2012/10/25  5:30

エサの消化で  釣行記

鮭料理編に行くと思った皆様、ごめんなさい。まだ引っ張ります。

シーズン初めに準備した鮭釣りのエサ。ソウダガツオの切り身がほとんど手つかずの状態で残っています。ソウダガツオですよ、ソウダガツオ。しかも、マルソウダ。あれだけ釣れるマルソウダの冷凍を、まさかお金出して買う日が来るとは、関東に居る時は予想もできませんでした。

サンマでも良いと聞きますが、とりあえずソウダを準備しました。でも、ウグイのアタリだらけになってうっとうしいので、結局紅イカしか使わなくなりました。

食用として売っているソウダなら食べてしまうんですが、釣具屋さんで買ったものなので、食べる訳にいかず。それに、今年はこっつさんに鮭を送ったお返しにソウダを頂いたので、食用も足りてるし。

ということで、残ったエサの消化の為に、鮭釣りに行きましょう!

情報をとってみても、あまり芳しくない。じゃあ人が少なくて、ウエーダーのいらない堤防にしましょう♪去年通った美しい河口へ。

2012年10月25日(木) 5:00〜6:30 美しき川

現地に着いて車から釣り具を出して準備をしていると、ちょっと前に堤防に向かったおじさんが帰ってきました。どうやら、工事中で立ち入り禁止になっていたようです。以前から工事はしてましたが、立ち入り禁止にはなっていなかったのに、いよいよダメになってしまったみたいですね。

仕方ないので、内側の河口寄りの堤防へ移動しました。そこには既に5台ぐらいの車が停まっていて、先端からしっかり人が入っています。付け根付近の人がまばらなところへ何とか入れてもらいました。

周りは殆どがウキルアーですが、僕には釣れると思えないので、ウキフカセです。浜益川でもそうなんですが、あんなに釣れない釣り方にどうしてみんなこだわるのか、全然分かりません。エサ釣りよりルアーの方が格好いいとでも思ってるんでしょうか?ルアーにエサを付けてるのに。ウキフカセはエサを付けずにタコベイトだけでやる時もあるのに。

確かにウキルアーの方が釣れる時はあります。が、全体の時間でみれば、そんなのはほんの一瞬です。

あ、北海道以外の人には分からないかもしれませんが、ウキルアーって、ルアーロッドでウキつけて、スプーンにタコベイトつけて、エサをつけてタラタラ巻いてくるんです。超デッドスローです。アクション無しで。

まあ、そんな事はどうでもいいんですが、周りに比べると、すっかり出遅れて始めた訳です。ほとんどの人がウキルアーのウキにケミホタルをつけているところを見ると、みんな暗いうちからやってるんでしょうね。

でも、魚っ気が無くて、全然釣れる気がしなかったので、ちょっとよそ見をしている間に、隣のお兄ちゃんが

「引いてますよ、引いてますよ!」

「えっ!引いてました?」

ウキを見た時には、ゆっくり浮き上がってくるところで、すっかりタイミングを外してしまいました。

こんなにアタリが無い日の、唯一のアタリを逃すなんて、僕のバカ、アホ、ボケ、カス〜!

なんて言ってたら、またウキがモヤモヤと沈んでいきました。

「!」

今度はバッチリアワセて、やり取りを始めました。隣のアタリを教えてくれたお兄ちゃんが掬おうか?と聞いてくれましたが、引きが大したことなかったので、大丈夫ですと断って、無事ネットイン。

クリックすると元のサイズで表示します


65cmぐらいの小振りな女の子でした。しかも、鱗が所々剥がれてます。一度網にかかって逃げてきたのでしょうか?せっかく命からがら逃げてきたのに、こんなところで釣られてしまって、可愛そうに・・・

と言いながら、本当に女の子かどうかチェック。

あり?卵の感触が無い!しかも、指にまとわりついてきた黄色いフンのようなものを見て、

「これは、もしや、噂に聞いた鮭児では!?」

と、こっそり思って、まだまだ時間は早いですが、片付けて帰る事にしました。もちろん、エサはたっぷり残ってましたが、この際なので、全てリリース(?)して、今シーズンの鮭釣りは終了としました。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、帰って興奮して捌いてみると、ほら、立派なスジコが・・・

え?

鮭児ならスジコ無いよね?

はい、鮭児じゃありませんでした(悲

でもね、でもね、まだ続きがあります。この時期、ほとんどエサを食べなくなってるので、フンも無いものですが、フンはあるんです。と、いう事は・・・

クリックすると元のサイズで表示します


2枚に下ろしたら、身の色が全然違います!今の季節、白身の魚らしい色に成り果てているものですが、キレイな橙色です!脂もしっかり乗っています!

という事は、鮭児ではなくて、メジカでしょうか?こんな季節に?

謎は深まりますが、そんな事は置いといて、食べたらおいしかったです♪

でも、料理編はやっぱりまとめて後日。

引っ張る〜(^_^;)

0

2012/10/19  5:00

浜益川釣獲調査B日程第5週  釣れない記

鮭料理編に行くと思った皆様、ごめんなさい。あまりにも情けない結果だったので、こっちを先にアップします。

結論から言うと、第5週は全く釣れませんでした。そもそも釣りができない日が多かったと言うべきか。

10月19日(金)第5週初日、満を持して浜益川へ向かいました。のんびり朝5時半着を目指して走っていると、もう少しで到着する頃になったら、対向車が増えてきました。

金曜日の朝5時に、この辺をこんなに車が走っているなんて、おかしい。

同じ方向なら、鮭釣りに行くのだというのが分かるし、今までもそんな事がたくさんありました。釣りに限らず、スキーの時もそうですよね。ほとんど車の行き交わない道を、何故か夜中や早朝に走っている車は、たいがい同じスキー場へたどり着きます。もしくは、途中で曲がって隣のスキー場とか。

でも、今日は札幌ナンバーの車がどんどん向こうから走ってきています。これは、もしや・・・

クリックすると元のサイズで表示します10月19日たろパパ‏@taropapa1964
浜益川、今日は荒天のため、釣獲調査は中止となりました。 pic.twitter.com/MctteqCd


やっぱり。

中止です。

仕方ないですね。

クリックすると元のサイズで表示します10月19日たろパパ‏@taropapa1964
浜益橋の上から河口を見たところ。外海にあり得ない大きさの高波が!堤防が役にたってます。 pic.twitter.com/sTjP9kuD


帰る道すがら、正面に手稲山が見え始めると、頂上付近がうっすら白くなっているではないですか!

クリックすると元のサイズで表示します10月19日たろパパ‏@taropapa1964
お、手稲山初冠雪!?頭の中がスキーシーズンに切り替わりそう♪ pic.twitter.com/gYpGgAMW


まっすぐおうちに帰らずに、ちょっと寄り道をしていきましょう!

手稲区のはずれに、前田森林公園という大きな公園があります。埼玉で言うと、武蔵丘陵森林公園みたいな所です。埼玉と違って、入園料は無料です。夏はバーベキューをしたりして利用しました。

クリックすると元のサイズで表示します10月19日たろパパ‏@taropapa1964
前田森林公園のカモたち。逃げるどころか、向こうから近づいてきます。むっちゃカワイイ♪ pic.twitter.com/4vdsWsGb


クリックすると元のサイズで表示します
慣れ過ぎてて、僕の足を突っついてます(^^)カワイイ




ここは正面に手稲山を見る事ができるビューポイントがあるので、そこから手稲山初冠雪を眺めようという算段。

クリックすると元のサイズで表示します


10月19日たろパパ‏@taropapa1964
前田森林公園から観る手稲山初冠雪♪ pic.twitter.com/7GZk78VC


釣りはできなくて残念でしたが、すっかりリフレッシュできました♪

土曜日も天気が悪かったので、たぶん中止だろうと思って行きませんでした。7時頃現地事務所へ電話をかけてみると、やっぱり中止になっていました。

日曜日も悪そうなので、行きませんでした。ところが、電話をかけてみたら、やっていたそうです。

週末はHPが更新されないので、結果も分からないまま。それでも最後の週なので、月曜日は行っちゃいましょう!

・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します10月22日たろパパ‏@taropapa1964
浜益温泉なう。今日は鮭釣りなんかしてないんだからね!(ツンデレ?)というわけで、ひるちゃん、ごめん。釣れませんでした(悲 pic.twitter.com/gXskg2Aj


ということで。

人はそれなりにたくさんいましたが、釣れる場所がシビアになってきていて、どうにもアタリがありません。

いえ、厳密に言えば、1回だけありました。アタリが少ない時にありがちなんですが、たまたまよそ見をしていた時にウキが沈み、気付いてすぐにアワせましたが間に合わず、空振り。

結構頑張ったんですが、寒いし、昼過ぎでギブアップ。

ちなみに石狩観光協会の報告を見ると、この日は結構釣れていたようです。でも、およそ僕の周りで釣れていた人はほとんどいません。入る場所が悪かったみたいですね。っていうか、河口だけ、しかも、河口でもあるポイントに限られていたみたいです。それはそれでしかたありません。あの混雑の中をストレスためながら釣りをするぐらいなら、ボ・・でいいです。なんて、今シーズンは言えるから、ほんと、いいですね。

さて、こんなに早く切り上げていくところと行ったら、温泉しかありません。いつもの浜益温泉さんへ〜♪

いつも通りたっぷり1時間以上温泉に入りました。自分でも気付かないぐらい身体が冷えていたようで、足の指先の感覚が戻るまでにかなり時間がかかりました。気を付けないといけませんね〜。

クリックすると元のサイズで表示します


10月22日たろパパ‏@taropapa1964
遅ーい昼ご飯。石狩鮭醤油らーめんです。鮭が入った醤油らーめんじゃなくて、鮭を原料にして作った醤油のらーめんです。初めてなのに懐かしい味でした。ごちそうさまでした♪ pic.twitter.com/bdSDfQeZ


翌日、翌々日も調査はあったようですが、もう終わった感があって、行きませんでした。その判断は正解で、釣果は悲惨なものだったようです。

石狩観光協会のデータ→hamamasugawa_saisyuu.pdf

これで今シーズンの鮭釣りは終わり・・・ですかね〜。まだエサがたんまり残ってしまってるからなー。

どーしよー(カリ城の銭形風)。


0

2012/10/10  5:45

浜益川釣獲調査B日程第3週 2日目  釣行記

2012年10月10日(水) 5:45〜8:00 浜益川

間に船釣りをやってしまったので、第3週は二日しか行けませんでした。十分ですがね。

まだ好調が続いているというか、爆発が続いているというか、スゴイです。釣り人の数もスゴイから、早く行っても良い場所には入れそうもありません。のんびり行きましょう。

という事で、少し遅めの時間に着いて、受付開始の喧騒が終わった事務所で受け付けをして、少し上流へ向かいます。前回やったポイントも満員御礼で、更に上流へ。

前回も来ていたブッコミ釣りの老夫婦が同じ場所でやっていて、そのお隣へ入れてもらいました。

「おはようございます!」

と挨拶をしてから釣り座について、準備開始。

先日はこの時点で周りがバンバン釣ってて焦りましたが、今日はそんな気配がありません。なので、最初はウキフカセで固くいきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


あり?あっさり1匹目ゲット。女の子です。70cm、3kg。

周りが釣れてないのに、後から来てすぐに釣ってしまったので、注目が集まって、ちょっとこっぱずかしい(ウッヒョー♪)

隣のおじいちゃんが掬おうか?と言ってくれましたが、サイズもいまいちなんで、丁重にお断りしました。

あまりにもあっさり釣れたので、始まったのかと思って、早々に仕掛けをウキルアーにチェンジ!

しかし・・・

やっぱり釣れない。周りも釣れない。ゼロじゃないですけど、あまり釣れてません。

1時間ほど頑張って、我慢できなくなって、ウキフカセに戻しました。

すると、

クリックすると元のサイズで表示します


あっさりゲット。今度は男の子 65cm、2.5kg。

その後、ちょっとまったりタイムが流れ、朝ごはんのおむすびを食べたりしました。

そんな中、お隣のおじいちゃんにアタリがあり、結構良い型の男の子が釣れました。80アップありそうで、顔つきが格好良かったです!

ご夫婦なんで、玉網役はおばあちゃんがしっかりやってました。

しばらくして、おばあちゃんが車に何か取りに行っている間に、おじいちゃんにアタリがあり、ファイトが始まりました。

と、僕のウキにもアタリがあり、ヒット!二人並んでダブルヒットです!

とはいえ、明らかにおじいちゃんのは大物で僕の方はそれなりです。おばあちゃんもいない事だし、サクッと僕は取り込んで、おじいちゃんのアシストへ回りました。おじいちゃんの分も取り込んで、めでたし、めでたし♪

クリックすると元のサイズで表示します


今度はちょっとグラマーな女の子 70cm、3.4kgでした。

時合が来たみたいで、周りでも釣れ始めます。

僕は次の流しでまたヒット!立て続けです!小さいけど今度はおじいちゃんに掬ってもらって、4匹目ゲット♪

クリックすると元のサイズで表示します


男の子 58cm、1.8kgでした。小さいけど、元気が良いのは、男の子の証。

本当に時合で、次も立て続け!入れ食い!?

クリックすると元のサイズで表示します


最後は女の子 65cm、2.6kgでした。

♀♂♀♂♀と上手い具合に交互に釣れましたね。だからなんだと言われても困りますが・・・

定数5匹釣ってしまったので、ここで終了です。ちょっと離れた所にいたおじさんに場所を譲って引き揚げました。

クリックすると元のサイズで表示します


検量所の前で記念撮影。5匹になると、ちゃんと並ばないですね。

クリックすると元のサイズで表示します魚を捌ける流しが置いてあって、共用でみんなが使っています。いつも僕はヌルをある程度落として、エラを抜いてから帰ります。共用ですし、他の人も使いたくて待ってますからね。

でも、この日、常連みたいな人が捌いていて、後ろに並んで待っていたら、全然終わりません。最高でも5匹しかいないはずなのに、どうして?と思っていたら、3枚に下ろして、切り身にしてました。そこまで共用でやらなくてもいいのにねぇ。結局、僕は45分待って、後で来た他の人が僕の前の常連さんを見て、流しの近くの四角いテトラ?の上で捌き始めたので、僕も真似して横で捌きました。

もっと暑い時期なら、魚が傷んでましたよ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
料理は第3週の分をまとめてアップします。もう、そんなにバリエーション無いんですが。




0

2012/10/8  6:00

チライ号発進!  釣行記

2012年10月8日(月) 6:00〜13:00 積丹半島沖

続けて鮭釣りやると思ったでしょう?残念でした。僕にとって、人生4回目の船釣りです(ボート釣り除く)。

始めては茨城で夜イカ、2回目は相模湾でウイリーシャクリ真鯛、3回目は同じく相模湾でルアーシイラ。

1回目、2回目で船頭の言いなりにならなければならない船釣りにあまり良い印象を持てず、船釣りは避けてました。ルアーシイラは全員で共同作業というところが気に入って、ド級さんに誘われた機会に乗って参加しました。でも、あまり釣る事ができず、挙句の果てに熱射病で翌日会社を休む事になり、以後自粛。なお、3回とも全て船酔いしました。

さて今回、釣りクラブの会長がマイクルーザーで出るのに乗っかって行ってきました。会長含め、全部で5人、クラブの仲間達です。僕は船釣りの道具は無いから、竿も仕掛けも全部借りてお任せです。

ブリジギングをやる予定でしたが、風が強く、波が高いから、ブリジギングのポイントへ出れないそうです。まずは近くの鮭ポイントへ。

魚探に反応がいっぱい出てたので、テンションは上がりますが、誰も何事も無く時間が過ぎて・・・

ちょっと移動して、今度はヒラメ釣り。

早々にクラブのメンバーがイナダをゲット!気になりますが、僕は周りのことを見る余裕がありません。

北海道のヒラメ釣りは、独特の仕掛けを使って、独特の釣り方をします。ここで詳しく書いてもしようがないっていうか、書けないっていうか、いえ、書けません。はい(照れ

さんざん教えてもらって、偶然アタリがあり、小さいながらもヒラメゲット!

クリックすると元のサイズで表示します


うーん、微妙なサイズ。その場で測ってもらった時には、42cmありました。

白い無眼側の胸ビレ近くに黒い斑点があるから、養殖放流モノなので、ちょっとガッカリ。

でも、嬉しかったですねぇ。何とか僕に釣らせてくれようといろいろ世話を焼いてくれた会長やメンバーに感謝!ありがとうございます!

その後、僕に1度アタリがあり、さっきよりは良い引きをしてましたが、途中で仕掛けが軽くなってしまい、姿見ずにバラシ。

少し風も収まってきたように見えたし、あまり釣果が続かないので、ブリジギングポイントへ思い切って移動!

1時間ぐらい走って到着したポイントは、収まったとはいえ、船釣り初心者の僕にとっては十分波が荒く、長持ちしなさそうでした。家を出る朝3時頃に酔い止めを飲んだので8時間ぐらい経っていましたから、念の為に移動中に酔い止めを飲んでおきました。

最初は電動リールジギングをやらせてもらいましたが反応が無いので、会長が仕掛けを胴付に変更してくれました。胴付といっても、エサは付けず、ヤマシタのグッピーベイトがつけてあるだけ。サビキみたいなもんですね。このグッピーベイト、僕は昔、相模湾でジグのアシストフックに付けてた事もあり、懐かしかったです。

すると、1投目から仕掛けが底までつかないうちにアタリがあり、ものすごく重い。上げてみると、立派なホッケの3連チャン。第2投目も底までつく前にホッケ3連チャン。

このあたりで、僕は頭が朦朧としてきて、強烈な睡魔がやってきました!あまり寝てないからかな〜と思っていましたが、翌日冷静になって考えたら、酔い止めの飲み過ぎによる副作用でした。眠くなる成分入ってますから、1日1錠って書いてあるのを、2錠飲んじゃいましたから、相当眠い。

仕掛けを引き上げて、ウトウトしてしまいました。みんなは、ジグでホッケを結構釣っていたようです。

昼過ぎに引き揚げ、船を洗って解散!

クリックすると元のサイズで表示します


今日の釣果です。

ヒラメが40cm無いように見えますが、釣ってすぐは42cmあったんですよ!ふんとっ

ヒラメを凌駕するサイズのホッケが美味しそうです。40cmありますよ!


クリックすると元のサイズで表示しますヒラメはサイズがサイズだし、そのままじゃ旨味に欠けるので、1日置いて、置いている間に昆布締めにして、薄造り。これで半身です。真ん中に盛ったのがエンガワ。


クリックすると元のサイズで表示しますヒラメのアラは、アラ炊きに。白身のお魚なので、アラ炊き美味しいんですよ。



クリックすると元のサイズで表示しますヒレだけを使ってダシをとって、赤だしに仕立てました。潮汁にするほどのダシはとれませんでしたので。



クリックすると元のサイズで表示しますホッケは開きにしてしまいました。今時期は抱卵してるんですね。卵付けたまま干しちゃいました。卵も美味しかったですよ♪




0

2012/10/5  5:30

浜益川釣獲調査B日程第3週 1日目  釣行記

2012年10月5日(金) 5:30〜8:05 浜益川

先週は好調だったみたいですねぇ。いくら好調で行きたくても、行けないのがお約束。A日程が終わるまで我慢を続けました。

そして、明けた第3週初日です。

釣り人がどっと繰り出すはずなので、ちょっと早めに出かけましょう。前回は現地7時着でも余裕でしたが、今日は4時半に着いても、受付前は大盛況!長ーい列ができていました。

末席に並んで待っているうちに、前に並んでいる常連さん達とお話もでき、楽しかったです。参考になる情報も聞けて、ためになりました。

受付を済ませてダッシュで河口へ向かいましたが、やっぱり満員御礼。いや、ものすごいいっぱい。江ノ島の裏磯での混雑を知ってますけど、あそこはローテーションがありますが、ここは無いのに、あの混雑は大変です。釣り難いでしょうねぇ・・・

そのまま上流へテクテクと歩いて行き、やっと入れる場所を見つけました。このへんまで来ると、釣れないのかもしれません・・・あ、いえ、ちょっと下流の人達は見てる間に釣り上げました。やっぱり、釣れそうです!

しかし、ここで問題発生。もともと河口へ入るつもりで来たので、玉網を車に置いてきていましたが、入れたポイントは水門の近くだったため、護岸工事がされていました。釣った鮭をずり上げることができないので、玉網が必要です。仕方ないので、場所取りだけしておいて、玉網を車まで取りに帰ります。

戻ってみると、僕の隣に一人入っています。「おはようございます」と挨拶をして、釣り開始。

1投目からウキに反応があり、アワセを入れると、ググッと手応えがあったのに、すぐに軽くなりました。

「うおー、バレた〜!」

思わず大きな声で言ってしまいました。

仕掛けを回収してみると、ハリスがチモトで切れてました。前回最後に釣った時、傷ついていたのかもしれません。っていうか、ちゃんと確認するなり、1週間まるまる空いているのだから、最初から取り替えろって!

仕掛けを作り直している間に、お隣のお兄ちゃんがヒットしてました。静かーに寄せていたので、最初分かりませんでしたが、近くに来て暴れたので、やっと気づきました。

そのお兄ちゃん、如何にも初心者のようで、竿尻を握ってリールを巻いています。釣り道具もとりあえずのもので、釣具屋さんのレジ袋の中から出して使っているぐらい。

それでも後ずさってずり上げようとするもんだから、見かねて声をかけました。

「掬いましょうか?」
「お願いします!」

無事取り込み完了♪

良い事をすると、気持ちいいですね〜♪

さて、やっと仕掛けを作り直して釣り再開です。仕掛けを作り直したりしている間にも下手の人達はどんどん釣り上げています。向こう岸の人、特に僕の真正面にいるおばちゃんは、コンスタントに釣り上げています。

気になりますが、最初のうちはまだ余裕をかまして、のんびりしてました。

すると、また隣のお兄ちゃんにヒット!

ええ、初心者丸出しのお兄ちゃんが立て続けに2匹目です!また掬ってあげて、すっかりタモ役になってしまいました。

それでも、6時半ごろ僕にもようやくアタリがあり、今度はデジャブもなく、ちゃんと寄せました。隣のお兄ちゃんが気を使って掬うと言ってくれたので、ものすごく不安でしたが、お願いしました。

まだ暴れてるのに、ラインを掴んで掬おうとするから、待て、落ち着けと言いながら、こっちで鮭を玉網に誘導して無事ネットイン。

クリックすると元のサイズで表示します


可愛らしい女の子でした。これだけ綺麗な娘は、なかなか会えません。もう今日は十分?68cm、2.8kgでした。

という訳でもありませんが、ウキフカセで釣れる事は確認したので、あまりやりなれないウキルアーに変えてみました。ウキルアーの苦手意識を払拭したいし、釣れすぎると困りますからね(嘘

ウキルアーが苦手という訳ではないんですが、ウキフカセの方が圧倒的に釣れるので、どうしてもそっちに流れてしまうだけなんです。活性が高い時はウキルアーでも釣れますが、プレッシャーが高いとウキフカセに軍配が上がると思っています。

でも、今日は隣のお兄ちゃんといい、周りのほとんどの人がウキルアーでバンバン釣ってます。それに引き替え、ウキフカセの僕は1時間ぐらい経ってやっと1匹。

釣れてる人の真似をするのが身上(?)の僕ですが、今日は出遅れました(恥

・・・

釣れません(泣

救いなのは、周りもぱったりと釣れなくなってしまった事です。僕のせいじゃない・・・

隣のお兄ちゃんは根掛かりして仕掛けをロストして、車に新しい仕掛けを取りに行ってしまいました。根掛かりするほど深いタナで釣ってたのか。

これだけ釣れなくなったら、ウキフカセでしょう!

で、仕掛けを変えたら、早速ヒット!

クリックすると元のサイズで表示します


妙にスリムな男の子でした。仕掛けを取りに行っていたお兄ちゃんが帰ってきていたので、今度も掬ってもらいました。62cm、2.5kgでした。

写真を撮って、スカリに入れて、仕掛けを再投入。

10分もしないうちにまたヒット!今度は元気が良くて、結構暴れます。引きを十分楽しんで、楽しん・・で・・

いや、こんだけ暴れてるんだから、まだ掬わなくていいよ。タモを水の中に入れたら、怯えて逃げるでしょ!こいつ元気あるから、たぶんオスかな?寄せるからもうちょっと待って。そうそう、そろそろいいよー。

という感じでまた掬ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します


この子は女の子?いやいや、下あごがちょっとシャクレてます。念のために肛門からグリグリして、ああ、やっぱり男の子です。62cm、2.1kgでした。今日は小さい子が多いですね。

いえ、前回イクラが十分あったから、今日は雄狙いなんで、いいんですよ。本当ですよ(怪

予定の3匹釣ってしまったので、もう引き上げるべきなんですが、まだ早いので、もう少しやっていきましょう。もう釣れないウキルアーに仕掛けを変えて、時間つぶし♪

その2投目。

ゴツゴツという手に直接くるアタリはありませんが、ウキがズブズブという感じで沈んでいきました。

アタリが無くてウキだけが沈む場合は、根掛かりの場合が多いです。でも、浮き下は50cmで、いちばん深い川の真ん中あたりを流していたのに、根掛かりはないよな、と思いながら、そーっと聞きアワセ。

グングングン・・・

来てます、来てます!そのままアワセを入れて、ファイト開始!

あまり暴れませんが、トルクのある引きでした。もう帰りかけていたお兄ちゃんが気付いて、また掬ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


真っ黒な男の子です。

「これ、さっきまでと違う種類の鮭なんですか?」

と隣のお兄ちゃんがたずねてくるぐらい全く色が違います。74cm、3.5kgありました。

お兄ちゃんは掬うだけ掬ったら帰ってしまい、僕もこれ以上釣ると冷蔵庫に入りきらないので、ここで納竿としました。

クリックすると元のサイズで表示します


検量事務所で、またパチリ!一番下の1匹目に釣った美人さんが、際だってきれいですね♪

クリックすると元のサイズで表示します


帰る頃の河口付近です。常連さん達は、もうとっくに帰っているはずなので、そのあと入った人達です。たぶん・・・

今回も料理は別建てにします。もう、さすがに前回ほどのバリエーションは無くなってきてますので、週単位ぐらいでまとめてアップしたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ