2012/8/20  23:51

嵐の竣工検査  お仕事

8/19(日)は釣りクラブのハゼ釣り大会でした。去年、たろうくんと参加し、その後の打ち上げ?も一緒に参加して、楽しく過ごせました。

今年も、もちろん参加!

の、予定でした。

が。

前日の18日(土)の昼ぐらいに電話があり、ちょっとやり取りして、結局夕方になって20日(月)に竣工検査をすることになってしまいました。

事前に聞いていたら、現調もやって準備しておきますが、今日の夕方聞いて明後日の午前中に終われってんですから、とんでもない。まだ事業所の住所も客先の名前さえ聞いてないのに、とにかく行ってくれ、ですよ!あとでファックス送るからって・・・

ぶー!!!

いくらなんでも、当日ぶっつけ本番で竣工検査やるほど度胸ないし、だいいち、竣工検査自体、初めての体験です。

泣く泣くハゼ釣り大会&打ち上げのキャンセルをメールして、日曜日は現地へ行って調査と準備をして来ました。

メインは銘板取りで、顔合わせをして、単線結線図と一緒にチェックでした。そこそこの規模だったので、時間がかかりましたけど、滞りなく前日は終了。

早めに終わったので、余市まで足を伸ばせば、打ち上げの最後の方に間に合いそうでしたが、片付けだけ手伝いに行くのも寂しいし、たろうくんを家に残してる(けど遊びに行ってた)ので、素直に帰宅しました。

さて、当日。

朝起きると、スゴイ雨が降ってます。天気予報では、午後から雨があがるらしい。

竣工検査は午前中なんですけど。

14時には受電予定。

無理ちゃう?

無理なら止めましょうと言うつもりで、とりあえず現地の電気屋さんに電話してみると、現地は今降ってないよ、と言われてしまいました。

ま、天気は小樽方面から変わってくるので、もうあがってるんなら、大丈夫ですね、と言って電話を切りました。応援をお願いしてたので、そっちにも電話して、現地は上がってるので予定通りお願いね、と言って出発!

現地に着くと、確かに雨は降っていません。さっきまで降ってた感たっぷりですが。

電気屋の大将いわく、「うん、さっきまたスゴイ降ってた。」

オイオイ。

応援者も到着し、道具を準備して、さあ、やりましょか!

って段階で雨がザー。

試験器を濡らす訳にいかないので、ブルーシートで保護して、しばし雨宿り。この段階で受電は翌日にしてもらう事になりました。時間的には余裕ができました。午後にはあがる予報だし♪

雨宿り中に呟いてみたりして。

クリックすると元のサイズで表示します


たろパパ‏@taropapa1964
初めての竣工検査なのに、雨で待機中。さっきまであがってたのに!!!
http://twitpic.com/aljsbe

30分近く待って、再開。

大きなキュービクルなので、応援の人に中に入ってもらって、結線やらお願いしました。

耐圧検査、引き込み側は天気の割には良い数値が出て、滞りなく終了。機器側に接続して昇圧していくと、どうも音がします。追いかけていくと、リアクトル付近です。結線しなおしてみても変わらないし、単体で絶縁を測っても大丈夫。とりあえず測定だけして、電気屋さんに引き継いで改善してもらう事に。

このへんで、もうお昼を過ぎてしまったので、休憩にしましょう。無理して頑張ると、何でもない所でミスをしたりしますから〜。


たろパパ‏@taropapa1964
雨の合間を縫って耐圧試験終了。午前中に全部終わる予定だったのに、リレー試験が残ってしまった。お昼行ってきます。


少し離れたスーパーでお弁当を買って駐車場で済ませ、午後の部、開始です!

また雨がザー。

様子を見ながら準備を進め、ブルーシートで覆いながら、リレー試験を試みましたが、試験器が濡れてしまったようで、漏電ブレーカーが働いてしまって、試験が進みません。

しばらく置いて乾かすことにして、過電流継電器の試験を先に済ませました。こちらは滞りなく終了。

リレー試験に戻ってみると、なんとかなりそうです。少し問題がありましたが、ちょっと会社へ電話してアドバイスをもらったりして、なんとか終了!

片付けをしているうちに、ぐずついていた雨はすっかりあがり、晴れてきました。それどころか、グングンと気温があがり、蒸し暑くなってきました。

たろパパ‏@taropapa1964
午後も雨が降りしきり、シート養生したり、カッパ来たり、雨宿りしたりして、何とか竣工検査終了。片付けている頃になって雨があがり、暑いぐらいに。誰が雨呼んだんや?(ナイショ)

あー、こんなことしてる場合ちゃうわ。明日受電やから、また立ち合いに行かなあかん。はよ寝よ〜。

ところで、こんな話書いても、誰もついてこれないですよね?分かるのは一部の関係者だけです。

ちょっと仕事関係のネタは、このまま続けても仕方ないので、少し考えます。良いネタができたら、アップしますね〜!
0

2012/8/11  22:29

北海道 謎の食品「小揚げ」  北海道 謎の食品

北海道には、謎の食品が多く存在しています。いろんなHPやTV番組でも取り上げられていて、目にする事も多いと思います。

有名どころでは、ガラナ、ソフトカツゲン、リボンナポリン、やきそば弁当といった商品。

商品ではなく、料理名として有名なのは、ザンギ。チャンチャン焼きは謎かというと、そうでもないし、ただの郷土料理と言えそうです。

あまり気付いている人がいないみたいなのが、今日取り上げる「小揚げ」です。先日、海アメの筋子のカナッペの時に、揚げさんの話を書いたので、思いつきました。

クリックすると元のサイズで表示します


関西でいうところの、薄揚げと寿司揚げの中間ぐらいのものです。関東でいうと、油揚げを小型にしたようなものです。それぞれのサイズをまとめてみましょう。

地 域  名 称  短辺  長辺   厚さ
関 西  薄揚げ  80  180   5
関 西  寿司揚げ 80   80   5
関 東  油揚げ  80  180   5
北海道  小揚げ  80  100  20   (単位:mm)

関西、関東のそれぞれと違うのは、その厚さです。

関西から関東へ引っ越した時、寿司揚げが売ってなくて、薄揚げを半分に切ったものが寿司揚げとして売っていたのには、驚きました。

さて、薄揚げは冷凍庫で常備していたので、北海道へ引っ越してすぐ薄揚げを探しました。でも、無いんです。

クリックすると元のサイズで表示します


よく探せば、あるにはありますが、しっとりした高級品タイプです。僕が欲しいのは、普段使いのペラペラの薄いのんや!と怒りました。今はすっかり馴染んで「小揚げ」を冷凍保存して常用しています。

ところで、稲荷寿司の形が関西と関東で違うというのは有名ですが、北海道ではどの揚げを使って、どんな形にするんでしょうか?

どうやら、この「小揚げ」を使うらしいです。しかも、長辺を横に切るそうです。こんな小さい揚げで作ったら、小さいお稲荷さんしかできへんやんか!

僕はおかんが作ってた大阪風の三角のお稲荷さんが普通だったので、パンパンにご飯を詰めたのを作ります。おかんオリジナル(田舎風ともいう)なので、大阪のお稲荷さんが全部パンパンではありません。

そして寿司飯に具を混ぜた五目稲荷が基本です。関東の胡麻だけっていうのにも驚きましたけど、北海道では、その大きさからか、胡麻さえ入ってないみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します撮影用に買った揚げさんですが、折角なのでお稲荷さんを作りましょう。北海道風ではなく、関西風にする為に、「小揚げ」を敢えて三角に切りました。


クリックすると元のサイズで表示しますこんな感じ。左のバットが三角、右のバットが関東風の四角です。パンパン過ぎて、三角お稲荷さんに見えへんという批判は、受け付けません。



余談ですが北海道へ来て驚いた揚げさんが、実はもうひとつあります。

クリックすると元のサイズで表示します


三角揚げです。これは大きくて、長い辺が25cmぐらいあります。これこそ、どうやって食べるんでしょうか?そのうちヒヤリング調査しておきます。

大きいだけじゃなくて、分厚いんです。3cmはありますよ。サイズ的には、栃尾の油揚げサイズ。形が違うだけみたいな。

クリックすると元のサイズで表示します


栃尾の油揚げは、埼玉に住んで軽井沢に通っていた頃、必ずスーパーで買って帰ってました。軽井沢は距離的に近いからか、新潟のものを結構置いてありました。

ところが、栃尾の油揚げは埼玉の近所のスーパーで定番で置いていることを発見し、わざわざ軽井沢から買って帰る事はなくなりました。それでも佐久の鯉の甘煮は買って帰ってましたよ♪

話がそれてしまいましたね。今日は「小揚げ」がメインでした。今後、北海道の謎の食品は、シリーズ化していきたいと思います。新鮮な目を持っているうちに!

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ