蛙の滝(かわずのたき)」とあった。

もう遅いというのに、こんな所でゆっくりしてて良いのか?良いはずが無い!

この日は、天気予報は雨だったが、幸いにも曇りのままここまで来ていた。あまり暑すぎず、絶好の自転者日和に恵まれ、道を間違えたことを除けば、すこぶる順調だった。

が、

クリックすると元のサイズで表示します
何の前触れもなく、突然の大雨が!



クリックすると元のサイズで表示します
本当は前触れがあったのかもしれないが、そんな周りの変化に気付くような余裕がなくなるほどの上り坂だったので、いたしかたない。

天気予報が良くなかったので、かぐらの春スキーの為に購入したゴアテックス製のレインウェアも持ってきていたが、取り出して着る時間もないぐらい、急に雨が降り出したため、一気に全身ずぶ濡れになってしまった。ここまで濡れれば、怖いものはない。そのまま走り続けた。

が、量だけではない。雨粒が大きくて、身体に当たると、痛いぐらいの雨なのだ。

木陰に入っても雨宿りができず、ほうほうの体でたどり着いたのは、大平台駅。箱根登山鉄道の駅だ。

クリックすると元のサイズで表示します
線路が終わっているので、終点かと思ったが、ここは箱根登山鉄道。スイッチバックをする駅なのだ。余裕があれば、スイッチバックも見たかったが、心が折れそうだったので、見る余裕が無かった。


クリックすると元のサイズで表示します
二人ほど雨宿りをしている人がいた。

すごい雨ですね、ええ、ビックリしましたよ、

みたいな挨拶を交わし、しばし休憩をとる。

ただでさえ遅くから登り始めていて、時間が気になっているのに、こんなところでのんびりしていられない。休憩といっても、全く安らいだものではない。

休んでいる間に箱根登山鉄道が来て、雨宿りをしている人は電車に乗って行ってしまった。代わりに電車から下りた人が、立ち往生していて、駅の中は、あまり代わり映えしない。

30分は休んだだろうか。

止んだ訳ではないが、走れそうなぐらいに雨足が弱まったので、スタートだ。

クリックすると元のサイズで表示します


旧道には無かった標識だ。

1号線最高地点874m。

道路の濡れ方を見れば、どれくらい雨が降っていたか分かるだろう。路肩を走ることが多い自転車だが、路肩は水が集まるので、まさに川になっている事もあるほどだったのだ。

感動にひたっていたいところだが、時間が無い。先を急ぐ。

残念ながら、甘酒茶屋は通らないルートのようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


通い慣れた芦ノ湖。ここ数年はご無沙汰していたが、奇しくも今年の3月に、ニジマス釣りに来たばかりだ。

雨模様なので、富士山は見えない。

先ほど1号線最高地点を通過したから、もう登りはないと思うかもしれないが、芦ノ湖はカルデラ湖だ。最高地点から一旦下っているので、三島側に下る為には、また登らねばならない。この登りもキツかった。坂そのものというよりも、この日1日分の疲れを背負って日も暮れた最後の登りだからだ。

県境を越え、いよいよ下りだ。

もう、すっかり日も暮れている。平日のせいか、車通りは多い。

いい気になってスピードをあげると、危ない。

だいいち怖い。

クリックすると元のサイズで表示します
自動車の居眠り防止用の凸凹が自転車には致命的だ。とても走れたものではない。

コイツが無くても、せいぜい40km/hがいい所だ。

ブレーキを適度にかけながら、下りていく。

登りに3時間かかったが、下りは20分ほどで下りてしまう。

三島で泊まってもいいが、せっかくだから、沼津まで足を伸ばそう。

主に夏の釣りで通っている沼津だ。知り合いもいる。本当は、元気があれば、馴染みの釣具屋を尋ねてみようと思っていたが、さすがに疲れ果ててそれは諦めた。

せめて、美味しい晩ご飯を食べに出ようかと考えていたが、実際たどり着いてみると、とても歩き回れるような元気は残っていなかった。

そこで、通い慣れた沼津である。ホテルへ行く前に、西友に寄って晩ご飯を仕入れた。昔はダイエーに行っていたのだが、数年前に閉鎖してしまった。残念だ。

西友の前で携帯でじゃらん経由でホテルを予約した。

駐輪場があるかどうか心配だったが、案ずるより生むが易し。フロントのおねえちゃんに訊くと、

「みなさん、よく分解してお部屋に持っていかれてますよ。」

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど!輪行袋に入れてしまえばいいのか!そんなに手間がかかるものでもなし、持ち込んでしまえば、部屋の中で自転車のメンテナンスもできるではないか。実際には疲れ果ててメンテナンスなどできなかったのだが。

クリックすると元のサイズで表示します


今日の走行距離。150km。

予定では、120kmぐらいで済むはずだ。横浜でのロスが大きい。

部屋へ入って、すぐにシャワーを浴びて、西友で買った晩ご飯のお寿司を食べて、もちろんビールとビールとビールを飲んで、ネットウオーカーで今日のブログを打ち始めた。

しかし、昨日の睡眠時間1時間なうえ、今日の走行距離150kmで、おまけに箱根越えもやってしまったのだ。

打ちながら眠ってしまうのに、5分とかからなかっただろう。

電源をつないでおけばよかったのだが、ベッドで打っていたので、バッテリーで起動していたから、目が覚めた2時頃には、すっかりバッテリーが上がっていて、それまで打っていたデータも全て消えてしまっていた。

脱力感に包まれて、携帯でブログへ速報版をアップして、この日は眠ることにした。

でも、心は満たされていて、充実していた。

今日の達成感と、明日からの旅の期待感と。

自分でも顔がニヤけているのが分かるぐらい・・・zzz


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ